広告 

このカバー力と仕上がりで敏感肌用のBBクリームとは

敏感肌専門のコスメメーカー ディセンシアのBBクリームを紹介します。肌に優しいといわれているBBクリームではありますが、日焼け止め成分が入り、色がついているものを長時間肌につけ続けるわけです。

敏感肌でも使えると言いきっているわけですので、そのカバー力への期待は下がるのが普通です。でも、カバー力やテカリは、なかなかのものでした。 アヤナスBBクリーム

カバー力だけでなく、マット感やフット感にビックリ

BBクリームの仕上がり感は色々。マットタイプ、ツヤ肌、スッピン肌、ふっくら赤ちゃん肌と、書き始めたらキリがないくらいです。

逆に、しっかりと肌のトラブルを隠してくれるけど、テカリが強くてのっぺらぼうな肌質感のものや、肌トラブルは今一つだけど、本物の肌以上に柔らかく自然な肌質感のものなど、一長一短といった感じです。

ディセンシアのBBクリームを使ってみた

私は使うシーンや会う人に合わせたり、その日の気分によって使い分けていきますが、ディセンシアからでたアヤナスは、欠点が気にならない優等生。

薄付き

クリームタイプで、箱に1回の使用分量が書かれていて、本当にこの分量でしっかりカバーしてくれるのかなって思いましたが、かなり薄付きで伸びます。 アヤナスBBクリーム

真っ黒いシミはさすがに影が写りますが、大概のシミは見えなくなるわね。

予想外にサラサラしている

クリームタイプなので、べたつくかもと覚悟をしましたが、つけて少しの時間を置くとサラサラになり、頬杖をついても全然気になりません。

鏡をのぞき込んでみると、自然な肌質と明るい肌色の私がいます。これだけサラサラ感があるのだから、夕方は乾燥して粉をふくか、くすんでいるかなと思いきや、全く変わらない自然な肌質と明るい肌色の私がいました。

スポンサードリンク
UV防御率は高からず、低からず

ディセンシアのアヤナスのUV防御率は、SPF25 PA+++と、他のBBクリームと比較すると高からず低からずの値です。SPF25の値のわりには、防御率PAの値がプラス3つなのは、UVAの紫外線への影響を、懸念する最近の傾向を汲み取っているのかなと思います。

実際つけて、炎天下の中を1日中つけたまま過ごしたら、やはり少し日焼けを感じました。そこそこ外出もあるけど、1日の大半は室内で過ごすOLさんや主婦の方に丁度良いと思われます。

アヤナスのスキンケア効果

アヤナスの特徴は、黄くすみとたるみケアのカバー力とか。 アヤナスBBクリーム

毛穴のカバー力は光乱反射を使っている

毛穴を目立たなくさせる方法は、BBクリームが毛穴の中に入り込んで、肌の表面を均一にさせるものです。過去にこのようなパテで毛穴を塗りつぶすタイプのものがあったけど、水玉のようになってかえって毛穴が目立った経験があったので、心配しました。

じっくりと鏡をのぞきこむと、入り込んだ毛穴の形は分かりますが、ほとんど凸凹感を感じません。

保湿力もほどほど持続

薄付きで、サラサラ感を維持させるために、乾燥肌の私には辛いかもと思いましたが、乾燥が気になりません。メイクを落とす夕方まで、乾燥してつっぱることも無く、粉を拭いたりしている様子もありません。

逆に、薄付きなので、メイク落としの時間もいつもより短い時間でできました。

う~ん。もやはシミやシワを隠すのは当たり前、つけた後の肌の質感を競う時代に来ているのかもと、アヤナスを眺めながら思いました。

ポーラとオルビスによって作られてディセンシアブランドの、こだわりを知ることができます。

スポンサードリンク