スポンサードリンク

ビタミンCでなくてピクノジェノールでシミ対策をするわけ

日本サプリメント評議会の評価基準にクリアした、実力派サプリ

シミ対策で飲むサプリメントと聞くと、ビタミンCとLシステインが真っ先に思いつきます。その中に加えてもらいたいのは、ピクノジェノールです。

抗酸化力の高いといわれているビタミンCやビタミンEを、遥かに超えたパワーを持っているからです。ピクノジェノールは、ビタミンCの約340倍、ビタミンEの約170倍もの抗酸化力を持っているんですよ。 ピクノエース

価格もその働きも注目度は高い

あのスクワランで有名なHABA化粧品の1番人気サプリメント、ピクエースはシミ対策用となっています。

ピクノジェノール自信の働きには、肌にあるコラーゲンやタンパク質、エラスチンを結合させ、肌弾力を強化させたり、コラーゲンの分解を阻止する機能もあるそうです。体内のビタミンCやコエンザイムQ10の働きも助けます。さらに、抗炎症作用もあり、美肌に役立つ機能ばかりです。

実は、ハーバー(HABA)の商品カタログに、女性30代に投与した実験結果が載っていました。ピクノジェノール75mgを、1カ月間投与した結果

  • シミ濃度 22.4%減少
  • シミ範囲 37.7%減少
  • (効果には個人差があります。)

ピクエースは、日本サプリメント評議会の評価基準にクリアしたサプリメントです。日本サプリメント評議会の評議委員のコメントには、こうあります。『何よりもピクノジェノール製品の中ではかなり低価格であり、コストパフォーマンスを考慮しても十分に優れた製品であると思われる』なるほど、お得ということなのですね。

成分配合について

HABAのピクエースは、ピクノジェノールを主軸として、スクワレン、ビタミンEなどの抗酸化物質を、バランスよく入れ込んだ美容サプリです。男性も愛飲していて、その理由は血栓予防なんだとか?健康にもいいみたいです。

スポンサードリンク
ビタミンCの働きを助けるピクノジェノール

ビタミンCが、シミに効くサプリメントとして選ばれる理由は、抗酸化力です。他に、シミ自身を薄くする働きと、メラニン色素の生成を抑制します。

ピクノジェノールは、そうしたビタミンCを助けます。体内に取り込んだビタミンCを保護し、その効力を大きく増強させるのです。

人の体は、ビタミンCを合成させられない上に、ビタミンCは壊れやすく、毎日食事から採り続けなくてはなりません。体内のビタミンCを失わないようにすれば、ビタミンCのコラーゲン生成を促すこともできるのです。

一方、ピクノジェノールはコラーゲンとともに、肌の弾力を作っているエラスチンの作り直しを助けます。コラーゲンとエラスチンが増えることにより、肌は潤いを増やし、ターンオーバーを促進させます。

さらに古く取り残されたメラニンを、押し出します。つまり、できてしまったシミは、ビタミンCの各組織への働きかけによって、肌を作りかえるプロセスと一緒に押し出しているのです。この働きが、しみを薄くさせることを期待させるのです。

ピクノジェノールは、フランス海岸にある松のエキス

ピクノジェノールは、フランス海岸に生息する松エキスです。あれ?フランスの南西部の海岸に自生する”海岸松”と言えば、フラバンジェノールの事じゃないのと思いました。

実はピクノジェノールもフラバンジェノールも同じです。ピクノジェノールは、スイスのホーファー・リサーチ社の登録商標で、フラバンジェノールは、株式会社東洋新薬の商標なのですよ。

サプリメント先進国のアメリカでは、その機能性について評価され、サプリメントランキングでトップを占めています。国際的な特許も取得されています。欧州では、飲む化粧品とも呼ばれていて、多くの女性に利用されているそうです。

 

ひとことメモ

スクワランオイルと洗顔石けんのシンプルケアは、ちょっとしたプレゼントに喜ばれます。

 

スポンサードリンク