日焼け止めの肌負担が気になるならノンケミカルファンデーション

ノンケミカルファンデを使いたい女性の願いがかなった

ケミカルとは、化学的に合成した物質ですが、ファンデーションに限っては、紫外線吸収剤を表しています。 紫外線吸収剤を配合していなければ、ノンケミカルと呼んでいるのです。ただ、しかしケミカルの意味からすれば、紫外線吸収剤だけではありません。

厳密な意味で石油系合成化合物を排除した、リキッドファンデーションがあるのです。この技術は、粉パウダーなら可能でした。顔の皮膚にフィットさせて塗るリキッドファンデーションでは、不可能とされていました。混ざらないはずの油と水を溶かさざるをえないために、石油系合成化合物を使わざる得なかったためです。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤について

最初に、紫外線をカットするための成分である、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤について記述します。

紫外線散乱剤は、紫外線が肌に入り込む前に、バリアを張りめぐらせ、紫外線を跳ね返すイメージです。紫外線吸収剤は、肌の上に塗られた日焼け止め成分の中に取り込まれ、化学反応で熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させていきます。 日だまりのテーブル

日焼け止め成分は、紫外線吸収剤の方が効果が強くなります。紫外線防御値で、指数がSPF50と高い数値であれば、紫外線吸収剤を使っている場合が多いのです。しかし、肌の上で化学反応を起こさせるわけですので、肌刺激が強いと言うのが定説となっています。

このような働きを持つ紫外線吸収剤は、当然、化学合成物質(ケミカル)から作られているために、ノンケミカルファンデーションのことを、紫外線吸収剤なしのファンデと言われるようになったのです。

一方、肌に比較的優しいと言われた紫外線散乱剤にも欠点があり、白浮きしやすくメイクの仕上がりが悪くなります。汗などにも弱く、すぐに落ちやすいと言うのも欠点です。

時代がすすみ、昨今では白浮きしにくい紫外線散乱剤も開発されてきています。それと同時に、日焼け止め成分を肌に直接触れないように包み込んで、肌刺激を和らげる紫外線吸収剤もでてきています。一概には、言えない状況なのです。

紫外線吸収剤だけが肌に悪いわけではない

紫外線による肌老化は、年齢によるもの以上であることが既に分かっています。『肌老化の80%は紫外線によるもの』という話は聞いたことがあるでしょう。 リキッドファンデーション

紫外線から刺激を受けなければ、自己治癒力を高め、肌本来の働きを高められます。汗などで肌から落ちやすい紫外線散乱剤では、肌老化から守るのに不十分なために、紫外線散乱剤入りの化粧品を使う方もいます。実際、室内にこもりっきりの方の方が、そうでない方より、シミやシワが少ないことは、日常生活の中で見て知っているはずです。

ただ、間違ってはいけないのは、紫外線吸収剤だけを悪ものにしても、他にもファンデーションには、石油系合成化合物はいっぱい含まれているということです。紫外線吸収剤に関しては、多くのファンデの広告などに掲載され、その言葉の持つ意味や対応策などがネットでも事細かく書かれています。でも、他にもファンデーションには、数多くのケミカル物質が含まれています。

例えば下記のようなものです。

  • 汗に強いファンデに含まれる石油系シリコン
  • 伸びが良く滑らかな感触にするための石油系乳化剤
  • 常温で長期保存させるための石油系防腐剤や酸化防止剤

こうした石油系合成化合物が、紫外線で弱った肌、バリア機能を衰えた肌にさらに負担をかけて、肌内部に異物を入り込みやすくさせてしまいます。紫外線吸収剤だけではなく、ファンデーションに配合されている全てのケミカル物質と、紫外線の刺激が、重なって肌負担となっていることを忘れてはいけません。

多くの女性は暗黙のうちにファンデのダメージを知っている

実際、細かく成分をチェックしていくと、つけるファンデーションがないのも事実です。多くの女性は、ファンデの負担を知りながらも、他のスキンケアとバランスを取りながら、美肌をキープして来ました。メイクをしない日を作って肌を休めたり、クリーニング効果の高い美顔器で毛穴に詰まったファンデを取り除いたり、肌自身を強くしたりです。肌負担が軽いパウダリーファンデーションを、日を選んで利用したりします。 パウダリ―ファンデーションとシャドウ

