広告 

メイク崩れのサインに気付いたら、肌の潤いをアップさせる

朝しっとりと潤いたっぷりに見えるメイクを見る時は、至福の時間です。乾燥肌の悩みも忘れます。
でも、そんな幸せはほんの束の間、エアコンの部屋で半日も過ごせば、メイクは崩れます。
デッセンシア つつむ

 

朝のメイクの状態は無理と、化粧室で涙目

乾燥して、これは大変とミストを顔にかけようものなら、ファンデにビリっとヒビが割れます。
焦って何とかしようと、こすると、ボロボロと剥げて粉になったファンデと皮脂で一杯になります。

『まるで、粉大福のようよ』と余裕でいえるほど、私は強くありません。
打ちひがれて、その日の気分は憂鬱の一言です。

化粧くずれの原因は、ベースとなる肌が潤っていないことが原因です。
潤いを保つ重要な要素は、顔の外側(表皮)の部分です。ここには、皮脂と垢で薄い膜があり、この膜が乾燥を防いでいるからです。

皮脂を少しでも節約しなくちゃだめですよ。
朝洗顔の時も、熱過ぎる水で洗ったりゴシゴシ洗いは禁物です。

節約過ぎても汚れが落ちないので駄目です。
日に日に毛穴の黒ずみが目立ち始め、粉大福の悩みどろこではないくらい打ちのめされます。

就寝中に分泌された皮脂を取り除かなくては、毛穴の皮脂が酸化して黒ずみになるのです。
朝、毛穴の汚れを落とさないままだと、日中のメイクも入り込み、ますます、黒ずみがひどくなっていくからです。

 

毛穴の汚れだけをとって、潤いをキープ

毛穴の汚れだけを優しくとって、潤いを残すスキンケアを探します。
思いっきりすっきりする洗顔ソープの使用は、10代だけに許されたことと考えた方がよいようです。

ディセンシアのつつむシリーズのクレンジングの刺激は、かなり抑えられています。
実際使ってみましたが、クレンジング後の 毛穴が小さくなっているのに気が付きました。
デッセンシアつつむトライアル

 

『つつむ』シリーズは、ディセンシアの中でも保湿に重点をおいた、ベースとなるシリーズです。
ヒトセラミドを配合して、潤い不足が気になる方の肌をしっかりとガードします。

セラミドでガードを固めながら、健康な肌を取り戻していくうちに、かさつき肌もきにならなくなるシリーズだと理解しています。
ディセンシアつつむシリーズディセンシアつつむシリーズ

 

メイク崩れを根本から解消するには

メイクが崩れるのは、乾燥肌のしるし。
ひび割れたり、粉を吹くのは相当な重症です。

乾燥した状態が続くと、今まで気にならなかった化粧品の成分にも反応し始めます。
効果の高い化粧品をちょっと試しただけで、赤くなったり、かゆみが出たりするのは、元々の肌質だけのせいではありません。

かさつき肌をそのままにしておくと、どんどん敏感肌になります。
敏感肌になる原因は、セラミドが足りないからです。
逆に敏感肌の人は、ガードするセラミドが足りないから、外部の刺激に反応するのです。

 

敏感肌用の化粧品で改善を試みる

特に、『つつむ』は敏感肌用に作られています。トライアルの中身を見てもらうとわかりますが、シリーズで提供されているアイテムを数多く詰め込んでいます。
使い心地が、自分の肌質に合うのかとどうかの判断をしやすくなっています。

スポンサードリンク
  • クレンジングは1種類
  • 洗顔料は2種類
  • 化粧水は1種類
  • クリームは3種類
  • UVクリーム1種類
  • アヤナスシリーズ・ローション1種類
  • アヤナスシリーズ・クリーム1種類

デッセンシア つつむ

 

クレンジング

見た目はクリーム・クレンジングに見えますが、肌に塗るとオイルの形状に変わります。
オイルが肌に広がり、軽くメイクと馴染みます。

最初、軽過ぎで完全に馴染む前に洗い流してしまいました。馴染む感覚をわかったら、メイクはよく落ちます。

何よりも驚いたのは、洗いあがりの毛穴がとっても小さくなっていました。
デッセンシアつつむ

 

洗顔料ソープタイプ

透明な石鹸です。洗いあがりは軽いのに、カサつきません。
つつむ洗顔ソープつつむ洗顔ソープ

 

洗顔料クリームタイプ

チューブからそのまま出して洗える、洗顔料はやはり便利です。
洗いあがりは、ソープとほぼ変わらないと感じました。
つつむ洗顔クリーム

 

化粧水

トロミがあって、癖になりそうです。
浸透力があり、手で触ると少しベタつきを感じます。
化粧水と言うよりは、オールインワンジェルをつけたような感覚ですが、潤いは持続します。
デッセンシア ローション

 

クリーム

クリームは3種類あります。
ベースのクリームが、10gで2週間ぐらい使えますが、あとは、パウチで1回分づつです。

ベースのクリームを使い続けた後、パウチを使ってみると、つけ心地の違いがわかるかと思います。
正直、私は先にパウチから使いましたので、ちょっと違いがわかりませんでした。すみません。

ベースのクリームは、塗った瞬間からピーンとするハリを感じました。癖になりそうな感覚です。
翌朝は、ふっくら感を感じますが、肌の色やキメの変化はありません。
つつむジェルクリーム

 

フェイ スクリームR1は、ベースのものよりやや濃厚です。
つつむフェイスクリーム

 

フェイスクリームS1は、ベースのものよりさらりとしています。
つつむフェイスクリーム

 

UVクリーム

日中用のクリームです。
紫外線防御率SPF16、PA++とゆるい値で入っています。
この上に、ファンデーションを載せるなら、この値で充分かと思います。

保湿力も高く、メイク崩れも抑えてくれました。
ん?同時に使っている、他のアイテムの影響もあるかもしれません。
つつむUVクリーム

 

ディセンシアのつつむシリーズは、パウチが多いですが、正規品を失敗しないで購入するためには、よく考えられたセットです。

スポンサードリンク