肌の漂白剤と異名をとるハイドロキノンで、効率よくしみ撲滅

広告

シミを漂白?肌全体のツヤ感をアップさせれば目立たなくなる

そもそも、顔のシミや肝班を直そうと、美容皮膚科へ足を運ぶ女性がどれ位いるのでしょうか?治療費がかかりそうという恐怖も手伝って、『そこまでしなくてもいいかな?』というのが、本音のところであるはずです。 ラグジュアリーホワイトトライアル

シミの漂白のために美容皮膚科へ行くのは気が重い

でも、鏡を見ながら、若い頃の紫外線対策をしっかりしなかった自分への愚痴は、毎日のように出ます。ニキビ痕の色素沈着、日焼けによるしみ、年齢による肝班と、年齢を重ねるごとに次々と現れてきます。

皮膚の色が変わるほどダメージを受けているのだから(お尻にシミがないよね)、専門医の治療を受けるべきなのに、切り傷や骨折とは違って、女心に反して世間では『シミごときで病院なんて』というのが、一般的です。

医師の処方が必要なハイドロキノンを使うためには

皮膚科では、シミの色を薄くしてくれるハイドロキノンを、処方します。通常化粧品に配合されているビタミンCより、できたシミに、何倍もの効果があるそうです。美白化粧品はたくさんあれど、できたシミの色に対して作用するのは、ビタミンCとハイドロキノンと限定されます。

ハイドロキノンは通常の美白成分の10倍の効果

一方、しみを予防するための配合されている美白成分は、ビタミンC、コウジ酸、アルブチンなどです。これら美白成分と比較して、ハイドロキノンは10倍から100倍の効果があるのです。使いたいと思うはずです。

アメリカでは20年以上も前から医療品として使われてきているし、薬局やドラッグストアでも、早くから購入できるようになっていました。そのため日本女性は、個人で輸入してハイドロキノンを買っていたほどです。

ハイドロキノンの弱点

そのため、効果があるけれども取り扱いが難しく、長期間、空気に触れると酸化したり、物質が変質したりすることがあります。光にも熱にも弱く、ハイドロキノンを最初使いはじめた頃は、冷蔵庫で保存してければ悪くなったのです。ハイドロキノンの濃度が高くても、肌荒れの心配もあります。このため、医師による処方に基づいて使うのが望ましいとされていました。

いち早く取り入れたアメリカでは、配合濃度に制限があります。

この頃は、日本でも市販のクリームにハイドロキノン配合の文字を見るようになりました。肌質を問わずに市販で購入できるようになったのは、濃度を低くし、リスクを測りながらのことと想像できます。冷蔵保存の指定文字も見なくなりましたので、安定化の研究はグーンと進んだのでしょう。でも・・・やはり不安は伴います。 ラグジュアリーホワイトトライアル

シミ治療行っている皮膚科が開発したハイドロキノン美容液なら

もし、美肌にこだわる女性、シミでさえも美容皮膚科で治療を受けて何とかしたいと願うような女性が通う、クリニックがあるとします。そのクリニックで、使用されている美白化粧品が、購入できたらどうしますか?

セレブ感のある化粧品を使ってみたい

そういう女性は、通常の私たちが見過ごしていたわずかな色素沈着やくすみでさえ、見逃さないはずです。皮膚科にまで足を運ぶわけではなく、ドキドキしながら受付の前で会計を待つこともなく、市販で購入が可能になるのです。『私はセレブでないから』と尻込みしていた方も、グーンと敷居が低くなり、セレブ感のある化粧品を自宅で試せます。やっぱり使ってみたくなりますでしょう?

ハイドロキノンをより安定させた

中目黒にある、ウォブクリニックの総院長である高瀬聡子医師が、取り扱いが難しいハイドロキノンを安定化させて、化粧品に配合した美白美容液があります。美容液の名前は、『ラグジュアリー ホワイトコンセントレート HQ110』。 ラグジュアリーホワイトトライアル

ハイドロキノンが、酸素に触れることなくBCDACという物質にくるまれて、化粧品の中に入れ込んでいます。通常のハイドロキノンより、安全性を考慮した高瀬聡子医師のオリジナルで、名前を新安定型ハイドロキノンと名付けています。

毎日、女性の肌悩みの相談を受けている医師であるので、ハイドロキノンの長所も短所も熟知しているということが、安心材料です。研究室で試験管の中だけではない、人の肌をみている方だから安心なのです。

