広告 

脇の下の炎症の原因を排除して、保湿と美白で薄く

繰り返す脱毛、制汗剤や消臭剤の刺激で、脇の下は泣いていませんか?乾燥と炎症を起こすと、僅かな刺激でも敏感な状態になっています。黒ずみが気になるからと、エステや強い美白化粧品でのケアで、弱ってへとへとになった脇の下は、更に黒ずみの原因となってしまうのです。

逆に脇の下は、顔と違って紫外線対策がし易い事がメリット。美白成分でお手入れをしても、UV素材の衣服で紫外線をガードすれば、黒ずみを薄くする可能性は一杯ありそうです。

脇の下の黒ずみ対策のあれこれを、まとめてみました。 脇の下

諦めないゆっくりケア

まずは、炎症となっている原因を取り除くことが先決。といっても薄着になる季節の場合、脇の下が見えてしまう瞬間もあります。電車のつり革、髪を治したり、帽子やサングラスをかける時も、半袖の隙間から、もしかしたら脇の下が見えてしまうかもしれない。不安な気持ちで過ごさなくてはならないなら、無理な脱毛も繰り返します。

芸能人の脇の下の黒ずみ対策も、成功している方ばかりではなく、ファンデーションを使ったり、見えないコスチュームで隠しているのが現実。つまり、脇の下の黒ずみを取るための、決定打はないということなのかもしれません。

いや、芸能人は、一般の人より多くのお手入れを繰り返している人が多いそうだから、肌に与えるダメージも大きいのです。肌負担を極力抑え、炎症を取り除き、硬くなった肌をゆっくりと柔らかくと、根気よくお手入れをすれば、そうそう深刻な状況にはならないはずです。

潤った肌は七難隠す

大きくぽっかり空いた毛穴でさえも、優秀な保湿化粧品で、目立たなくなることに驚いた時があります。キメも目だ立たなくなったり、陶器肌が実感できる、保湿化粧品の技術に感謝することが多くなりました。黒ずんだ脇の下も、たっぷり潤わせることで、違ってきます。水分を抱え込んだ肌は、光の反射率が良いようで、同じ黒ずみでも綺麗に見えるからです。

へとへとに弱った脇の下は、炎症を起こしているから。たっぷりの保湿で、ゆっくりと肌を休ませてあげましょう。

浸透力の高い保湿化粧品を使えば、硬く縮こまった肌の隅々まで水分が入り込み、柔らかくすることができます。肌が柔らかくなれば、刺激から守るために剥がれ落ちなかった角質が垢となって、剥がれ落ちてくれます。多汗症の原因は、脇の下の皮膚が分厚くなったことも、関係しています。汗の量が減ることは、肌刺激の原因が減ることにもなります。(次の節で詳しく)

肌刺激になる原因を全て洗い出す

強い衝撃で内出血をした後に色素沈着が起きますが、弱い刺激でも繰り返し衝撃を、与え続けると色素沈着が起きます。肌の防衛本能で、メラニン色素を衝撃が加わった場所に集まるためです。

さらに長時間刺激が続くと、刺激が無くなった後も、メラニン色素はつくられ続けていきます。これって、顔のシミと同じ原理です。

肌に加わる全ての刺激を、考えてみてください。その後、出来るだけ、低刺激なお手入れに切り替えていくことで、黒ずみの原因が無くなるはずです。

脱毛の刺激

多くの黒ずみの原因は、繰り返す脱毛によるものです。

クリニックによるレーザー永久脱毛は、毛根を焼いて新しい毛を生えさせないようにするのですから、そりゃもう凄いダメージなわけです。永久脱毛を行えば、黒ずみ対策になると主張する方もいますが、そんなことは有りませんよ。

では、エステティックによる光脱毛はどうでしょう?レーザー脱毛よりややダメージが小さい光脱毛ですが、毛根に働きかけるわけですので、やっぱりダメージはあります。

スポンサードリンク

ピンセットによる脱毛は無理に毛根を引っ張る時に、健康な肌をごっそりと剥がしています。剃刀による脱毛も、剃刀によって均一に肌組織を剥がしているのです。肌再生力のある、若い肌なら良いですが、自信が無い方はほどほどにした方が良いですよね。

上記のような脱毛ケアを行った後は、たっぷり保湿とクリームで蓋をして安静にします。丁寧なアフターケアを行っておかないと、黒ずみは加速します。

もっとも、低刺激と言われている脱毛ローションは、おススメです。豆乳ローションの第一人者と言えるDr.高濱が、豆乳ローションを販売していますし、自宅で作れる豆乳ローションの本も書いています。Amazonの口コミを見てみると、効果なしの声もあるけど、効果ありの絶賛の口コミもあります。

効果が無くても、豆乳ローションでケアをし続けておくと、ムダ毛の生えてくる周期は遅くなり、毛自身も柔らかくなるので、脱毛時のダメージを低くすることができます。

デオドラント&制汗ケア

汗をかく季節は、脇の下に雑菌が繁殖しニオイも気になります。下着や衣服につけられた汗とりパットは、年々、使い勝手が良くなっていますが、汗とりパットと脇の皮膚との摩擦が気になりませんか?汗でふやけた脇の下が、汗とりパットの布地が触れつづけると、辛くなっていきます。

制汗スプレーなどを使って、汗やニオイを抑える方法は快適ですが、使い続けることで、やっぱり黒ずみの原因になってしまいます。

摩擦や制汗剤によるダメージから守ってくれるのは、たっぷりの水分を含んだ肌です。保湿成分が、肌の隅々まで届き持続し続けるクリームを是非選んでください。

黒ずみにダイレクトにアプローチする美白成分

肌の黒ずみの正体は、メラニン。メラニンの生成を抑制させ、メラニンの色を薄くする、メラニンを排出させる役割を持った美白成分を取り入れて、少しでも黒ずみを薄くさせたいところです。

この際、肌刺激を最小限にし、充分な保湿ケアを行えば、美白作用も効きやすくなるというものです。化粧品が人によって効果が違うのは、肌質や生まれながらのものもあるけど、日常お手入れのダメージの有無によるものが多いはずです。

脇の下の美白ケアは、直接紫外線を受けることが無いために、顔よりやりやすいのです。しっかりと、UVケアを施し、美白ケア成分をたっぷり使えば、黒ずみ解消も夢ではないはずです。

口コミサイトで評判の良い、脇黒ずみ専用ゲル

@cosmeボディケア部門で、第1位入賞したピューレパールは、『もしかしたらこれ、顔の美白美容液』と思えるほ贅沢な美容成分を配合しています。

昨今の美白化粧品は、気休めでなく、本当にくすみや黒ずみを薄くしてくれるものも少なくありません。脇の下の黒ずみ用のよいスキンケアが無かったのは、もともと、美白効果を実感できるものが少なかったからでもあるのでしょう。

脇黒ずみ専用ゲルの効果的なつけ方

口コミを覗いてみると、朝と夜に2週間から1ヵ月間つけ続けると、効果が感じられるそうです。毛穴のブツブツも目立たなくなり、黒ずみやクスミも薄くなり、脇の臭いも気にならなくなったと書かれていました。

個人差があるものの口コミで、脇の悩みを具体的にあげているスキンケアはそうありません。

返金保証期間なので、思い切って試してみる価値あり

現在、キャンペーン実施中で60日間返金保証が付いています。万が一、自分の合わなくても、金銭的な損をすることがありませんので、この機会にどうぞ。

スポンサードリンク