UV乳液を見つけたので、メイクをしない時は下地はいらない

広告

ほんのり肌色の日焼け止め、すっぴんでも、下地としても

シミを作らせない一番の予防は、紫外線対策です。UVケアを完璧にして紫外線を遮断すれば、美白化粧品を使うことありません。そんなことありえませんけど。 日焼け止め乳液

紫外線のダメージは人によって違う

同じように紫外線を受けても、全く何事もなかったかのようにシミを作らない人と、直ぐに赤みやかゆみ、カサカサ肌に悩まされる方といます。肌のスキンバリアが丈夫で、紫外線を吸収させずにダメージを小さい健康肌の人と、直ぐに外部の刺激にまけてしまう敏感肌の人との差です。

肌が弱い人向けのUV対策用化粧品を見ますが、同じ量の紫外線を浴びても、受けるダメージが大きいのなら、敏感肌を守るUV防止乳液があってもおかしくはないと考えます。

写真は、『アンテリオス XL フリュイド ティント SPF50+ PA++++』という敏感肌の方のための乳液です。ラロッシュポゼという、皮膚科が患者に勧める化粧品のメーカーからでていて、特に紫外線に弱い方が対象です。

アンテリオス XLの容器は、取り出し口が横に突起していて、何とも個性的でかわいいのです❤ 日焼け止め乳液

梨花さんが勧める、『UVイデア XLティント』よりさらに敏感肌よりの方のために作られています。しかも、こちらは下地ではなく乳液。 日焼け止め乳液

ポゼのUV乳液をつけてみた

実際つけて見ました。無色の物もありますが、ほんのり肌色に色が入っている方を使いました。スッピンで出かけたいけど、顔のシミが気になってと言う時に便利な色付きで、すっぴんに自信がない人には、便利なアイテムとなります。 日焼け止め乳液

スポンサードリンク

休日などハードなメイクは辛いですものね。

ターマルウォーターが配合されているだけに、1日つけていると、ふっくらします。メイクもしないのに、紫外線防止のためにだけ、下地までつけるのに抵抗がありましたけど、UV配合の乳液は便利です。

しっかりと、保湿してくれて持続力もありましたし、夕方の洗顔後がやっぱり違う。表面が柔らかくて、肌ざわりもいいんです。楽ちん。

ポゼのUV乳液の特徴は?

ラロッシュ ポゼの日焼け止めの特徴は、UVフィルターシステム「メキゾフレックス」という独自の技術が、シミやそばかすを防いでくれます。また、日本化粧品工業連合会によって設定されたUVAの防御率の最高レベル「PA++++」に該当する値を持っています。

UVAは、肌の弾力部分にまで到達し、シミだけでなくたるみやシワの原因となる紫外線です。UVBの防御率にしてもSPF50と、他では見られないほど高いのも目を引きます。これだけの、高いUV防御率を持ちながら、肌ダメージを抑えているというのが魅力となっているのですね。

パッケージは新基準前の表示の場合もあり

ラロッシュ ポゼからプレゼントされた時は、PAの基準が3段階だったために、パッケージはPA+++のままです。

2013年1月から基準の再分割化がされましたので、今発売の物はPA++++になっています。 日焼け止め乳液

しみは、毎日少しづつ、肌にダメージを積み重ねた結果に起こるものです。積み重なる量を、減らす努力をすれば、シミができる日は先に伸ばすことができます。

ラ ロッシュ ポゼ化粧品一覧をまとめてみました。

スポンサードリンク