広告 

シミの種類も、レーザー治療の方法も沢山ある

一口にシミと言っても種類が色々あり、輪郭がはっきりしている老人性色素班、輪郭がぼんやりしていない肝班、ホクロにように盛り上がった脂濡性角化症などなどあります。
クリニックでシミをレーザーで治す時、シミの種類を判別し、シミにあったレーザーを決めて治療を行っています。
フェイシャルマッサージ

 

レーザー治療を行うと、多くはダウンタイムの期間がある

シミをクリニックのレーザーでとる場合に、知っておかなくてはならないことは、ダウンタイムがあります。
ダウンタイムとは、レーザによるダメージが肌に現れたり、強い痛みが伴うことです。

このダウンタイムの間は、肌の養成期間と呼ばれ、シミ排出に向けての準備が肌内部で行われている期間です。
皮膚の表面にはカサブタができたり、ヒリヒリと痛みが伴ったり、あざができたり、時には皮膚がむけることもあります。

人前にでることがはばかられるし、細菌などの混入を避けるために、マスクをかけて隠さざるを得なくなります。
メイクは、肌への負担を避けるため制限されるはずです。
行っても良い場合もあるようですが、細心の注意を払ってください。

強いダメージを受けて、紫外線からは弱い肌になっているので、日焼け対策は、万全にしなければ逆にシミができる可能性もあります。
日焼け止めは、必ず塗ります。

期間も、あてるレーザーの種類によって異なり、数日から2週間にも及ぶこともあります。
学校や会社での長期休暇の間を利用するとか、特別なイベント(婚礼や同窓会)などが無い時期を選んで行うのが普通です。
間違っても、デートの日は避けるように。

効果を強く望めば、強いレーザーを行うことになり、ダウンタイムの説明がないクリニックでは、施術を受けるのを考えるべきです。

クリニックを使わないで、レーザーを行うなら一つ方法があります。
こちらで、私が行った体験を記述していますが、長期間に渡って家庭用のフラクショナルレーザーを使うという方法です。
根気がいるものの経済的であり、自宅でできるためにクリニックに通う手間が要りません。

 

シミに使われるレーザーの種類

シミに使われるレーザーの種類を、簡単に説明します。

スポンサードリンク
フォトシルクプラス

例えば、顔全体のくすみをとるためにコラーゲンの生成を促し、代謝を上げます。
これは、フォトシルクプラスはIPL光治療と言われ、レーザーよりやや刺激を少なくした方法です。

施術中の痛みもなく、ダウンタイム(日常生活への支障)もほとんどありません。
レーザーのような強い光の使用を認められていないエステサロンなども、参入していますが、レーザーの専門の医療機関でも取り入れらています。

ただ、IPL光治療となると効果は限られます。クリニックへの通う回数が増える為にレーザー治療を希望する方も少なくありません。

 

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、シミのあるところをピンポイントで、治療を行います。
皮膚内部のメラニン色素を破壊する機器です。

照射したところは、カサブタができ1週間ぐらいは、安静にして紫外線対策も充分に行わなくてはなりません。

 

Qスイッチヤグレーザー

一般にレーザーは、肝班には不向きと言われていましたが、肝班にも対応できるシミ対応のレーザー器として、Qスイッチヤグレーザーもあります。
Qスイッチヤグレーザーも、レーザーがシミのある部分にだけ反応するためにピンポイント治療です。

2005年以降に現れたフラクショナルレーザーは、フォトフェイシャルのように顔全体を治療していくレーザー機器です。
肌に微小な点の穴をつくり、肌再生を行おうとする力を利用して、新しい肌を入れ替えていく方法です。
フォトフェイシャルと異なり、レーザーで光の強さが強い為にダウンタイム(日常生活への支障)がありますが、より効果を期待することができます。

 

シミのレーザー治療の費用

しみ治療の方法はさまざまである為に、健康保険が使えるものと使えないものとがあります。
細かく分かれている上に、クリニックやサロン毎に料金設定が異なるので、個別に問い合わせて確認するしかないようです。

また、しみをクリニックで治療する場合、1度レーザーを当てれば取れると考えがちですが、実は小さなしみでも3回ぐらい通う必要があることもあります。
勿論、1回で済む場合もあるようです。

費用は、1回の照射が約5千円~1万円をめあすです。
フォトシルク・プラスなどのIPLの場合は、顔全体で1回5万~10万円をめあすとします。
また、フラクショナルレーザーの場合も、10万円程度です。

シミが薄くなるまでの時間も、個人差があります。

スポンサードリンク