広告 

本質を正しく認識すれば、透明感も戻るよ

いつのころか炭水化物や糖質は、太りやすい食材として遠ざけられて、美肌に良い食べ物となると、ビタミン、食物繊維と言われ続けています。ただ、よく考えれば肌を構成している部品は、タンパク質や脂質であって、ビタミンや食物繊維は肌再生のサポート担当でしかありません。

現実、極端なダイエットで痩せた女性の肌には、ハリがありません。ダイエットで肌荒れの原因は、腸内環境の乱れやストレス、ホルモンバランスの崩れのせいだけではありません。その陰には、単純にタンパク質、糖質不足、或いは、炭水化物不足であることも分かってきています。

ただ、これらの食材は身近にあり、サプリメントを出しても売れないので、『何となぁ-く、イメージ』でビタミンとか食物繊維という、商業的な意図もあるのでは、個人的に疑っているのです。 食事を作る女性

くすみの原因であるターンオーバの遅れへの対策は

くすみの原因は、この記事で6つあると書きましたが、原因の半分はターンオーバーが正常であれば解決できます。ターンオーバーを上げることで、新鮮な肌が透明感を作ってくれるからです。

ターンオーバーを上げるためには、肌の部品ごとの栄養が、充分に整っていなければなりません。そのためには、肌の原材料であるタンパク質や脂質は必要です。

肌の構成は、ミルフィーユ状に層をなしていて、外気に触れている外側から言うと、表皮層(約0.1mm)、真皮層(2~3mm)、皮下組織となっています。各々役割を持っていて、バリア機能、弾力機能、エネルギーの貯蔵庫となっています。

脂質と肌くすみの関係

外側の表皮層とて、層をなしていて、一番外側にあるものは角質層です。角質層が、肌を外気や紫外線から守り、肌水分を外気に奪われないようにしていて、いわばバリア機能の部分です。

バリア機能の中には、セラミドと天然保湿因子(NMF)と呼ばれる2つの物質が重要な働きをしています。この二つがいわば、保湿成分の要です。この二つが充分に備わっていれば、乾燥肌を改善可能として、保湿化粧品で主成分として使われています。

セラミドと天然保湿因子(NMF)の原材料は、脂質とアミノ酸となります。タンパク質不足、脂質不足の食事を行えば、保湿力は弱まりカサカサな肌になり、肌荒れに進行していくのは、至極当然のことだったのです。

タンパク質不足

人間の体のほとんどの組織は、タンパク質によって作られていると言って間違いはありません。肌の構成の中で真皮層と言われる部分には、肌の弾力成分であるコラーゲン、エラスチンが含まれています。タンパク質が不足することで、これらの弾力成分が作られなくなり、たるみやシワに繋がっていきます。真皮層のエネルギーを使って行われているターンオーバーも遅れ、ハリやツヤを失い、たるみやくすみの原因となります。

人間の体は20種類のアミノ酸が最低必要(必須アミノ酸)と言われていて、一つでも欠けて少ないと正常な働きが期待できなくなります。常に必須アミノ酸を過不足無く食べるには、植物性タンパク質より、動物性タンパク質の方が適しています。

太るのを気にして、豆腐ばかりを食べていると、免疫力が低下したり内臓が悪くなって、むくみや肌荒れに繋がってしまうのです。

くすみの原因である血流対策は

肌の下を流れる血液の色がうつり、肌くすみにつながっていきます。血流環境の原因は、色々ありますが、健康な多くの女性の悩みは腸内環境の悪化です。 腸内環境を整えるために、ヨーグルトを始め多くの健康食品が出回っていますが、実は、見逃している身近な食材があります。

スポンサードリンク
炭水化物と肌くすみの関係

ダイエットで嫌われている炭水化物は、実は不足すると、痩せらない事が分かってきました。お米を食べないと、朝の習慣が途絶えてしまうことに、多くの女性は気づいたのです。この対策として数年前までは、お米にある食物繊維の働きが無くなり便のカサが減るからと言われていて、お米の代わりに食物繊維が入ったダイエット食材が多く出回りました。