ところが、石油系合成化合物を全く含まない、あるいは肌に悪いと言われている成分を、含まないファンデーションの開発を行っているところもあります。私が知っている限りでは、リペアファンデーションと京のすっぴんさんBBクリームです。

特に徹底しているのは、リペアファンデーションでしょうか?100%天然由来成分を実現し、上記の防腐剤やシリコンでさえ、植物成分で実現させているから驚きです。ただ、こだわりが強すぎて、コスパは他と比べると上がります。

『まぁ、多少は肌に悪いかも』と妥協することもなく、化粧ノリや化粧持ちにこだわりに耐えられる、ファンデーションは増えていくはずです。イメージやカバー力や仕上がり感にだけ踊らされることなく、総合的に良いものを選ぶために時間を割いても、期待に添えるファンデを見つけられる時代になりました。

ちょっと、意地悪な見方をしてすみません。ノンケミカル ファンデーションの意味が、いつの間にか紫外線吸収剤を使わないことにすり替えられているのは、世の中の化粧品メーカーが石油系原材料の完全無配合であることを、ぼかすためなのかもしれません。本当の意味でのノンケミカルを、追い求めませんか?

リペアファンデーションについて

ファンデーションの良く伸びて滑らかな感触と、マットな仕上がりは重要です。この機能のために、石油系化合物の成分を完全にゼロにすることは不可能だったのです。

リペアファンデーションは、原価や採算を度外視して、石油系化合物無配合の開発に取り組んだと言います。原材料のお米も、自社専用の農地で栽培したものを使用しています。

実際使ってみましたが、伸びもカバー力も通常と遜色ありません。強いていうなら、ちょっぴり厚塗り感がするかもと思えることです。 リペアファンデーション

工場で製造中に成分の抽出などで、使わないざるえない石油系の成分さえも、排除したと言われています。紫外線散乱剤のみならず、石油系界面活性剤、タール系色素、合成香料、石油系鉱物油、石油系シリコンなどといった、肌負担となる石油系合成化合物を含まない、肌に優しいファンデーションです。

そのため約50名の皮膚科医が監修に当たる『スキンケア大学』で、『皮膚科医の認定化粧品』として認められました。日本の厚生労働省と同じ働きをする、米国食品医薬品局(FDA)で認可されています。その他、社会文化功労章や国連特別功労賞の受賞、美容サイトや専門家による格付けでも数々の1位を受賞しているコスメメーカーとなっています。

元の肌も整えてくれる

紫外線が、ファンデーションのガードを通過した場合、紫外線から守る強い肌を持っていたいものです。日中の外部刺激は、紫外線だけでなく外気やほこり、自分自身の汗なども、肌に負担をかけていきます。リペアファンデーションは、ファンデーションに美容成分を配合して、日中の肌負担を軽減させてくれます。

酸化を防ぐと言われているビタミンC生命体と、肌の構成物質であるアミノ酸生命体を配合しています。酸化とは、鉄がさびるように、肌組織を傷つけることを言います。酸化は、油や温度が高いと進行すると言われています。日中の油分を含んだファンデーションは、実は酸化を引き寄せる要素です。

ファンデーションにビタミンCを含んでいるものは、そうありませんが、酸化の進行を食い止める上で、ついつい期待してしまいます。期待していいと思います。

二つの美容成分によって、乾燥から防ぎ潤い続ける肌を作り上げてくれますので、ファンデが崩れることがありません。そのため、崩れた部分から紫外線が入り込む心配もないために、長時間肌をガードしてくれるのです。崩れにくいファンデは、しみやシワを隠してくれるだけではなく、紫外線に対して守りが固い利点にもなります。

毎日継続してつけ続けることで、ビタミンCとアミノ酸の働きによりコラーゲンの生成を、助けてうれしい作用も生まれてくるのです。

当初リキッドファンデのみでしたが、2013年よりパウダリ―ファンデやフェイスパウダファンデのアイテムが増えました。トライアルは、フルアイテムで試せるようになっています。 こちらの記事でレビューを記載しておきました。 

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク