広告 

肌を硬くする原因から、柔らかくなる方法を探る

年ごとに肌が硬くなるのは、乾燥や紫外線の影響と考えていました。保湿にこだわり、UV対策をしっかり行えば、ふわふわの柔らかい肌は保てるのだと信じていたのです。

でも、それだけでは。。。

何故、肌は硬くなるのか

幻想でした。

例え、毎日フェイスパックを行い、洗顔の刺激にも注意をして、紫外線を避ける生活をしたとしても駄目です。肌は年をとる毎に乾燥をして、硬くなり、テカテカ光ってくるはずです。

肌を硬くする原因は、水分と外部の刺激の他にもう一つあることを知りました。肌の組成が変わってくるためです。 コーヒーを持つ女性

人の体は常に入れ替わっている

人の体は常に作りかえられている訳ですから、子供のころと同じ栄養素で、同じ再生を行っていれば、子供のころと同じ肌質になるはずです。理論的にはですが、作り方が違っているのでしょうね。

ホルモンがあったり、遺伝子が、人の体を作り変えてしまいます。身長が伸び、男性は男性らしくがっしりした体型に、女性は女性らしくふっくらした体型になります。年齢と共に、若々しい体を作らないように、遺伝子が指令を送っているそうです。

『いじわるなっ』って思いませんか?

年齢を重ねるとコラーゲンの組成配分が異なってくる

一つ最近知ったのは、コラーゲンの組成配分が異なってくることです。

人を作っているコラーゲンは、19種類ぐらいあり、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型・・・と数字で分類されています。一番多いのはⅠ型で、体の組織を支えたり外部の刺激から守る、硬いコラーゲンです。Ⅱ型は、関節や軟骨に多く含まれ、Ⅲ型は臓器に主に含まれて細い線維で柔らかいものです。

Ⅲ型は、血管や肺の組織まで柔らかくしてくれるために、摂取すると巡りの期待もあるそうです。

肌を硬くする原因とは

子供の頃は、皮膚に含まれるコラーゲンの内、Ⅲ型が占める割合が高いのですが、年齢を重ねるごとに生命を維持する必要性が高いⅠ型コラーゲンが増えていきます。そのため、皮膚は硬くなるのです。

スポンサードリンク

皮膚の上からつける化粧品や、皮膚に刺激を与える紫外線といった外部環境だけが、肌を硬くしている訳ではないのです。つまり、肌を硬くする原因は以下のとおり。

  • 乾燥
  • 紫外線などの外部の刺激
  • コラーゲンの組成変化
Ⅲ型コラーゲンはターンオーバー促進が得意

この頃、Ⅲ型コラーゲンを作りだす働きのある卵殻膜の機能性食品を、食べ始めて気がつきました。Ⅲ型コラーゲンは肌が柔らかくなるだけではなさそうです。ちょっと、保湿感が高くなった。

Ⅲ型コラーゲンは、ターンオーバーを促進することが得意なために、保湿感も高く、毛穴を押しつぶされていきます。まぁ、何十年も開き続けたのですから、そんなに簡単にキュッとはなりません。テカテカの肌に開いた毛穴が、ややふんわりの肌にちょこんと毛穴ぐらいにはなりました。(意味不明?)

肌が柔らかくなってくると、メイクが延ばしやすく、ノリも良くなります。見た目も、ふんわり感がでて中々良いですね。

細胞の活性化のみとするか?、栄養も必要か?

Ⅲ型コラーゲンは、ターンオーバーを促進させるパワーがあるのですが、ターンオーバーには栄養も必要です。機械はフル稼働させても、組み立てる部品が無ければ駄目なのと同じです。

肌を構成するアミノ酸、ビタミンを同時に与えることで、肌再生がスムーズに行われます。

細胞に働き掛ける物質として、EGF(上皮成長因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)、コラーゲンベプチドなどが、発見されています。これらを単体で使用して効果があれば、それでよしですが、もし、なければ栄養も同時にということになります。

プラセンタ、卵殻膜などは、細胞に働き掛ける要素と栄養を同時に兼ね備えています。天然の成分であるために、人気が高いのですね。

もし、肌の柔らかさにこだわるなら、Ⅲ型コラーゲンの再生を促進させる卵殻膜をとるべきです。肌弾力をと望むなら、プラセンタ、卵殻膜いずれでも大丈夫となります。

肌を柔らかくするために、どういう組み合わせがベストかは、一概には言えません。でも、ワクワク・ドキドキする話ではありませんか?

スポンサードリンク