目の下のクマは生まれつきできやすい人と、できる原因

広告

目の下のクマは、体質と生活習慣の組み合わせで

若いのに目の下に、クマがある方がおります。一方、睡眠は十分と言いながらも、クマができているとぼやいている方もいます。目の下のクマってどうやってできるのか、不思議に思うことありませんか?

実は、目の下のクマができる人を分けると、生まれつきできやすい体質の方と、くまができやすい生活習慣を送っている方と、加齢でくまができてしまう方の3パターンです。目の下のクマ

目の下のくまが生まれつきならば、カバーするケアも必要

つまり、目の下のくまは、顔の骨格や皮膚の厚さ、紫外線への抵抗力も関係していますので、クマのお手入れだけでは消えない場合もあります。コントロールカラーやコンシーラーを併用させて、カバーするケアも必要なのです。

クマの原因毎に、できやすい人と生活習慣を調査

さらに、クマはできる原因によって3種類に分けられます。目の下のクマの種類ごとを、判別する方法があります。必ずしも1種類だけではなく、2つ3つの複合的な原因で、クマを作っていることもあります。クマの原因の数だけ、お手入れを重ねてクマを薄くしていかなければなりません。

  • 青クマ
    睡眠不足や冷えなどで血流が低下することが原因。目尻を軽く横に引っ張って、薄くなったら青クマ。
  • 茶クマ
    紫外線やメイク時の摩擦による色素沈着が原因。目尻を軽く横に引っ張ってみて、薄くならなかったら茶クマです。
  • 黒クマ
    加齢により皮膚の弾力が衰えると、たるみが生じ、たるみの影が黒くなることが原因。上を向いた際に、薄くなると黒クマ。
青クマ

青クマは大きく分けると血行不良と、目の周りの皮膚の厚さが関係しています。 血行不良の原因は、生まれつきの冷え体質、疲労や寝不足、貧血などです。

冷え体質の方は体を温める食材、貧血の方は鉄分を多く含む食品を食べるようにします。青クマができやすい人は、体を冷やす冷たい飲料水や生野菜を好む傾向があります。こうした体を冷やす食べ物は、胃腸の機能を弱らせて血行が悪くなるので、避けるようにします。

疲労や寝不足なと、一時的な生活が原因によるくまは、休養を充分にとれば解消できます

青クマを消すのが難しい方もおります。生まれつき目の下の皮膚が薄く、色白で血管が透けて見えやすい人です。こうした方の中にも、血行不良の方がいますので、食事や生活習慣に気を配ります。

皮膚が薄い人を厚くするなんてことは、そう簡単にできません。目の周りの血流をアップさせて、皮膚に透けにくい血液の色をめざします。マッサージやつぼ押し、目のエクササイズなどを、日常のケアに加えると良いでしょう。

スポンサードリンク

アイクリームを探すなら、血行促進成分である、ビタミンEやビタミンP誘導体(ヘスペリジン)、血管を広げる作用があるカフェイン配合などです。加えて、ビタミンKが含まれる、アボガド油、ローズヒップ油、キョウニン油、ダイズ発酵エキスなども、良いとされています。

茶クマ

茶クマは、紫外線やメイクやマッサージ時の摩擦が、色素沈着してつくられるものです。顔に刺激が加わって作られることから、後天的な要因が強いと思われがちですが、生まれながらの体質が原因の場合もあります。

紫外線でつくられる茶クマは、日に当たるとすぐに赤くなって黒くなる人、赤くならずに黒くなる人がなりやすいとされています。メラニンを作りやすい体質の人です。花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の方も、何度も顔をこすってくまを作ることがあります。

他、乾燥肌の方、メイクの時強くこする癖のある方、化粧品によるかぶれも、茶クマの要因です。

いずれにしても、メラニンが皮膚の中に蓄積していますので、美白ケアと同じお手入れになります。刺激を受けた皮膚の炎症を抑え、メラニン色素を皮膚の外へ押し出すケアです。美白ケアで、茶クマが容易にとれなければ、シミを薄くするといわれているハイドロキノンや、トレチノインを使用することもありです。

美白成分のアイクリームの他を探すなら、肌の内側から環境を整えるコラーゲンをサポートするものです。ビタミンCや、肌を構成する複数のペプチド成分が、該当します。

黒クマ

加齢により肌が乾燥しはじめると、肌内部の弾力成分も失われていきます。ハリの低下から皮膚がたるみ、目の下もたるみのために凸凹していきます。黒クマの原因は、加齢ですので、エイジングケアを中心に行います。

しかし、若くても目鼻立ちがはっきりした方、特に目の大きい方は、肌に起伏が生じて黒クマになる人もいます。また、生まれながらに目の周りに脂肪が少ない方も、凸凹が生じで黒クマを作ります。

黒クマは、コンシーラーでは隠しにくいといわれていますが、発色の良い口紅などを使用してみると分かりにくいです。RMSなどの極力肌に悪い成分を、含まないリップもあり、目の下でも安心して使えます。

アイクリームを探すなら、ハリ感をアップさせるレチノールや、茶クマ同様コラーゲンをサポートするビタミンCやペプチド成分を配合しているものです。 黒クマに良いといわれている、アイキララをこちらの記事で紹介しています。

美容医療での黒クマ対応は、凸凹が気になる部分に、ヒアルロン酸を注入して起伏を目立たなくさせる方法もあるようです。

スポンサードリンク