エステ化粧品で使用している馬プラセンタ化粧品とは

広告

肌感触や満たされ方が違うよね

人気の脱毛エステティックサロン『ミュゼプラチナム』で使用されている、馬プラセンタ化粧品『ディセンタ』を使用してみました。 馬プラセンタ化粧品ディセンタ

エステ化粧品であることに期待

ミュゼプラチナムは、全国に133店舗、会員数142万名を持つ、脱毛専門のエステティックサロンです。

敷居が高いとされたエステティックサロンでも、普通の女子でも気軽に行うのが脱毛の施術です。エステで脱毛を行う理由は、脱毛後の肌の状態を綺麗に保ちたいからです。

”脱毛にかかる肌ダメージの回復は勿論、脱毛前よりもっと綺麗にならないかな”って期待している女子もいるはずです。だって、エステティックサロンですもの。

期待値も大きいだけに結果出ないと、競争の激しい脱毛エステサロンは、リピート客が望めません。口コミ投稿を待つまでも無く、来店してくるお客様の声を直に入ってくる、お客の声は量も多く正確です。

『ディセンタ(De;Center)』は、お客様の満足度が86%だそうです。

トライアルを使ってみました

手軽に購入できるトライアルがあるので、使用してみました。 馬プラセンタ化粧品ディセンタ

ディセンタのスキンケアは、3アイテムのシンプルラインです。洗顔から始まるトライアルと違って、梱包も簡易で、エステのイメージから拍子抜けした気がしました。 スキンケアの中身は。

  • さっぱり潤うローション 15ml
  • しっとり潤うローション 15ml
  • ディセンタゲルクリーム 3g
第一印象は、優しいラベンダーの香りが心地よい

ニュージーランド産のサラブレッド馬プラセンタを主成分とするスキンケアは、人間の肌ににた馬を使用していることから、すっーうっと浸透してくれます。その後、ふっくら感を楽しむことができました。

スポンサードリンク

また、馬で、さらにサラブレット馬を使用しているということから、ごっついイメージがありましたが、ラベンダーの柔らかい香りに包まれます。上品な香りに癒されて、『なるほど、エステ化粧品の風格があるわね。』と考えます。

ローション

ローションが2種類あります。通常どちらか一方を購入するようになるのでしょうが、私は、さっぱりの後にしっとりをつけたりと色々行ってみました。

正規品もそうですが、トライアルも、さっぱりとしっとりは、表のラベルだけではわかりにくかったりします。 ディセンシア

実際開けてみると、見た目はサラサラ化粧水と、コッテリ濁った化粧水とで異なっているのがわかります。浸透力はどちらも同じように感じましたので、後はつけ終わった後の潤い感のみが違うようです。

こちらが、さっぱりローション (ほとんど、水のようにサラサラです。) 馬プラセンタ化粧品ディセンタ

しっとりローション(かなり濁っています。) 馬プラセンタ ローション

ゲル

説明書では、パール2~4個分とありましたが、1個分くらいでも、よく伸び十分潤いを感じます。

プラセンタ独自の肌内部はこってりと満腹感で満たされるのに、表面はベタベタしないでさらっとしている感触を楽しむことができます。

使用している馬プラセンタの質が良からでしょうか、変に肌が持たれることなく、潤いが続きます。肌が持たれるとは、胃もたれするような重苦しさがないことかな?

こちらに、馬プラセンタの品質について書いてみましたので、よかったらどうぞ。

スポンサードリンク