広告 

ゆらぎやすい肌だからと尻ごみしていたら、損よ!

敏感肌だからと、スキンケアは低刺激、勿論無添加のものを選び、肌に少しでも悪いものを使わないのは、正しいことです。

でも、敏感肌だから白くなりたい気持ちを抑えるのは、間違っています。

肌の炎症を起こすことがなく、美白ケアを続けるにはどうしたらよいのでしょうか?
ランを持つ少女

 

外部刺激を避けるのではなく、守れる肌にする

ゆらぎやすい肌はいつ何時、ピリッとくるかわかりません。

そう、覚えておかなくてはならないことは、敏感肌の人は何も、化粧品だけに反応している訳ではありません。
食べ物も、外気に含まれる細菌も、紫外線も、体調さえも、肌は反応します。

私は、たまにじんましんがでますが、皮膚科へ行くと、体調が悪いとか食べ物のことを尋ねられます。
肌が反応するのは、化粧品だけではないのです。

色々なことにゆらぎやすい敏感肌に人は、刺激のあるものを避けることに加えて、刺激からまもり炎症の起きにくい肌にして欲しいものです。
それが、美白ケアも可能になる道ではないでしょうか?

例えば紫外線はどうでしょう?
UVクリームは、確かに性能が上がりましたが、屋内にいて付けなかったり、汗などで流れてしまったりすることもあります。

また、化粧品の刺激についても然り。
しっかりとチェックしたはずの成分、無添加と書いてあっても赤くなったり、かぶれたりすることもあります。

スポンサードリンク

外部刺激を完全に遮断することなんて、できませんよ。
ただ、自らの肌が外部刺激に強くなっていれば、一つ一つにビクビクする必要もなくなりそうですよね。
繰り返しますが、美白化粧品だって恐れることなんかないのです。

 

敏感肌の方の美白ケアで3つのポイント

そこで、結論!
指3本

 

ゆらぎやすい方が美白化粧品で肌を、白くするためのケアで必要なものは、以下の3つです。

  • 危ない刺激は、つけない或いは、遮断する
  • 肌のバリア機能をより強くする
  • 炎症を抑えて肌にダメージを与えない

 

この3つに着目して作らた敏感肌専用の美白スキンケアがあります。

ポーラがとある製薬会社と共同で開発した、ディセンシアです。
ディセンシアは、”化粧品界のオリンピック”とも呼ばれる国際化粧品技術者会連盟IFSCC世界大会において、繰り返し最優秀賞を受賞しているブランドです。

ディセンシアが取得している特許技術は、ヴァイタルサイクルヴェールと呼ばれるもので、肌のバリア機能に働きかけるものなのですよ。

 

トライアル試してみました

私も、トライアル試してみました。

ココだけの話、4月から(2014年)トライアルのアイテムが若干変更になりました。
従来の日中UVクリームが外れて、美容液に変わります。

トライアルの私のレビューは、こちら。

スポンサードリンク