広告 

シミのためなら、レーザー治療もなんのそのという方

しみのレーザー治療と言うと、フォトシルクプラス、Qスイッチルビレーザー、QスイッチYAGレーザーと、多種類あります。この頃注目を浴びているのが、フォトシルクプラスです。 病院ロビー

フォトフェイシャルよりも2世代新しく、シミ治療でありながら、コラーゲンを増やしますので、同時に肌質や化粧のりが良くなるといった実感を持てます。

従来、レーザー治療で回復が難しかった肝班や広範囲に散らばったようなソバカス、形のはっきりしないパラパラとしたシミなどにも効果があります。

フォトシルクプラスで期待できる肌トラブル

フォトシルクプラスで、治療できるシミの種類は下記のとおりです。

  • 肝班 メラニンだけにターゲットとし表皮に浮かび上がらせる
  • しみ・そばかす メラニン色素に光が吸収されはたらきかけることで、メラニンを浮かび上がらせる
  • 赤ら顔
     血中の酸化ヘモグロビンに光が吸収され、皮膚の色ムラを改善し、均一な色に戻す
  • 小ジワ・毛穴の開き 原因である線維芽細胞の働きを活性化させるために、コラーゲンを増殖しハリと弾力を戻す

ぼんやりしたシミや、何となくシミ予備軍で奥の方に潜んでいるメラニンにも光が吸収されますので、肌全体が均一の色になり、透明感を得ることができます。

コラーゲン生成する組織にも働きかけるために、シミをとりたいという気持ちでレーザー治療を行ったのにもかかわらず、ピチピチ肌で思わぬ効果を得られるでしょう。

フォトシルクプラスの安全性

フォトシルクプラスが、従来の光治療よりも安全だと言われる理由は、シミ・クスミの元であるメラニン色素のみにターゲットを絞り光を吸収させていることです。健康な皮膚へのダメージを、最小限にしているのですね。

また、フォトシルクプラスの光は、熱が水分に吸収されることがないために、肌のやけどを防ぐことができます。

スポンサードリンク

しみ・くすみのない肌への回復時間

レーザー治療と言うと、レーザー後はひどいかさぶたになり、メイクもできないでマスクをして出勤といったイメージがありますが、フォトシルクプラスは違います。

治療後、メラニンが浮き上がり黒いゴマのようなものや、多少赤みがでるものの、施術後には、メイクができるほど、肌の状態は良好です。

施術時間も短く、麻酔もジェルなどで十分痛みを小さくできます。ちょっと、歯医者さんへ行ってくるくらいの気持ちで、レーザー治療が受けられるんですよ。

いずれにしても、レーザー施術した後の回復期間は、紫外線を避け安静にしていなくてはなりません。回復期間を過ぎ、当初予定したレーザーの回数分だけ施術したものの、思うような結果が得られない場合は、合わないと判断して止める勇気も必要です。レーザーだけでなく、シミをとる方法はありますので、諦めないことが大切です。

しみレーザー治療を行うクリニック選びの方法

レーザー治療を行う上でクリニックの選び方は、やはり症例数の多い所で、レーザー機器が確かな性能のものを置いてあるところです。症例数が多いということは、多くの患者さんの肌にマッチした治療を行ってくれるということです。

また、施術は、レーザーの専門医の有資格を持っている医者が行うクリニックであることは言うまでもありません。

施術にかかる金額や、回数、アフターケアのやり方なども事前に確認しておきます。レーザーは物理的に、シミを除去する感覚(厳密にはダメージによるターンオーバーの促進なのですが)で、一時的なものです。

シミができやすい肌質そのものを、改善する訳ではありません。日々のお手入れや、紫外線対策の心得がないまま、レーザーだけに期待するのは無謀です。

ところで、クリニックで使われているレーザー技術を利用して、ガクンと弱くした家庭用フラクショナルレーザー美顔器があります。 こちらの記事で使用してみましたので、よかったらご覧ください。

スポンサードリンク