20代・30代の乾燥肌な方でべたつかない保湿化粧品をお探しの方

広告

ヒト型セラミドで保水力をアップ

20代や30代前半の乾燥肌って、本当は保湿力が無い肌というわけではありません。新陳代謝だって絶好調な時期なはずだし、少しぐらい日焼けしても直ぐに戻るはずです。乾燥肌になる理由は、肌だけでなく、心も体も無理をさせ過ぎているからです。

だから、エイジングケアで使われている至れり尽くせりの成分は、ちょっと余計なお世話。油膜たっぷりのべたつくローションも必要なし。でも、何故か世の中の乾燥肌用のローションは、べたつくし、つけている間のむずかゆさがつきまといます。

こんな本来の力を発揮させることができずに、乾燥してしまっている肌には、肌と構造が同じバリア機能を補うだけで大丈夫ですよ。バリア機能で、外部からの刺激を遮断するだけで、後は自分の肌が回復するのを待つのみ。バリア機能の代表格であるセラミドは、水分と油分をバランス良く持っている成分だから、べたつくことはありません。

無理をし過ぎたお疲れ肌は、体や心と同じ休養が大切。肌に悪い成分を一切加えず、バリア機能強化の事だけを考えてるくられたスキンケアなら、それができそうです。 セラミド保湿化粧品

肌ダメージを取り除くことが、乾燥肌対策の一歩

健康なはずの肌にダメージを与える原因を、つくらないことも、肌の休養させる条件のひとつです。肌ダメージは、健康な肌を保つためのパワーをそいでしまいます。

  • 石油系界面活性剤入りの化粧品を大量に使用
  • 年齢不相応な栄養満タンの化粧品を使用
  • 無理なダイエットを繰り返し、肌を作る機能が低下
  • 睡眠不足、空調の乾燥、入浴時の洗顔方法などの生活習慣
刺激の強い化粧品はNG

石油系界面剤が及ぼす影響が認知されてきた今、徐々に害を及ぼす成分を入れない化粧品が増えました。でも、時々サンプルやトライアルを使ってみると、刺激の強いものもまだまだあるのは事実です。赤くなったりして炎症を起こすと、そうでない部位も本来の力が発揮できないようで、全体的にくすんだような気がしませんか?

ファンデのダメージも、保湿力の高い低いによって変わる

気をつけたいのは、ファンデーションの刺激。ファンデーションは、毎日肌に直接つけるし何時間も付け続けています。自分の肌に合わない配合成分に、気をつけるだけでは駄目です。ファンデが、外気に触れ、水分は奪われ、皮脂や汗と混じっていくに従って変質して、肌への負担がかかります。

ファンデーションの刺激から守るためには、下地クリームを使ったり、自身の肌のバリア機能に気を配ることです。角質層がたっぷり潤いで満たされていれば、ファンデのダメージは潤いに邪魔されて、肌奥までの侵入を防ぐことができるからです。 ファンデーション

洗顔ダメージもバリア機能が健康であれば少ない

洗顔料は、メイク落としや毛穴詰まりが良くとれることを強調するために、強い石油系界面活性剤が入っているものが多くあります。石油系界面活性剤入りの、洗顔料を避けることも大切ですが、自分の肌バリアが健康であれば、負担は軽減できます。

潤いをバリア機能にしたような保湿化粧品

内側から肌の働きを助けるエイジングケア化粧品とは異なり、潤いをバリア機能にして、本来持っている肌のパワーを引き出す化粧品があります。エトヴォスのモイスチャーラインです。セラミドは、1・2・3・5・6Ⅱと、5種類配合して、さらに肌のバリア構造であるタイトジャンクション形成を促進させる成分も配合しているそうです。

ところでバリア機能って何?