しかし、お米の役割は、腸内細菌とも関係があったのです。腸には、100兆個にも及ぶ細菌がいて、中でも体に良い働きをしてくれる善玉菌の餌の中には、炭水化物もあります。炭水化物不足は、ビフィズス菌と呼ばれる善玉菌を死滅させてしまいます。

一方、ビフィズス菌を増やす食材として、オリゴ糖が有名です。乳酸菌は、糖と食物繊維があると倍増すると言われていて、オリゴ糖と一緒に食物繊維をとるというのが、現在主流の説となっています。

でも、ちょっと考えてみてください。お米などの炭水化物は、糖と食物繊維が含まれている栄養素ですので、腸内環境を整えるのに十分な条件を果たしています。

ダイエットの目的として、炭水化物を減らし、余分な脂肪を燃焼させる事を期待しますが、極度の炭水化物不足は、逆に太りやすい体質を作り出すこともわかりました。

また、プロティン(タンパク質)ダイエットが人気ですが、炭水化物抜きでタンパク質だけを摂ると、炭水化物を餌とする善玉菌が減少して、腸内環境が悪化するといわれています。タンパク質は、ご存知のとおり悪玉菌の餌です。悪玉菌が増えれば、腸内は悪化して、血流環境も悪化して、肌くすみの原因となります。

健康な肌作りを助けるビタミンとミネラル

肌の部品の原材料が整って初めて、肌作りを助けるビタミンとミネラルの存在があります。ビタミン・ミネラルと肌の関係を、まとめてみました。

ビタミンAとくすみの関係

ビタミンAはレチノールと呼ばれ、肌細胞活性化の役割があり、ターンオーバーを促進させてくれます。化粧品では、シワ対策として使われていましたが、食べ物からとることで、その活性力からシミ対策用としても、大きく期待されています。

ビタミンB群とくすみの関係

ビタミンB群は、糖質などをエネルギーに変える代謝の働きを行い、細胞にエネルギーを渡す役割があります。ビタミンB群が足りないと、細胞の働きは弱くなります。

ビタミンB群は、いくつかが複合しながら働いていくので、健康な肌を保つためにはサプリで個別に取るより、食事からバランスよく摂取することが望ましいのです。 ビタミンB群の構成要素は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸などがそうです。

ビタミンCとくすみの関係

紫外線によるダメージを和らげたり、ダメージを受けた後の色素沈着を薄めたりする働きを持っています。また、真皮層にあるコラーゲンの合成を助けて、肌弾力の回復に力を貸してくれるビタミンです。

女性にとって効果が見えやすく、肌環境全体を整える働きもあることから、美肌用のビタミンとして1番信頼されていますね。

ビタミンEとくすみの関係

ビタミンCと一緒に働いて、紫外線からのダメージを和らげます。また、血行促進やホルモン分泌も整える役割も持っているのです。

鉄とくすみの関係

鉄分が不足すると、血液中の酸素を運び肌細胞に届けることができなくなります。充分な栄養と酸素を貰えなかった肌細胞は、乾燥、くま、くすみなどのトラブルにつながっていきます。 肌代謝の中で要らなくなった老廃物の排出も、充分に行われなくなり、くすみと共にむくみも始まります。

鉄分不足と言うと、ヒジキが一番に思いつきますが、体内の吸収率が小さい非ヘム鉄です。

ヒジキなどの植物性の非ヘム鉄は、腸から吸収される際に食物繊維やタンニンなどに吸収阻害を受けてしまいます。

動物に含まれるヘム鉄の場合は、植物繊維やタンニンに吸収を阻害されることなく、血中で作用してくれます。ヘム鉄を多く含む、豚レバー、鶏レバー、あさりのつく第、煮干し、干しエビなどを食べるようにすると、鉄分不足の改善になります。

スポンサードリンク