リノレックS配合、エクイタンスホワイトロジーの魅力を探る!

広告

サンスターのリノレックSについて調べてみました

厚生労働省の医薬部外品の認可を受けた、美白成分『リノレックS』に興味を持っています。現在、美白で認可を受けた成分は10個のみ。

化粧品メーカーの独自美白成分は数多くあり、その研究と開発にしのぎを削っているのにもかかわらず、いまだにわずか10個しか認められていません。厚労省の認可成分に指定されるのは、すっごく難関なのです。何せ、役所ですから融通も利かないでしょうし。 リノレックS美白化粧品

サンスターが独自に開発した美白成分

しみの正体は、メラニン色素だってこと、ご存じでしょうか?メラニン色素は、増え続けるためにシミは濃くなって黒くなっていきます。

リノレックSは、サンスターが発見した、紅花から抽出したリノール酸由来の成分です。サンスターは、実際メラニンを作る細胞(メラサイト)を作り、片っぱしから成分を投与して、メラニン色素の生成を遅らせる成分を発見したという事です。

リノレックSは、メラニンを作る細胞であるメラサイトが、メラニン色素を作る際に使用するチロシナーゼという酵素を、分解してしまう働きがあります。美容の力は恐ろしいもので、チロシナーゼなんて覚えにくい言葉も、幾度となく新聞や雑誌で読んでいると、頭に入ります。

通常の美白化粧品は、チロシナーゼの働きを抑制さられても、チロシナーゼそのものの数を減らすことはできませんでした。画期的な働きなのですが、まだ多くの人がそのすごさを、理解していません。

肌ダメージが色素沈着になるまでと、チロシナーゼの関わり

長い間紫外線を受けたできたシミも、ニキビ跡の色素沈着も、チロシナーゼの働きがあってこそです。強い力でこすったりダメージが、チロシナーゼを呼び寄せて、次々にメラニン色素を作りだして色素が沈着していきます。

肌を守るためにつくられた、防護服のように肌を覆ってくれているメラニン色素は、そのまま肌に留まり続けるために、シミになっています。

メラニン色素沈着を解消するには、2つあります。

スポンサードリンク
  1. メラニン色素を少なくする肌が作りかえられる周期(ターンオーバー)のなかで、メラニン色素をスムーズに押し出す
  2. メラニン色素を余計に作らせない余分なメラサイトがメラニンを作り続けてしまう、メラニン代謝が狂いを戻す

メラニン色素が出ていかないで、肌に蓄積され続けるために、年齢を重なる度にどんどんシミは黒くなっていきます。

既にできたシミは、ビタミンC誘導体で対応

サンスターのリノレックSを配合した美容液に、ホワイトロジ―エッセンスWがあります。今日も読売新聞の半面に広告が出ていましたが、自信の美白美容液となっているはずです。

ホワイトロジ―エッセンスWは、2番の効果を促進させるためにビタミンC誘導体をさらに加えています。メラニン色素を単色化し、抗酸化力を持つことで知られているのは、ビタミンCです。より浸透力を上げ、より安定化させて変質しにくくしたビタミンC誘導体で、メラニンが黒くなるのを防いでくれます。

保湿成分も工夫して透明感をアップ

1番には、少しユニークな近年話題になっている保湿成分を使用しているのも、ホワイトロジーエッセンスの良いところです。月桃葉エキスは、抗菌作用や、肌本来の保湿組織であるヒアルロン酸などを、活性化して保湿機能を高める働きがあります。サクラ葉エキスには、保湿作用、抗炎症作用、美白作用肌荒れを防止する作用があります。たっぷり潤った肌は、新しい肌が育つには良い条件ですものね。

  • クレンジングオイル 20ml
  • 洗顔フォーム 16g
  • 薬用美白ローション 20ml
  • 薬用美白クリーム 5g

と、私のペースで考えると10日程度は、楽しめそうです。

使った感想


スポンサードリンク