バリア機能を形成しているのは、主に角質層です。角質層は何層にも重なってミルフィーユ状になっていますが、その中の1層を取り出してみると、角質細胞が1列に並んでします。角質層が剥がれ落ちないように、角質細胞同士を繋ぎとめているのは、細胞間糖脂質という物質です。

細胞間糖脂質の主な成分は、セラミドです。セラミドは、外から与えることで自分の細胞間糖脂質と同じように働く性質があります。

セラミド自身も折り重なった構成をしていて、その隙間に水分を挟みこんでいますが、親油性でもあります。水分と油分の両方を持ったいると言う事から、肌につけた時、べたつきも感じられますが、油性のものとは比べようもありません。

スポンサードリンク
セラミドの種類

セラミドの中でも、作られる方法や原料によって種類があります。ヒト型セラミドが人間の皮膚と相性が良くなります。

ヒト型セラミドは、別名バイオセラミドとも言われ酵母の働きで作られているもので、細胞間糖脂質のラメラ構造の修復が可能と言われていますし、湿度が0%であっても乾燥しないセラミドなのです。ヒト型セラミドを使用したスキンケアは、多くのコスメメーカーがだしています。

セラミディアルのモイスチャーラインの使い心地

私は結構エトヴォスが好きなのですが、好きな理由は広告がおしゃれだから(あれ? ゴメン)です。また、医師の監修のもとで作られている、ドクターズコスメで信頼もしています。 エトヴォスモイスチャーライン

トライアルは下記の4アイテムで、エトヴォスらしい、押しつけない優しい肌触りが魅力の保湿ラインとなっています。

  • クリアソープバー(洗顔石鹸)
  • モイスチャライジングローション(化粧水)
  • モイスチャライジングセラム(美容液)
  • モイスチャライジングクリーム(保湿クリーム)
洗顔石鹸

固形石鹸にありがちなつっぱりは、ありません。柔らかく洗顔ネットを使わなくても、洗う事が可能でした。写真の泡はネットを使っています。

洗い上がりのさっぱり感はほとんどないのに、洗浄力は強いですね。バウダーファンデーションは、この石鹸にお任せしています。メイクが残った感覚はないし、大袈裟なクレンジングの手間が省けて楽ちんです。

朝洗顔が応えるタイプなのですが、この石鹸なら平気、洗顔後、化粧水をしばらくつけなくてもいられました。ヒト型セラミドやリピジュアの保湿成分の配合と、90日間じっくり熟成しているのでグリセリンがたっぷり入っていることが、影響しているのでしょうか? クリアソープバー

化粧水

タイトジャンクションの形成を促進するポスカが配合されていると知って、かなりドロッとしたものを連想していましたが、サラサラです。これだけ、サラサラの水なのに、肌馴染みがいいんですよね。顔に広げていく瞬間から、ジワジワ浸透していくのが分かります。

手にとった時も、顔に馴染ませた時も、その後もサラサラです。角質には、しっとり感が残り、ふっくら感も実感できます。ふっくら感はあるのにつけた感覚が優しいので、何度もハンドプレスしてしまいたくなります。 セラミド保湿化粧品

美容液

ヒト型セラミドの1・2・3・5・6Ⅱを、配合している美容液です。一見とろみのある形状ですが、使ってみると、サラサラ感のつよい美容液です。従来のちょっと皮膜で潤いを実感というタイプのものとは、違っています。

無論、クリームをつけた時のような密着感は無いのですが、肌の満腹中枢は満たされてしまいました。肌内部のうるおい感に、気がつくとなるほどと思えました。 セラミド保湿美容液

保湿クリーム

ヒト型セラミドとアミノ酸、ヒアルロン酸、天然オイルを配合したクリームです。クリームとなのに乳液のようなテスクチャーで、肌を優しく包み込んでくれます。

天然オイルは、シアバター油、マカデミアナッツ油、ホボバ種子油と、最近流行りのオイルを配合しています。マカデミアナッツ油とホボバ種子油は、べたつきが少ないといわれていますし、ホホバ種子油は人の肌の成分と同じものが入っています。シアバターは幾分べたつきがあるのですが、他のオイルと組み合わせているので、ほとんど分かりません。

肌の上にクリームがのっている感が少ないのですが、潤いはしっかりと実感できて、肌の休養にピッタリです。 セラミド保湿クリーム

スポンサードリンク