広告 

紫外線を制すれば、美白も怖くはない

シミの多くの原因は紫外線です。シミには、いくつか種類がありますが、その全ての原因に紫外線という文字をみつけることができます。
日の当たる出窓

美白化粧品と紫外線

多くの美白化粧品は、刺激を受けた後の対応が中心です。刺激を受けた後のメラニンを過剰に生成を抑制したり、メラニン生成を促す酵素チロシナーゼの分泌を抑制させたりといった作用が、美白化粧品のウリとなっています。

紫外線を完全に遮断してしまえば、美白化粧品は要らないのでしょうか?いいえ、そうでもありません。

紫外線を完全に遮断した生活を行ったとしても、肌刺激は紫外線だけに限らず、肌摩擦や洗顔時の刺激、吹き出物等もあり、刺激を受ければメラニンは生成されます。年齢によるメラニンの暴走もあります。

といっても、紫外線が、シミの大きな原因となっていることは、最初に記述したとおりです。

実は紫外線は、しみやくすみだけの原因ではない

紫外線を、肌内部へ入り込ませないようにすれば、シミやくすみの悩みから解放されます。

いや、実はシミやくすみだけがではないのです。ご存知のことと思いますが。。。

紫外線の波長の長さによって、A派とB派という2種類に分けられています。B派(UVB)は、強い光で肌表面に炎症をおこし、赤くしたり色素沈着を招きます。A派(UVA)は、B 派ほど、強い光でないにしても、波長が長いために肌奥の真皮層にまで届き、肌組織にダメージを与えます。

A派の中でも、波長の長いロングUVAはさらに強力なパワーをもっています。Aは同様に、コラーゲンやエラスチンといった肌の土台部分を変形させ、遺伝子まで狂わせていきます。そのため、しみやくすみの他に、しわ、たるみといった肌老化も引き起こして行くのです。紫外線の肌老化は、肌の三大老化のひとつで、光老化とよばれています。
光の当たった瓶

UVA(紫外線A派)が注目され始めたわけ

紫外線対策というと、どうしてもUVBの日焼け止め中心で、UVAの日焼け止めに対する意識が薄いのが事実です。UVBは直ぐに顔を赤くしたり、黒くさせたりします。ただ、しわやたるみの原因が、コラーゲンやエラスチンの減少にあるということが分かり始めた今日、UVAに注意がむけられました。

スポンサードリンク

コラーゲンやエラスチンを減らさないためには、UVA(紫外線A派)から防御しなくてはならないからです。徐々にUVAの日焼け止めに、関心を持ち始めています。

ロングUVAの新たな事実にドッキリ

先日、ロレヤルグループの一つであるラロッシュポゼの新製品発表会に出席してきましたが、まさしく、UVAの日焼け止めの働きを強化させたものでした。

従来のUVAをさらに、波長の長さによって2分割を行い、長い波長のロングUVAへの防御率を高めています。ロングUVAとは、地表に降り注ぐ紫外線の75%を占めています。

肌に入り込んだロングUVAは、活性酸素を増やし、繊維芽細胞やエラスチンやヒアルロン酸をつくる繊維芽細胞に損傷を与えます。また、肌を作っている遺伝子にも悪い影響を与え、肌トラブルを引き起こす原因を作っているという話でした。

ロングUVAが、シミが目立つ状態にするほか、シワ、たるみといった肌老化も招いていたのです。まさに、光老化の根源といっていいんじゃないでしょうか。
ラロッシュポセ UVA日焼け止め

しみ、クスミを水際で止めるなら、UV対策よ

しみ、くすみといった美白対策も重要です。でも、肌老化を水際で防ぐことで、しみ、くすみは無論たるみ、しわを対策できます。UVAの中でも、ロングUVAの対策用の日焼け止めは、まだそう沢山ありません。

ロレヤル(ラ ロッシュ ポゼ グループ)は、紫外線A派を防ぐための特許成分である、メギゾリルXLとメギゾリルSXを開発しています。この二つの成分を使用して、開発された日焼け止めやBBクリームは大人気です。ランコムもロレヤルグループです。

実は、私も屋外で過ごす時間が長い時は、他メーカーのBBクリームの下に、ラロッシュポゼの日焼け止めを必ず付けてしまいます。化粧品ジプシーの私ではありますが、UV対策ではポゼを信仰している一人です。

梨花さんの愛用のUVイデア XL ティントも、ラロッシュポゼのものです!

今後、ロングUVAの対応を強化した、新製品3点に今後注目が集まりそうです。

  • UVイデアXL(リニューアル)
  • UVイデアXLテイント(リニューアル)
  • UVイデア アクアフレッシュジェル クリーム(新製品)

ラ ロッシュ ポゼ化粧品一覧をまとめてみました。

スポンサードリンク