広告 

抑毛効果より、脱毛処理後の黒ずみ肌を起こさないために

顔以外の素肌が気になる季節は、見られてもはずかしくない肌をと考えがちです。
腕は自分の視線にも入るし、他人に肌質も見られています。
腕の写真

 

シェービングは毛穴を目立たせる

面倒くさくてムダ毛の処理を、シェービングし続けていたら、毛穴が目立ち始めた気がします。
自分で気付くぐらいだから、他の人が見たら明らかに、『汚いかも』と反省しました。

シェービングは全くムダ毛を無くすことができるけど、あと後、後悔します。
できるだけムダ毛を薄くする方法で、肌負担を減らせば減らすほど、夏の終わりまでしっとりした腕を保つことができるからです。
ずぼらな私は中々駄目そうです。

昨今のシェイバーは、何度も使い続けない限りは、キレ味は抜群です。
2枚刃、3枚刃と、ダメージを小さく一気にムダ毛を剃ってくれますので、シェイビングの後に酷い乾燥に悩まされることも無くなりました。

でも、ムダ毛と共に皮膚の角質の表面を、一定の厚さで削っているのは変わりません。
物理的に剃刀の厚みで削っています。

肌再生の時に自然に、角質が剥がれ落ちるのとはわけが違うほどの深さで、皮膚を剥がしているんですよ。
肌水分を蒸散させないように覆っている角質が薄くなるわけだから、そりゃ、乾燥はしてますよね。
顔用カミソリ

 

ムダ毛を薄くする処理を行っておけば、皮膚を守れる

豆乳ローションは、原料の大豆に含まれるイソフラボンの抑毛作用を利用しているとはいえ、即効性のあるものでもありません。
人気の高い『パイナップル豆乳ローション』では、イソフラボンを高濃度にした『パイナップル豆乳ローション プレミアム』といった商品もありますが、腕のムダ毛を薄くするのに限界があります。
なんといっても、天然成分なのですから仕方がありません。

抑毛効果だけに重点を置いしまうと、逆に肌が乾燥してしまえば、ミモフタもありません。
もともと、こうした抑毛ローションのウリは、シェービングより優しいということなのですから。

スポンサードリンク

ただ、効果がなくて諦めて、結局シェービングや、家庭用脱毛器、脱毛サロンの脱毛処理を行うことになっても、ムダ毛を薄くする処理は行っておいた方が良いのです。
脱毛時の肌負担が違います。男性が、ひげを脱毛サロンで痛いのは、レーザーの反応しやすいためです。
細ければ、痛みも少なく、肌ダメージも小さくなります。

余りにも細い毛だとレーザーは反応しにくいデメリットもあるようですが、やはりムダ毛を薄くしておくべきです。
これは、レーザーに限った事ではありません。

 

豆乳ローションの選び方

豆乳ローションは、肌質や毛の太さで選ぶべきです。
まったくムダ毛のない、ツルツルの肌にするといったことより、次に行う脱毛の肌負担をできるだけ軽減させるつもりで、選ぶ方がうまくいきます。

結果、腕のムダ毛が薄くなれば、御の字です。
他のアイテムを使わなくても良かったなんてことがあれば、期待していない分嬉しいじゃないですか?

夏の終わりに無理な脱毛処理を行って、肌の黒ずみをとるために苦労している女子は思いのほか多いのですよ。
脱毛後の黒ずみをとるためのクリームの種類も、そう言えば増えました。
升のなかの大豆

 

人気3社の豆乳ローションの位置づけは

同じイソフラボンでも種類があり、採取する大豆の場所によっても違ってくると言います。

いくら天然と言えども、毛を生えにくくさせる作用があるのですから、幾分肌を疲れさせているはずです。
効果が出るまで、毎日使い続けるので、低刺激であることは重要なポイントです。

一般に言われているのは。
ちょっぴり剛毛なら、『ネオ豆乳ローション』。
毛の太さは普通というなら『パイナップル豆乳ローション』
お子さんや敏感肌の人なら 『コントロールジェルME』。

こんなことを、脱毛サイト等で書き続けていたら、パイナップル豆乳ローションでいくつかの種類が揃ってきています。
種類の違いは、イソフラボンの濃度の濃さと、保湿成分をプラスしているか、エタノールの量を少なくしているかで分かれていました。

グーンと使いやすくなってきています。

スポンサードリンク