広告 

トライアルでラインで試せるお得なセットを比較

色白になるには、紫外線対策と一緒に保湿ケアとかエイジングも行うと、効果が高くなります。
とはいえ、美白スキンケアの真髄となると、メラニン抑制です。

肌の色を決めているのは、2種類のメラニン色素だからです。

つ・ま・り色白になるためには、メラニン色素を増やさない、作らないことが目的となります。
美白化粧品の多くの目的は、メラニン抑制です。

bihakujyuni美白スキンケアランキング商品名を押すと詳細記事へ1位 ビーグレン・ホワイトクリームexセット
2位 アンプルール・美白トライアル
3位 デッセンシア・サエル
4位 三省製薬・デルメッド
5位 資生堂・エレクシール・ホワイト
6位 ヤクルト・リベシィ・ホワイト
順位は、私が使った個人的な使用感から決めています。
時々見直しをいたします。

 

美白スキンケアって何?

メラニン色素は、日焼けをして紫外線のダメージを受けた時に、肌を守るための緊急対策として作られます。
また、何度もこすったり刺激の強い化粧品を使って、肌にダメージを受けた時も、メラニンが過剰に作られます。

常に日焼けをしていたり、肌表面をこすり続けると、メラニンはいつも作られ続けてしまいます。
そして、いつの間にかメラニンの暴走してしまうのです。
日焼けが戻らず、色グロのままという方もいますが、これもある意味、メラニンの暴走でしょう。

こうして作られたメラニン色素も、その多くは、新しい肌ができるタイミングで、垢と一緒に剥がれ落ちていきます。
しかし、年齢肌や肌の新陳代謝が悪い肌の場合だと、メラニンは残ります。

過剰に作り出されるメラニンと、排出されないメラニンが、肌をくすませているのです。
時には、一部分だけメラニンが集まって、シミの原因となってしまいます。

さて、 美白化粧品に求められる働きは下記の三つとなります。

  1. メラニン生成を抑制
  2. メラニン排出を促進
  3. 留まるメラニン色素を薄く

 

美白スキンケアの比較と検証

今回の美白スキンケアのランキングは、ラインでケアができるもので、メーカーが美白スキンケアと提示しているものを対象にしています。
オールインワン、美容液でもよいものは沢山ありますが、ラインでトライアルがあるものに限ってみました。

 

比較は次の6点とします。

  1. 特徴
  2. 残念なところ
  3. 主な美白成分
  4. 主な保湿成分
  5. トライアルの内容
  6. 私の体験レビューへ

ランキング
一覧へ戻る

ビーグレン・ホワイトクリームexセット

ビーグレン美白・トライアル

 

特徴

国際特許を取得している『皮膚浸透テクノロジー』によって、有効成分の肌への浸透力が期待できます。

実際、168人で検証を行ったところ、90日間で81%のメラニンが減少した結果が出ています。
メラニン生成の抑制は、浸透しなくてはその効果を実感しにくいのは事実ですね。

時流では、防腐剤を配合しないことが良いとされていますが、あえて、菌を繁殖させないように防腐剤を使っています。天然成分ほど腐りやすく、菌が及ぼす害の方が重要であると明記しているところが、逆に好感が持てました。

しみの色を薄くするハイドロキノンを配合して、レーザー以外のシミケア選択肢となっていることから、1位にしてみました。

 

残念なところ

効果重視の化粧品であるために、不安もつきまといます。
ただ、ハイドロキノンの配合量は、日本で決められた基準値以内であり、その安全性について不安視する声も聞かなくなっています。

2007年にビーグレンが日本で発売されてから、6年以上たちますが、年々人気は高まるばかりと聞きました。この事実が安心材料ですね。

 

美白成分

ピュアビタミンC、ハイドロキノン、シムホワイト377

 

保湿成分

グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲン、ペプチド

 

トライアルの内容

アイテムは、3点。

  • ローション(10-YB)
  • ビタミンC美容液(C serum)
  • クリーム(ホワイティングクリーム)

7日分で1890円となります。

 

私の体験レビュー

年々増える、黒くなるのは当然、シミケアにハイドロキノンを選択

ランキング
一覧へ戻る

アンプルール・美白トライアル

 ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

 

特徴

皮膚科医として、女性の悩みに耳を傾けてきた医師が開発した美白スキンケアとなります。

顔全体の透明感を上げながら、部分的に固まった濃いシミにも働きかける、点と面のWケアで定評があります。

シミ取り消しゴムとかしみの漂白剤と言われるハイドロキノンを、独自の技術で開発した新安定型ハイドロキノンが魅力です。

さらに、女医ならではの細やかな配慮で使い心地がラグジュアリー。
そのまま、シリーズ名となるほど贅沢な気分に浸れます。

 

残念なところ

W美白となっていますが、肝心の美白美容液がトライアルでは、ちょっと少なくて効果が実感しにくくなっています。
美白の効果は、時間がかかるものではありますが、メイク落としや洗顔料が20gであるのに比べて、美白美容液が8gでは物足りないですよね。

トライアルでは、安定型ハイドロキノンのパワーと、スキンケアの使用感をじっくり体感ということになりそうです。

 

美白成分

新安定型ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、フェルラ酸

 

保湿成分

α-リポ酸、セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、酵母エキス

 

トライアルの内容

アイテムは、7点。

  • メイク落とし
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 薬用美白美容液
  • スポット美容液
  • 日焼け止め パウチ2包
  • クリーム パウチ2包

期間は明記していませんが1週間弱で、1890円となります。

 

私の体験レビュー

肌の漂白剤と異名をとるハイドロキノンで、効率よくしみ撲滅

ランキング
一覧へ戻る

スポンサードリンク
デッセンシア・サエル

ディセンシア・サエル美白トライアル

 

特徴

敏感肌専門の研究機関が開発した、低刺激な美白スキンケアです。

過敏に反応する、外部刺激が入り込みやすい弱い肌環境に、主力をおいています。
ディセンシア独自のヴァイタサイクルヴェールが、外部刺激をブロックさせながら、不足しがちなセラミドを補っていきます。

入り込んだ外部刺激に、ピリピリ、ヒリヒリと反応してしまうのも、敏感肌の特徴です。
炎症抑制力のある植物成分、ユウキエキスやグリチルリチン酸2Kなどをたっぷりと配合しています。

 

残念なところ

お試しセットには、日中美白美容液は入っていますが、夜用の美容液は入っていません。
もっとも、効果を試したいアイテムであり、サエルの美白ラインの目玉のような気がするのですが、残念です。

 

美白成分

エスクレシド、ハイスピード・メラノリターン処方、ビタミンC誘導体

 

保湿成分

ディセンシア特許応用技術・ヴァイタサイクルヴェール、白様雪

 

トライアルの内容

アイテムは、3点。

  • ローション
  • クリーム
  • 日中乳液

10日分で1,260円となります。

 

私の体験レビュー

速攻美白も不可能でない!角層を大切にすれば、透明感ある美白肌

ランキング
一覧へ戻る

三省製薬・デルメッド

三省製薬・デルメッド

 

特徴

美白成分50年の開発研究を、重ねてきた製薬会社のコスメです。
他のコスメメーカーに先駆けて、肌には黒ずみの他に黄ぐすみがあると発表し、三省製薬独自成分である、ピュールプランを開発しました。

ピュールプランは、3種類の複合成分で、メラニンの過剰生成をストップさせる働きがあります。
メラニンが作られる各段階ごとに、働きかけて、同時に配合した保湿成分で透明感を出してくれます。

製薬会社ならではの厳選された成分配合と、全てのアイテムが医薬部外品であることに『信頼』の二文字が頭に浮かびます。

 

残念なところ

三省製薬は、美白ブームの先駆けとなった麹酸(コウジ酸)を開発しています。
しかし、コウジ酸はアレルギーを心配された時期もあり、イメージが悪いのが難点です。

コウジ酸の容疑が晴れた現在も、なにやら引きずっているようですね。

米化粧品で肌が透明になるのは、コウジ酸の働きがあるからではないのかぁ~と思わず叫びたくなるのですが、やむをえません。

 

美白成分

ピュールプラン、ヒヨコマメ種子エキス、マテ茶エキス、アカモクエキス、黄山薬抽出液、クミナム抽出液

 

保湿成分

アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど。

 

トライアルの内容

アイテムは、4点。

  • ローション
  • 美容液
  • 乳液
  • 日中UV乳液

14日分で1575円となります。

 

私の体験レビュー

長年蓄積されたシミは、光老化のこと甘く見ていたせいよ

ランキング
一覧へ戻る

資生堂・エレクシール・ホワイト

エレクシール・ホワイト トライアル

 

特徴

資生堂といえば、エレクシールと直ぐに頭に浮かぶシリーズです。

UV乳液(デーケアレボリューション)が、2012年MAQUIAのベスト・オブ・ベスト賞を受賞しています。
SPF50、PA+++と高い紫外線防御率を持ち、メイクの持続力も高いことが人気となっています。

美白の有効成分に『m-トラネキサム酸』を配合し、メラニン生成の抑制を図ります。

エレクシールのCMを見てもらえるとわかるのですが、夕方くすみ解消が期待できるスキンケアです。
紫外線の刺激からガッツリと守り、潤った肌を夕方まで持続させることを、資生堂ならではの技術で、実感できるはずです。

しかも、エレクシール・ホワイトの全アイテムとも、医薬部外品(薬用)です。

 

残念なところ

つい最近までは、資生堂のトライアルはありませんでした。
小さなパウチのサンプルを1回分ぐらい販売店で貰って、試さなくてはなりません。

今回紹介するトライアルも実は、WEBでしか購入はできません。

でも、その為でしょうか?かなりリーズナブルな価格になっています。

 

美白成分

m-トラネキサム酸、ビタミンC

 

保湿成分

コラーゲンBG

 

トライアルの内容

アイテムは、4点。

  • クレンジングフォーム
  • ローション
  • 乳液
  • 日中UV乳液

7日分で1260円となります。

 

私の体験レビュー

夕方くすみに気がついた時、年齢肌ケアを助ける

ランキング
一覧へ戻る

ヤクルト・リベシィホワイト

20140226biha9rnk (6)

 

特徴

何もつけていないのに顔に油分を感じるのは、自分の肌が出している天然のクリームです。
顔の表面には、皮脂や古い角質が混ざりあり、無数の微生物が住んでいるってご存知でしょうか?

腸の中にある善玉菌や悪玉菌と同じように、顔の上にも2種類の菌がバランスを、とりあって生活しています。
実は、こうした微生物が肌を守っているのです。

微生物に詳しいのはヤクルト。
長年の研究の成果が、乳酸菌配合の美白スキンケアを作ってしまいました。

 

残念なところ

トライアルの販売は、2月28日までの期間限定品ということ。

 

美白成分

ビタミンC誘導体、チンピエキス、プルーンエキス

 

保湿成分

乳酸菌発酵エキス、高分子ヒアルロン酸

 

トライアルの内容

アイテムは、3点。

  • クレンジング
  • 洗顔料
  • ローション
  • 美白乳液
  • UV乳液

5日分で1575円となります。

 

私の体験レビュー

乳酸菌が美肌にもいいのは、肌にも善玉菌と悪玉菌がいるから

ランキング
一覧へ戻る

スポンサードリンク