広告 

約1.6倍の高速浸透で即効パワーを期待したい

ビタミンC誘導体VCエチルを主成分にして、即効美白を実感できる美容液があります。
オルビスのホワイトニングエッセンスは、浸透力とシミ発生抑制力をグーンとパワーアップ。

浸透力とシミ発生抑制力は、各々、浸透ルートシステムとシューティングクリア成分と名付けられ、各々に課せられたミッションを忠実にこなしてくれるはずです。

 

浸透ルートシステムとシューティングクリアって何?

浸透ルートシステムの技術を使って、シミの素であるメラニン色素の場所まで、エッセンスを届けます。ホワイトニングエッセンスをつけてみれば、みずみずしく広がり、溶け込むように角層へ浸透していくのを実感できるはず。

シューティングクリア成分が、シミの素であるメラニンをため込むのを防ぎます。
メラニンを含まない肌が、次々に作られていくうちに、クリアな白肌に導いてくれるということです。
白い貝殻

 

主成分のビタミンC誘導体、VCエチルとは

ビタミンC誘導体が、シミを抑制させたり、濃い色を薄くさせたりすることは分かっているけど、どれがいいのか分からないって言うのが本当のところ。

スポンサードリンク

美白化粧品を使用しても一向に効き目が見られず、毎年、少しずつ増えていくシミ、濃くなるシミ。
どこかで、消しゴムのように一気に吹き消せたら、って考えている女子は多いでしょう。

 

大手コスメメーカーで続々と採用されている

そんな時、シミの有効成分で真っ先に思いつくは、ビタミンC誘導体。
オルビスやランコム、資生堂で配合している、気になる美白成分が、新型のビタミンC誘導体であることに気がつきました。
その名は、『VCエチル』というビタミンC誘導体。
注)成分表には、VCエチルでなく3-O-エチルアスコルビン酸と書かれています。

 

VCエチルは、厚生労働省認可の医薬部外品の有効成分で、従来のビタミンC誘導体と比べて、即効性があると言われているものです。

従来のビタミンC誘導体は、体内酵素の助けが必要なのに対し、VCエチルは単独で働きます。しかも、ビタミンCの配合量はダントツなのです。

浸透力も他を抜いて高い上に、肌に届いてから長時間働き続ける効果があることが報告されているのです。

 

低刺激

そんなVCエチル(表示名称、3-O-エチルアスコルビン酸)を配合していて、私が使ってみたいと思ったのは、オルビスのホワイトニングエッセンスです。

浸透して効果が発揮できる美白化粧品の場合、やはり、選択のポイントは低刺激。
新しいビタミンC誘導体のVCエチルの効果は、界面活性剤不使用、無油分、無香料、無着色のもので、確認したいでしょう?

ビタミンCが肌に及ぼすうれしい、美肌効果を知る女子なら、試してほしいシミ美容液です。

スポンサードリンク