広告 

角質細胞とセラミドが肌水分を封じ込めている

乾燥肌の原因は、肌水分を封じ込める力が弱いことです。
外気を遮断してくれる角質細胞とセラミドの環境が整えば、肌水分の減少を抑えることができます。

化粧品で塗るセラミドと体の中から補うセラミドと、両方向で対策を狙うのは、日本製粉のセラクレアです。食料加工メーカーならではの技術を試してみませんか?
セラクレア

 

セラミドづくしのスキンケアをラインでトライアル

乾燥肌は、メイクのノリを悪くしたり、くすませたり、挙句の果てには小ジワを増やしたりで、良い事はありません。
化粧品を選ぶ時に、保湿重視としっとりタイプを選んでみたものの、思うように肌に水分が入り込まずに、ガックリしますね。

 

化粧水は浸透力のあるものを

加湿器の前に座っていたり、お風呂上がりはたっぷり水分を含んだふっくらした肌を実感出来ます。
これは、しっかり毛穴が開いて水分を浸透させているからなのですね。

通常は、肌のバリア機能が働いて、化粧水も肌の奥まで入っていくことができません。
これは、外気の有害物質を取り込まないための、防衛力でもあるのです。

 

浸透しないと、よけい乾燥しちゃうよ

化粧水をつけた瞬間、浸透できる角層の2~3層あたりまで入り込み、瞬間潤いを感じるものの、直ぐに蒸発してしまいます。
化粧水が蒸発するのと同時に、元々ある肌の水分量まで奪い取ってしまいますので、逆に乾燥肌を引き起こしているのです。

化粧水は、浸透力の良いものを使う必要があります。
さらに、安全で優しいものを選ぶことで、肌は安心して浸透させてくれるのです。

 

保湿成分って何?

保湿成分は、水分をしっかりと抱え込む性質のものをいいます。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが、水分保持できるように、網目構造になっているのはそのためなのです。

 

超乾燥肌の人は、セラミド不足

超乾燥肌の人は、セラミド不足であると言われています。
セラミドは、肌水分量を蒸発させない働きをしますが、バリア機能が不十分なために、潤った状態をキープさせておくことができないのです。

スポンサードリンク

つまり、乾燥肌の人がスキンケアを選ぶ時の基準は、セラミド成分で、肌への浸透力の高いものが良いということになります。

 

セラクレアを使ってみたら

私が、ニップンのセラクレアを知ったのは昨年ですが、その浸透力の良さと、つけた後のサラサラ感から、これではしっとりタイプの化粧水の方が頼りになるのではと、一瞬思ったものです。

サラッとしたつけ心地と、まるで無添加化粧品のような優しさがありました。
当時の私の乾燥した肌は、ガサガサで刺激の強い化粧品を使うと赤くなってしまいます。
セラクレアを使う時も少し怖かったのですが、しみないですぅーと入り込みます。

しかも、セラクレアに配合されているセラミドは、ナノサイズで、肌のバリア機能を難なく浸透させます。
勿論、翌日の朝は潤いを実感できました。

 

地味だけど安全性にこだわりがある

実際頼んでみると、あまり目立った宣伝をすることもなく、しかも購入者に対し何度もDMを送ったり、電話での勧誘もありません。
食品メーカーらしく取り扱う原材料にこだわり、肌に悪いものを一切含まないというこだわりが、地味でありながら人気の秘密となっていると感じました。

セラミドは、直接肌につけるだけでなく、身体の中からも取り込むと、さらに効果が高いと言われています。
そう言えば、コラーゲンやヒアルロン酸のサプリメントは巷に溢れていますが、セラミドのサプリはあまりありません。

ニップンの食べるセラミドは、潤艶ゼリーといって、ほんのりヨーグルト味をつけて、おやつ感覚で食べたくなってしまうサプリメントです。
セラミドトライアル

 

先ずはトライアルで試してみて

セラミドスキンケアと、潤艶ゼリーの両方を試すことができる、トライアルがあります。
『本当にセラミドなの?』『本当に1週間も試せるの?』って聞きたくなるほど、手軽な値段で購入することができるのが、おススメの理由です。

試してみると、何故乾燥肌のあなたが、しっとりタイプの化粧水で、肌水分量が上がらなかったのか、その訳を知ることになりますよ。

スポンサードリンク