シミは、ビタミンCだけでは無理と気づいた方のためのシミ内服薬

広告

シミに悩むお母さんのために作られたそうです

女性の方がシミが多いのは、子供をもうけ母になると、家族のことを人一倍心配しているからだって考えます。そんなお母様のために、つくられたシミ用のサプリメントがあります。 料理する女性

シミの原因ってご存じですか

シミの原因は、黒色メラニン色素が、1カ所に集まってできます。黒色メラニンは、紫外線を浴びた時や、傷を受けた時、精神的にストレスを受けた時に作られるのです。黒色メラニンが、刺激を受けた部分を守ろうとするからです。

メラニン色素の予想外の働き

時として、メラニン色素は予想外の動きをします。必要性もないのに過剰に黒色メラニンを生成しつづけます。また、肌のターンオーバーによって、古い角質と一緒にはがれ出るはずのメラニン色素が、肌にとどまったままです。作り過ぎ、出ていかない黒色メラニンの塊が、シミになっているのです。

若い頃は、今以上に紫外線を浴び続ける無理な日焼けをしても、シミができなかったのは、メラニン色素を生成する機能が正確に働いていたからです。メラニン色素を押しだす肌の力も、十分にあったからなのです。

でも年齢を重ねると、体力や運動神経が衰えていくのと同じように、肌組織の働きもジワジワと衰えていきます。外から、美白化粧品でどんなにシミを薄くするための有効成分を送り込んでも、肌の力を回復するには足りなくなります。

メラニン色素を作っているメラサイトという組織やその仕組み、メラニン色素を押し出す肌の仕組みをあげるには、内側から肌力を回復させていくしかないようです。

スポンサードリンク

メラニン色素の抑制と、ターンオーバーの促進で、肌のメラニンの数を少なくできます。

メラニン色素のバランスが崩れた肌は、容易に回復は難しくなります。ピンセットでつまんでシミを出せれば、いいのにって思いますが、長期的に継続していくことで徐々にメラニン色素のバランスを整えていくしか方法がありません。

ビタミンCと+αの働き

最初、キミエホワイトを見た時、ビタミンCのサプリメントだと思っていました。でも、ビタミンCは、黒色メラニン色素の色を薄くできますが、メラニン色素生成を抑制させる力は弱いのです。 シミと言えばビタミンCと、多くの人が考えますが、それだけではシミを減らせません。

キミエホワイトは、シミに良いビタミンC配合のサプリメントではありません。

キミエホワイトは、シミそのものを薄くする働きの他に、メラニンの過剰生成の抑制や、メラニンを押し出す作用がある、シミ専用の内服薬です。 キミエホワイトのパッケージを良く見て見ると、『第3類医薬品』と印刷されています。これは風邪薬や整腸剤と同じ薬の分類であるということです。 医学的に効果があると、客観的に認められているシミ専用のお薬です。

シミを治す方法は、簡単。1日3回、食後に約200mlの水とともに飲めば良いだけです。早い人で10日間から2週間くらいで効果が実感できると言います。

キミエホワイトは、シミに悩むお母さまのために作った娘の気持ちがこもっている治療薬です。『キミエ』という名前は、お母様の名前だったのですね。
年老いていく母を持つ娘なら、そんな母親の女心も理解できますし、ずっと生き生きした母親であってほしいという娘の気持ちも理解できます。

そんなほんのり気持ちが温かくなる、シミ専用の内服薬です。 

スポンサードリンク