広告 

スキンケアで使うオイルの特徴色々

オイルはスキンケアで、クレンジング、美容液、パックなどにも代用することが可能です。
オリーブオイルクレンジングや、ココナッツオイルのクリームは、有名ですね。

オイル毎に特徴や含まれている成分が異なり、お手入れ単位で、向き不向きがあることが分かってきています。
また、個々のアイテム専用に作られているわけではないので、良い面ばかりとは限りません。

オイルを使ってオリジナルケアをあれこれと考えるのは、楽しいのですが、欠点なども知っておくと対応もし易くなります。
そして、もし、自分の肌質に合わなくて、トラブルがで始めたら即座に中止する覚悟も必要です。
タオルの上のオイル

 

オイルでクレンジング

メイクを浮かび上がらせノンストレスでオフできる、 スクワランクレンジングは、一度ご紹介したことがありますが、他にもクレンジング向きのオイルがあります。
植物性オイルでは、ホホバオイル、シアオイル、グレープシード、ココナッツオイル、オリーブオイルなどとなります。
動物性オイルならスクワラン(植物性も有)ですね。
鉱物油は、安心をとるなら避けた方が良さそうです。

 

さっぱりクレンジングが好み

グレープシードは、クレンジング後のオイル独特のべたつきが少ないことから、脂性肌の人には最適と言われています。

 

クレンジング後はしっとり感が強くなくちゃ

敏感肌の人やアトピー向きと言われているココナッツオイルは、ビタミンEが含まれていて保湿感を残します。

乾燥肌や普通肌の人は、オレイン酸が含まれているオリーブオイルを使うと、カサツキが気になりません。
オレイン酸はニキビ菌の好物なので、脂性肌の方はオリーブオイルが重すぎるかもしれません。
逆に、乾燥ニキビの方は、オリーブオイルと相性が良いです。

オリーブオイルは、食用は精製度が低いと言われていますので、コスメ用で出来れば、クレンジングになっているものを選んだほうが肌に優しいはずです。

 

油焼けしにくいオイル

ホホバオイルやシアオイルは、油焼けしにくいと言われています。

ホホバオイルは、10度以下になると固形のワックスになります。
保湿力が比較的弱く、ニキビになる心配はありません。

一方シアオイルは、保湿力は強いけれど若干重いのが難点です。
ポイントメイクをオフする時に使用するぐらいに使って、顔全体は止めた方が良いですね。

油焼けは化粧品の精製技術が高い今、問題になっていません。
それでも、気にされるならこの2つのオイルです。

スポンサードリンク

いずれにしても、クレンジング専用でないので、水で洗い流すことができません。顔に残ったオイルは、柔らかい布や蒸タオルで拭き取る必要があります。
その後、洗顔料で洗ってオイルを取り除きます。

 

オイルパック

乾燥や肌のゴワツキ、ハリ感を出したい時におススメなのは、オイルパックです。

やり方は簡単。
洗顔後の顔に、数滴のオイルを馴染ませて優しくマッサージをします。
2~3分後、放置した後、蒸タオルや柔らかい布でふき取って、後はいつものスキンケアを行うだけです。

オイルパックは、バスタブにつかりながら行えば、気になる毛穴の汚れや角栓もとることが可能です。
加えて、翌日はプリッとした、ハリのあるツヤ肌が実感できます。

その理由は、浴室の水蒸気をたっぷり吸ったふっくら肌になるので、肌馴染みのよいオイルが浸透しやすくなるためです。
角質層の隙間を埋めている細胞間脂質に、オイルが馴染むことでハリ感が得られます。乱れていた角質細胞も整えてくれちゃうんです。

使用するオイルは、肌に長時間残ることを目的としますので、精製度の高いものを選びます。
オリーブオイルを使うなら、エキストラバージンオリーブオイル。
他のオイルも、エキストラバージン級の純度の高いものが安全です。

単体で使用してもOK。
又は、好みのオイルを自分でブレンドしても良いですし、初心者ならば既にブレンドされたオイルを使用するのも、新たな発見がありそうです。
オリーブの実

 

新陳代謝を促進

スクワランは、動物性のものと植物性のものがありますが、いずれも人間の皮脂膜に含まれているので、肌馴染みが良く浸透力も高くなります。
肌の新陳代謝を、促進させる働きがあるそうです。

 

脂性肌の方に人気

皮脂分泌を抑える働きがあるとされているのは、ホホバオイルやアルガンオイルです。
脂性肌の方に、人気があります。

いずれも木の実から採取するオイルで、紫外線に強く日焼けのダメージを防ぐ働きがあります。
ホホバオイルは、角質層に含まれるワックスエステルという天然成分、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE等を含みます。

アルガンオイルは、ビタミンEを豊富に含み、リノール酸やオレイン酸を持っているので、脂性の方以外に、乾燥肌の方やインナードライの方も使う事ができます。

 

乾燥肌の方に人気

肌と同じ成分であるオレイン酸は、保湿力が高く、肌に塗ると薄いベールを張って外部から守ってくれます。
オレイン酸を豊富に含んでいるのは、椿オイルとオリーブオイルです。

椿オイルには、サポニンという成分が含まれ、殺菌、肌の炎症を抑え、アクネ菌の抑制作用も持っているので、乾燥ニキビに悩まれている方にはピッタリです。

スポンサードリンク