美白スキンケア・ランキング、従来のホワイトニング化粧品を検証

広告

美白成分以上の肌質を求める、欲張りな女性たち

厚生労働省で、美白成分と書ける成分は決められています。認可されていない美白成分を配合しても、美白スキンケアとは言えないのです。白い花と白い松ぼっくり

美白スキンケアの働きは、選ぶ一つの基準にはなりますが、肌悩みと必ずしも一致しません。女性の悩みにこたえるための、コスメの開発技術の進化のスピードは速いです。厚生労働省の美白をはじめとする医薬部外品の認可は、長期間かかります。

厚生労働省が定義している美白は、肌のメラニン色素を増やさないことですが、必ずしも女性の気持ちとは一致しません。

既成の美白成分にとらわれず、独自の技術を持つコスメメーカーが現れました。既成の美白成分に加えて、独自の技術を加えているコスメメーカーもあります。

今回は、こうした流れを踏まえて、現在女性が求めている悩みにも対応しているかが、ランキングの視点としました。

美白スキンケアランキング

あくまで、ローションからクリームまで、ラインで揃えているスキンケアを対象としました。個別に優れたアイテムもあります。しかし、対象でない他のアイテムが、影響している場合もあります。私が常に同じスキンケアを使っていませんので、条件が異なってしまうからです。

  • 1位:アンプルール・ラグジュアリーホワイト
  • 2位:ファンケル・ホワイトニング
  • 3位:サンスター・ホワイトロジー
  • 4位:三省製薬・デルメッド
  • 5位:資生堂・エリクシール

上記各々のシリーズ毎に、ランキング順位の理由、美白成分、保湿成分、期待できる働き、私のレビュー記事へのリンクについて、説明していきます。(3位まで)

アンプルールのラグジュアリーホワイト

皮膚科医として、女性の悩みに耳を傾けてきた医師が開発した美白スキンケアとなります。

顔全体の透明感を上げながら、部分的に固まった濃いシミにも働きかける、点と面のWケアで定評があります。

シミ取り消しゴムとかしみの漂白剤と言われるハイドロキノンを、独自の技術で開発した新安定型ハイドロキノンが魅力です。

さらに、女医ならではの細やかな配慮で使い心地がラグジュアリー。そのまま、シリーズ名となるほど贅沢な気分に浸れます。アンプルールラグジュアリーホワイト

美白成分

ハイドロキノン誘導体と、公式サイトには書かれていますが、別名αアルブチンを美容液に配合しています。コケモモや梨、ウワウルシなど植物に含まれている成分で、メラニンの生成を抑制させます。浸透と同時にハイドロキノンとなり、メラニン色素を減らす働きもあります。

このハイドロキノン誘導体とビタミンC誘導体が、美白成分です。

他、カムカムエキスやキリバースなど、メラニン色素を作り出すチロシナーゼの活性化を妨げる成分も配合し、多角的なアプローチを試みています。

保湿成分

美溶液には、ホホバ種子油、浸透型コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸と、実績のある保湿成分を使用。

期待できる働き

上記の美容液の他に、しみを薄くする美容液をラインに加えています。別名しみの消しゴムと言われたハイドロキノンを、独自の技術で低刺激にしています。この新安定型ハイドロキノンは、数年以上美容雑誌に掲載し続けた実績があり、信頼に足ると考えます。

私のレビュー記事へのリンク

ラグジュアリーホワイトのトライアルは、4アイテム7日間と、メイク落としと洗顔料が各2パウチづつで、1,590円。初回のみ送料無料となっています。アンプルールのレビュー記事は、こちらです。

ファンケルのホワイトニング

無添加化粧品は、美容効果を期待できないという声もあります。ゆえに、美白効果もしかり。そんな言葉をはねつけるように、リニューアルによって、美白の働きを強化させてきています。

スポンサードリンク

無添加化粧品の目指すところは、肌への負担をゼロにすることで、肌本来の働きを発揮させることです。

ファンケルの場合、防腐剤を入れないために、容器は真空状態で届きます。自宅で容器に穴を開けて使うために、鮮度は工場出荷時のままです。ファンケルホワイトシリーズ

使用した感想は、無添加化粧品でここまでハリ感がでるのかということ。たっぷり保湿をされた健康的な肌を望むなら、ファンケルです。ただ美白という観点では、アンプルールほど強いこだわりは感じませんでしたので、2位にしてみました。

美白成分

化粧液と乳液に、美白成分のアクティブビタミンCを配合しています。2アイテムが医薬部外品です。

しみは、肌の微炎症が原因で起きるものですが、微炎症を抑えるヤグルマギクエキスを対応させています。すでに肌にあるメラニンや、しみにアプローチする白ブドウ発酵エキス、メラノブライトも加え、アクティブビタミンCの働きをサポートさせています。

保湿成分

濃グリセリン、BG、DPGなど、防腐効果の高いものを保湿剤として配合しています。

期待できる働き

ファンケルの化粧品は、美容成分の通り道をしっかり確保して、隅々までいきわたらせるというコンセプトがあります。何度かリニューアルをしていますが、必ず感じるのは、美容成分で満たされたハリ感。健康的な肌のつや感です。

ワントーン明るくなった肌のつやは、他のどのコスメメーカーの中でも、1番と私は信じています。

私のレビュー記事へのリンク

無添加ホワイトニングのトライアルは、化粧液と乳液が1ヶ月間、クレンジングオイルと洗顔パウダーが10回分、洗顔ネットとポーチがついて、1,830円。初回は送料無料となっています。 ファンケルのレビュー記事はこちらです。

サンスターのホワイトロジー

サンスターが独自に開発した美白成分リノレックSは、18年の歳月をかけて完成しています。最初に紅花から抽出したリノレックSが、発見されたのは1980年の後半。

しかし、リノレックSがしみを作りにくくさせる美白の仕組みが、長い間解明できませんでした。厚生労働省の美白成分として、厳しい審査をとおるまで長い年月がかかったのです。サンスターホワイトロージ

実際使用してみましたが、もともとコスメメーカーでなかったサンスターが、『どうしてこの香り?テスクチャーにまでこだわって作れたのか?』が、不思議でした。化粧品として完成させるまでに、複数の皮膚科の協力や、臨床やモニター試験を重ねたそうです。

ホワイトロジーシリーズの4アイテムの全てが、医薬部外品というのも、美白への意欲を感じます。

美白成分

リノレックSは、シミの素であるメラニンを作る酵素チロシナーゼを分解し、シミを作りにくくさせます。しかも、すでに肌に作られてしまったメラニンも、取り除く働きがあるのです。

画期的な美白作用でありながら、自然素材であることも、私をつい前のめりにさせてしまいました。

保湿成分

月桃葉エキスやサクラ葉エキスを、配合しています。

期待できる働き

強く実感したのは、保湿力とテスクチャーの良さです。認知度は低いというものの、リノレックSへの働きも期待大です。

私のレビュー記事へのリンク

5アイテム1週間、美容サプリメントが3日間のトライアルが、1,500円で送料無料。これだけ確かな品質のものが、この価格で試せるのは、認知度だけの問題かと思います。

サンスターのホワイトロジーのレビュー記事は、こちらになります。

スポンサードリンク