広告 

内側からビタミンCで、透明感のある肌になりたい!

ビタミンCを含む果物や野菜をバランスよく食べて、しみのない透明肌を維持しようと考えている方は多いはずです。なんといっても健康的ですし、生の食品から栄養をとるほうが、目も歯ざわりも楽しめて人生を豊かにします。 果物の画像

果物や野菜を、毎日食べるのも大変

でも、実際はそうではないはず。

包丁を使って皮を剥いたり、お皿によそったり、ドレッシングを選んだりと、肌が満足できるだけの量を自宅で作るとなったら、結構大変です。日々の生活に追われて、そうそう自炊も難しいですよね。

しかも、美肌に1番味方をしてくれるビタミンC は、毎日採り続ける必要があります。ビタミンC は、身体の中に溜めておくことができないので、小まめに補給し続けなくてはならないからです。

たとえ、食事で補うことが可能な恵まれた方であっても、果物の果糖が含まれていて、カロリーが気になりはじめます。生野菜にかけるドレッシングも、油が大半を占めています。ダイエットしている女性にとっては、目をつぶることができない話です。

色素沈着ケアにつながるビタミンCの量

ところで、ビタミンCをどれくらい摂取したら、美肌になれるんでしょう。

厚生労働省では、成人1日あたり標準摂取量を80mgと、発表しています。この数値は、人が生命を維持していくための最低量と考えるべきです。 ビタミンCは、内臓の血管壁を強くしたりと、身体の多くの組織で必要とされている成分です。

ビタミンCが体内に入ると、まず、生命の維持に役立つところから使われていきます。また、ビタミンCは、強いストレスを受け続けたり、タバコを吸うと消費されてしまいます。紫外線や大気汚染も、失う要因です。 野菜で作った顔

スポンサードリンク

壊れやすく、消耗されやすく、排泄されやすい、ビタミンCが、顔にある色素沈着やしわなどに働きかけるには、相当量を摂取し無くてはならないことがわかるはずです。

色素沈着・しみといえば、ハイチオールC。ハイチオールCの中でも一番ビタミンCを多く含む、ハイチオールCプラスでは、1日500mgの摂取できるように設定しています。

美肌を維持するというだけではなく、すでにあるシミや色素沈着にも働きかけることを期待しするのだから、まぁ、この値が妥当なのかもしれません。

それにしても、500mgですよ。レモン1個に含まれるビタミンCプラスが約100mgだとすると、5個も食べなくてはなりません。キウイフルーツなら8個です。 キウイ

ビタミンCをサプリメントで補うには

以上のような理由からビタミンCをサプリメントで、とる方が増えて来ました。

ただ、サプリメント選びの方法としては、ビタミンC単品のものはできるだけ避けたほうがよいようです。ビタミンC単品の単品で摂取しても、体内の吸収力が難しいと言われています。

果物や野菜なら、ビタミンC以外にも様々な栄養素が含まれていて、ビタミンCの吸収を助けてくれます。でも、単品だとそうは行きません。

また、サプリメントに配合されているビタミンCも、人工的に作られたものであるために、天然のものにかないません。一説には、合成ビタミンCの吸収率は、天然のものの二分の一ともいわれています。

サプリメントの良い面、悪い面を十分知った上で、上手に色素沈着を消して行きたいものですね。

スポンサードリンク