ラグジュアリーホワイトシリーズはリニューアルした

今年(2014年)2月に、高瀬聡子医師が開発した、美白化粧品(ラグジュアリーホワイトシリーズ)はリニューアルしました。前回のトライアルを使用したことがありますが、上記ハイドロキノン配合美容液(コンセントレートHQ110)の使用感が上がっています。

新しいラグジュアリーホワイトシリーズについて

前回より肌なじみが上がり、低刺激になっていることに気づきました。

しみや色素沈着だけを改善するのではなく、肌質を改善させて、ハリとツヤをあげることで、既にあるシミは気にならなくできるのですね。時代は、スポットケアでなく、顔全体の面のケアに流れが変わっているような気がいたしました。

スポンサードリンク
新安定型ハイドロキノン美容液

前回のラグジュアリーシリーズは、色の変化が比較的早かったのに対し、今回はシミ自身の変化は、はっきりとわかりません。うっすらと肌のトーンが明るくなるのに合わせて、シミの部分も明るくなっていくようです。

通常、美白化粧品は、シミ周囲の肌がワントーンが明るくなって、シミが余計に目立ちます。シミだけが浮きだつことがないということは、シミがうすくなっているのでしょう。

新安定型ハイドロキノン美容液は、洗顔後、ローションをぬる前にシミの部分だけにつけます。洗顔で水分を失った肌だけに、浸透力を感じます。美容液そのものが、しっとり感とマイルドで、浸透はやさしくなります。

メラニン抑制力が強いので、夜用美容液です。朝つけて失敗しないようにしてください。 ラグジュアリーホワイトトライアル

保湿がじんわり化粧水

浸透力や保湿力のパワーアップを実感したのは化粧水です。『ラグジュアリーホワイト ローションAO II』。 ラグジュアリーホワイトAOローション

AOカプセルと言われるナノカプセルの中に、新安定型ハイドロキノン、即効性ビタミンC誘導体、αリポ酸、レスベラトロール、マキベリーエキスを封じ込めています。均一に組み合わせた成分が肌全体に入り込みます。

上記いずれも抗酸化力をもつ成分で、紫外線が及ぼす影響を和らげてくれます。 ラグジュアリーホワイトトAOⅡ

薬用美容液

2014年モンドセレクション金賞を受賞した、昼用の薬用美容液です。『ラグジュアリー ホワイト 薬用アクティブフォーミュラ』。 アクティブフォーミラー

テスクチャ-は、美容液と言うより乳液と呼ぶにふさわしいほど、潤いが実感できました。じっとり感の持続も高く、翌日のメイクノリにとメイク持ちに満足すると思います。

新安定型ハイドロキノンに加えて、アルブチン(ハイドロキノン誘導体)とビタミンCを配合して、美白効果作用をパワーアップしています。しっとり感の原因は、ヒアルロン酸Naのせいでしょうか?他、セレブロシド、酵母エキスなども配合して、込み上げる潤いにピーンと張られる肌になりました。 ラグジュアリーホワイト薬用アクティブフォーミラー

美容液+乳液+ゲルがプラスになった、エマルジョンゲル

今回のトライアルは、美白クリームを配合していません。美白クリームより、こってり感は少ないものの、肌なじみに関しては抜群です。『ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX』。 エマルジョンゲル

美容液以上に美白成分とフルーツ成分を詰め込み、乳液以上に水分を封じ込めハリをアップさせます。ゲル以上のプルンプルン感はあるのに、ゲルにありがちなつっぱり感がありません。

上記美容液と同様に、2014年モンドセレクション金賞を受賞しています。

今回美白ラインに加えられるのは、私、個人的には想定外でした。どちらかというとエイジングケアっぽい要素を含んだエマルジョンゲルですが、アンプルールの良さが分かる品を知る良いチャンスとなりそうです。 エマルジョンゲルEX

洗顔料とクレンジング

前回チューブであったのが、2パウチずつとなった洗顔料とクレンジングです。どちらも、使い終わった後、キメが細かくそろい画期的でしたが、今回はエマルジョンゲルの方に優先順位を上げたようです。 ラグジュアリーホワイトクレンジング

化粧水のところで書きました、新機能であるAOカプセルを採用していて、前回以上に洗顔後の肌が滑らかでした。今回トライアルでパウチになったのは、もったいないと考えますが、やむを得ないでしょう。

洗顔料は、ネットで泡を立てて泡の弾力を実感してみていください。公式サイトにはあまり書かれていませんが、泡とは思えないほどの弾力感があります。 ラグジュアリーホワイト洗顔料


スポンサードリンク