シミを追い出す助っ人に、馬セラミドと馬プラセンタ原液を選んだ

広告

肌代謝をアップさせ、シミを押しだす方法の紹介

シミも二つ目が現れたら、肌環境のチェックが必要です。

  • 乾燥していませんか?
  • 最近、洗顔料を変えていませんか?
  • ストレスのたまることばかりしていませんか?

いろいろ考えても思い当たる節がなかったら、残念ながら、肌の働きが弱くなっているせいです。保湿だけでは、肌代謝アップは難しくなります。 プラセラ原液

肌代謝とシミ

シミは、自然に押し出されるシミの元、メラニン色素が肌内部に残ってしまうためです。肌を作り代えるの周期が早く勢いがあれば、メラニン色素を押し上げて、肌の外に押し出せられますが、年齢が増えるに従い弱くなってしまうのです。

肌代謝を上げる要因は、いろいろありますが、細胞を活性化させる成長因子の働きは見逃せません。また、肌の材料であるアミノ酸も、豊富にあった方が良さそうです。こんなことから、成長因子やアミノ酸を豊富に含むプラセンタに注目が集まったのです。

プラセンタの中には、おおよそ18種類のアミノ酸が含まれていると言います。

肌代謝は、角質層の健康度によっても影響を受けます。角質層が、常に外部の刺激に反応すると、健康な角質層が剥がれ落ち、肌代謝が間に合わなくなります。

角質層が外部の刺激に負けない、健康な状態を保つためには、セラミドの存在は欠かせないのです。

馬由来の美容液で肌パワーをアップ

プラセラ美容液って、ごぞんじですか? プラセンタエキスとセラミドオイルを一緒に配合した原液です。2016年1月20日にリニューアルして、馬サイタイエキスも加わっています。

いずれにしても、今までありそうでなかったこの組み合わせです。しかも、馬由来のセラミド化粧品は、高級品とされていましたのでなおさらです。

プラセラの原料である馬は、厳しい審査を受けたサラブレッド

プラセラ美容液は、リバテープ製薬という絆創こうを作っていた、100年以上も続く老舗の化粧品です。

リバテープ製薬の化粧品はリマーユシリーズと言われて、他に馬油を使用したシャンプーなども開発しています。 このシャンプーは、女性だけでなく、抜け毛の気になる男性や敏感肌のアレルギーを起こしやすい子供にも安心と聞いています。

原材料である馬は、雄大な土地、北海道で、優良な競走馬を育てるのと同じ環境、草・木・土壌の中で育ったサラブレッドです。

契約牧場を持ち、ずっと馬の主原料にして化粧品を開発してきたメーカーなので、馬の胎盤(プラセンタ)を使用した美容液であっても、安心して使えます。 牧場の画像

馬のプラセンタエキスには、すごパワーがある

馬はもともと、1度に1頭しか生みませんので、他の動物と比較すると栄養素の高さには誇るべきものがあります。 馬プラセンタエキスには、天然保湿因子(NMF)とアミノ酸・成長因子(GF)の2つの栄養素から構成されています。

天然保湿因子は、人間の肌の表面を多く何層にも重なった角質層を、構成する成分です。 水分を封じ込め、ふっくらとした肌を作るには、天然保湿因子は欠かせません。

成長因子は、肌を作りかえる働きを助けてくれます。シミが何年も残るのは、新しく作られた肌の押しだす力が弱いためです。

肌細胞に活力を与える力があることから、兵士やアスリートのけがなどにも利用されたことがあるそうです。

スポンサードリンク
馬由来のセラミドでしっかり保湿

馬由来のセラミドは、ウマスフィンゴ糖質といわれ、天然から抽出したセラミドの中で1番、人の肌に近いセラミドと言われています。 セラミドは、上記の天然保湿因子とともに、角質層の構成成分の一つであり、要となっているものです。セラミドが増えることにより、保湿効果は高められます。しかも、馬のセラミドと天然保湿因子は、人間の肌のものと似ているので、肌なじみが良い性質があります。

馬サイタイエキス

おなかの中の赤ちゃんと胎盤をつなぐへその緒を、サイタイと呼ばれています。民間療法ですが、大病を患った時は、サイタイを煎じて飲めと言われているほど、秘められたパワーがあるとか。サイタイから取り出されたエキスには、天然のヒアルロン酸、アミノ酸、コンドロイチンが、含まれています。

ヒアルロン酸によって、水分も呼び寄せ肌に、潤いをもたらしてくれそうです。ハリと同時に、セラミドやプラセンタの働きを助けてくれるに違いありません。さらに、サイタイエキスには、メラニンの合成を抑制する働きもあるそうです。シミ予防にもなりそう。

気になるシミよ出て行ってくれ♪

シミを自らの肌力で押しだせるように、助太刀をさせるためにリマーユのプラセラ原液を使ってみることにしました。 かわいい紙袋の中に入って、購入美容液と言うよりはお友達にプレゼントを、もらってみたいなほんわか気分です。 プラセラ原液

原液なので、直接シミの部分に、つければ強力なパワーが期待できます。 顔全体の黒ずみが気になる場合は、化粧水や乳液に数滴混ぜで全体にいきわたらせれば、少しずつ透明肌を取り戻せます。

私は原液の意味が分からず、普通の美容液のように顔全体につけたら、毛穴がすっごく小さくなってしまいました。私のような凸凹の肌の人は、こう言う使い方もありかなと思いましたよ。(*^-゜)vしっかしー、妙に顔がかゆいので、やっぱりつけすぎだったようです。 プラセラ原液

馬ずくしの美容液、プラセラを体感

スポイトタイプなので、使う量の微調整にいいですね。 スポイトの上にプラッチックのふたがあって、万が一スポイトを破損してもふたに困ることはなさそう・・・ プラセラ原液

数滴とって、シミやシワの気になるところにつけます。 とろっとした化粧水の後につけても大丈夫かなって思いましたが、全く、何事もなかったようにするするっと入り込んでいきます。 プラセラ原液プラセラ原液

馬油の浸透力はすごいと言われていますが、思いの外驚けます。

つけた後の肌はサラサラです。プラセラ自身が、スポイトにとった時は濁っていますが、肌にのせるとサラサラの液体です。見た目とは違うのですね。 一緒につける化粧品を選ばず使えるので、便利そうです。

しっとり感やふっくら感と言うよりは、もう少し弾力感の一歩手前ぐらいまで、期待できるパワー有の気がします。

スポンサードリンク