ニキビ跡の炎症を抑えるには紫外線は禁物! 皮膚科絶賛のコスメとは

広告

フラーレン配合の化粧水

何度も何度も繰り返しできつづけたニキビ、やっと治ったと思ったら、ニキビ跡がぽっかり赤く残っています。ニキビとなると、洗顔と先に頭に浮かびますが、炎症を起こす原因に紫外線もあります。

紫外線からのダメージを和らげる強力な助っ人は、抗酸化力。ビタミンC以上に抗酸化力があるとされている、フラーレンを主成分とした化粧水をみつけました。 ニキビをつぶす女性

ニキビ跡を残さないケアは早急に

ニキビ跡は、悪化させると、濃い色素沈着や凸凹のクレーター肌になる危険性があります。時間がたてばたつほど、治りにくいのもニキビ跡の特徴です。 ニキビが治って赤みが差し始めたら、早めのケアがニキビ跡を残さない秘訣です。

ニキビ跡は紫外線に弱い

ニキビ跡に紫外線があたると、肌は活性酸素を発生させます。活性酸素は、人間の細胞を傷つけてニキビのあった弱い肌へのダメージをさらに加えます。ダメージから守ろうとしてメラニンが過剰に分泌され、シミを作り、色素沈着となるのです。

ダメージを受けたままにしておくと、肌細胞は弱りカードがますます弱ります。もっと、紫外線が奥深くまで入り込んで、真皮層にまで届くと、クレーターと呼ばれる凸凹肌になる原因です。

紫外線を受けてしまった時には、抗酸化力の強い化粧品といわれています。

美肌の敵、乾燥はニキビ跡でも例外ではない

乾燥も、ニキビ跡の色素沈着を濃くさせます。

肌を乾燥させると肌の生まれ変わるパワーを奪い、色素沈着した肌に残っているメラニンを押し出せなくなります。居すわったメラニンが、濃いシミとなるのです。

スポンサードリンク

ダメージから守れる肌に

クレーターを防ぐには、肌の奥の真皮層に紫外線が届かないように、健康で丈夫な新しい肌でガードすることです。

皮膚科では、ニキビ痕のクレーター対策として、レチノールを配合しています。 レチノールは、ターンオーバーを促進して、コラーゲン生成を促し、新しい肌を作るための肌環境を整えてくれる成分です。

黒ずみ始めたニキビ跡、ビタミンCで継続ケア

すでにできてしまったニキビ痕を薄くするには、ビタミンCです。ビタミンCは多くの美容効果が知られていますが、メラニン色素の色を薄くさせる数少ない成分のひとつです。

紫外線に強い化粧品とは

ニキビ跡に良いとされているフラーレン配合の化粧品を見つけました。 皮膚科にも評判が良いジープラス化粧品のGFローション100は、メディアでも注目を浴びている人気コスメです。

フラーレンは1996年にノーベル賞を受賞した炭素体の物質で、高い抗酸化力を持っています。

GFローションは、ビタミンC誘導体を独自の開発でさらに浸透力を強化した、超浸透ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合することで、抗酸化力をパワーアップさせています。 導入美顔器を使用することなく、ビタミンC誘導体 化粧水としての役割を果たしくてくれます。

そして、上記にも書きましたパルミチン酸レチノールが、怖ーいクレーターになるかもしれない恐怖から解放してくれます。

フラーレン化粧品として確かな品質を保証する、RSマーク(ラジカルスポンジマーク)の認証も受けていることも、GFローション100をおすすめする理由の一つです。

スポンサードリンク