美白になる食べ物は、もはや保湿成分を抜きすることはできない

広告

乾いた肌には美白効果も生命力も感じられないよ

口から食べた物が、人間の身体を再生するための材料です。物体は、最初に作られた後は全く変化しませんが、人間の各組織は常に作りかえられています。肌だって、毎日作りかえられていると考えると、綺麗な肌を作るために必要な食べ物を、必死で探したくなるわけです。

確かに、食事と美肌を意識する女性が増えてきました。月間女性雑誌には、毎回、美肌に良い食品や料理レシピがびっしり書かれています。そのあまりに膨大な情報量に、『いったい、どれを食べれば、確実に綺麗になるのぉ~』と叫びたくなるほどです。 水色の花

きっと、女性誌に掲載されている全ての食品を、バランス良く食べればよいのでしょうけど、不可能です。美肌に良い食べ物だけを選んで食べたとしても、体調や睡眠時間や生活環境などによって、果たして思うような美肌がつくられるのか、先ずは、無理でしょう。

美白に限って考えても同じことです。それでも、出来るだけ効率よく、美白を作りたいと考えるなら、やっぱりサプリメントへの期待ということになるでしょうか。

美白だけじゃ、何かが足りない

化粧品を使って美白をするより、身体の中から美白になる食べ物を食べる方が理にかなっているけど、そんなに簡単ではありません。L-システインを含むビタミンCが、美白サプリとしてもてはやされてきましたが、そうそう効果が実感できる女性ばかりではなかったはずです。

先日、マスターホワイトを1ヵ月試してみて、美白サプリは年々、進化し始めていることを知りました。
保湿成分を配合した美白サプリ

美白成分に保湿成分のパワーが加わると、勢いが違うようよ

美白化粧品に保湿成分が欠かせないのは、今では、誰もが知るところ。美白サプリメントにも、保湿成分を配合しはじめたのです。

保湿成分と言えば、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、セラミドなどを思いつきます。これらの成分は、化粧品として直接肌につけるのは良いけど、口から食べれば消化されてしまい、意味がないと言われていたためにサプリへの期待感がありませんでした。ところが、大手の食品メーカーや製薬メーカーが、保湿成分のサプリを新聞などで宣伝し始めています。美白化粧品に保湿が欠かせないなら、美白サプリだって必要なはずですので、もし、効果があるなら大いに歓迎したいって考えます。

スポンサードリンク

メラニン抑制力のある厚生労働省が認可した美白成分は、確かにトーンは明るくなる気がします。ビタミンCサプリでも、効果の実感は感じた事あります。でも、若かったころの肌と同じと聞かれれば、やはり肌質感は違います。

例えて言うなら、造花の葉っぱと本物の葉っぱ。昨今の造花の葉っぱは、本物そっくりではあるけれど、太陽の光を受ければ本物に叶いません。生命を持たない葉っぱと、土から栄養をもらって葉脈に水分を蓄えている葉っぱとでは、生き生き感とかみずみずしさが違って見えます。

サプリで一般的になり始めた保湿成分を、美白サプリに取り込んだのがマスターホワイトです。グッと肌は、生命を吹き返しました気がします。受けた光を反射させ、濁りの無くなった肌に、若かったころの勢いを垣間見ます。配合されている、保湿成分は、プロテオグリカン、ヒアロコラーゲン、エラスチン、セラミドなどです。 保湿成分を配合した美白サプリ

毎日浴び続けている紫外線のダメージが気になる

美白サプリに保湿成分以外に欲しいのは、紫外線ダメージから守ってくれる成分。紫外線は、年齢による老化以上に肌にダメージを与えていると言われていながら、従来の美白サプリでは重要視されていませんでした。

マスターホワイトでは、紫外線のダメージに強いと言われている、アスタキサンチンやアセロラ、ビタミンEなどを配合して、黄ぐすみ、しみ、しわ、たるみなどのサポートが期待できます。 保湿成分を配合した美白サプリ

美肌をつくる縁の下の力持ちビタミンB群

美白とは直接関係ないけれど、ビタミンB2、ビタミンB6を配合して、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)をエネルギー変換するのをサポートさせています。

皮膚科医では、ニキビの治療薬として、ビタミンB2、ビタミンB6を処方しています。ビタミンB群の不足は、多くの肌トラブルを引き寄せます。肌荒れを進行させて、メラニン色素(シミの元)生成を増やしてしまいます。特にビタミンB6は、女性ホルモンの1つであるエストロゲン産生と関係しています。ご存知のとおり、エストロゲンは、女性の美肌を保つ大切なホルモンですよね。

従来の美白サプリとちょっぴり考え方を異にした、美白を作るための栄養バランスを意識しているのが、マスターホワイトの特徴ということです。

スポンサードリンク