スポンサードリンク

エイジングケアを始める年齢は、未来志向か現実主義化で決まる

美容は予防か?対症療法か?

エイジングケアを始める年齢は、その方の美容に対する、立ち位置によって決まります。未来志向のエイジングケアは、今あるコンプレックスは全て受け止め、将来のトラブルに備えてケアを行うことです。逆に現実主義のエイジングケアは、今あるコンプレックスに対する対症療法になります。

未来志向のエイジングケアは30代

未来志向のエイジングケアの場合は、予防美容的とも言えるでしょう。肌のトラブルが顕著に現れる前ですので、モチベーションは上がりません。『よぉーしなんとかしなくちゃ。』といった闘士がわかないのです。未来志向型エイジングケア

しかし、早期からケアを始めるので、肌に大きなダメージをかけることはありません。筋力が衰えてから行う筋力トレーニングはきついけれど、若いうちから筋肉を蓄え続けていれば、楽な筋トレの継続で済むのと似ています。

未来志向のエイジングケアを望む人は、肌のトラブルの原因を研究している方です。紫外線や洗顔が及ぼす肌へのダメージを知っています。加齢による肌の乾燥も、良くご存じなはず。スマホの見過ぎで顔がたるんだり、睡眠不足や過度なダイエットが肌荒れの原因であることも分かっているでしょう。

年齢は、肌のコンプレックスが深刻になる前の、20代から30代といったところでしょうか? ただ、20代は多くのスキンケアのお試し期間で、好奇心旺盛な時期です。美肌のホルモンといわれるエストロゲンの分泌量がピークでもあるので、少々、肌に無理を強いても回復力が高く、コスメで冒険をしてしまうものです。

冒険をしつくした20代は、貴重な時期です。多くのコスメの失敗体験や成功体験が積んで、30代行のコスメ選びに役立ちます。未来志向のエイジングケアに、つながるはずです。

ちょっぴり目の肥えた30代は、肌の不調が現れ始めることもあり、未来志向のエイジングケアの始め時となるのです。

現実主義のエイジングケアは、やばいと思った年齢

実はエイジングケアというと、つい2~3年前まではアラフォー(40代)という暗黙の意識がありました。女性の美容に対する意識が高まり、コスメの技術が上がるにつれて、もっと早くから行うべしといわれるようになっています。 現実主義エイジングケア

スポンサードリンク

とはいっても、現実はどうでしょう?多くの女性がエイジングケアに切り替え時は、深刻な肌トラブルを見つけた時です。くすみ?しわ?たるみ?といったところでしょうか?つまり、現実主義のエイジングケアは、女性が『やばい』と思った年齢になるのです。

かつて、百貨店のコスメカウンターの美容部員は、通りがかりの女性に声をかける時、その女性の肌トラブルを指摘していました。現在は行われていないようで、肌の不調は、自己責任で管理しなければなりません。不愉快な思いをしなくなり、良かったのですが、自分の肌の不調を客観的に指摘される機会がなくなりました。残念な一面もあるのです。

昨今のエイジングケアのアイテムは、スキンケア化粧品だけでなく、レーザーやEMSなどの美顔器、エステサロン、サプリメント、食事療法と、それはもう、数え切れないほどです。肌悩みが深刻であればあるほど、行うケアもそれなりになります。

『ケアがそれなりになる』とは、時にはやり過ぎたり、肌に負担がかかり過ぎたりするということです。深刻度が軽ければ軽いほど、肌負担は小さくなると言えるでしょう。エイジングケアは、早く行うべしといわれる所以です。

だから、未来志向のエイジングが良いと断言はできません。だって、ガン予防に余念がない方が、ガンになったりするじゃないですか?なにかあった時に、打つ手がキチンと用意されている、今のエイジングケアのアイテムの面々に、敬意を持っています

未来志向のエイジングケアを行っていても、いずれは現実主義のエイジングに移行せざるを得なくなります。

未来志向のエイジングケアは何から始めるべきか?

多くのスキンケアで、揺るぎのない事実があります。それは、どんな肌トラブルにも、うるおいが大切であることです。美白や乾燥肌のみならず、ニキビや脂性肌にもうるおいなくして、改善が難しいとされています。

肌トラブルに注力したのではなく、こんな肌の基本にかえってつくられたスキンケアがあります。30代から始める未来志向のエイジングケアにぴったり。私がこちらの記事に書いたように体感したので、そう思えたのです。

スポンサードリンク