広告 

脱毛後のケアは、優しくこだわりたいもの

永久脱毛をばっちり、脇もスッキリとツルツルの状態がベストはず。
お気に入りのファッションのイメージを壊さないためには、見えにくい部分のケアを徹底的にすることにありそうです。

でもどうでしょう?
脱毛を几帳面にやってしまうと、ありがちな失敗に黒ずみがあります。
永久脱毛は毛根を破壊させてしまうもので、何度永久脱毛を繰り返すと、黒ずんでしまいます。
時々、チェックは必要です。
ネオ豆乳ローション

 

ダメージを受けた肌には、保湿と肌に良いイソフラボンで

レーザー脱毛をした後に、肌が黒ずむ原因は、しみやくすみと同じ肌へのダメージです。比較的優しいと言われた光脱毛(IPL)でも、合わないと黒ずんでしまうそうです。

永久脱毛後は、軽いやけど状態になっていますので、しっかり保湿を行って回復させることが大切です。いたわりが足りないと、メラニンが生成されて、黒ずみの原因になるのです。

脇の黒ずみの原因には、毛根を毛穴に残したままの状態や埋没毛のために黒ずむ場合もあります。毛穴が汚れて黒ずんでいることもありますよね。

いずれにしても、夏場が来る前に何とかしたいものです。

『豆乳に黒ずみを防ぐ効果がある』といわれて多くの女性が、豆乳ローションを作ったり、類似品を利用しています。私の知り合いは、『全然ムダ毛が減らないのよぉ~』と文句を言っていましたが、ここ何年も続くロングセラーです。

豆乳ローションを初めて作ったと言われている、ネオ豆乳ローションでは、大豆胚芽だけを集めて作られたといいます。
美容成分の源であるイソフラボンが最も多く含まれるのは、実は大豆胚芽部分なのです。
イソフラボンは、女性ホルモンと似ていることから、抑毛効果を期待されていますが、他にも、肌の活性化には欠かせないビタミンBやビタミンEを含んでいます。

 

スポンサードリンク
イソフラボンは、コラーゲン生成も促す

ほっぺのクッション部分であるコラーゲンの合成を活発化させるにも一役買っているのです。コラーゲンがたくさんあると言うことは、潤ったプルンプルンの状態を保つことができるし、とどまっているメラニンを排出させやすくなります。

イソフラボンの美白効果で、ローションを塗るとふっくらとした変化を目にできるために、『ムダ毛が減らないしじゃないの』と言いながらも、多くの女性は続けているのです。
結果的には、ゆっくりと理想的な肌の環境を作り上げていく方法が、一番の美肌への近道になるってわかっているからです。

 

イソフラボンは、美白に有効という発表もある

ところが、2012年3月に、ノエビアグループの常盤薬品工業が、大豆イソフラボンに、美白に有効であることを発表したことです。
ゆっくりと、新しいきれいな肌を育てていこうと、根気を良く続けていたら、『あれ、いつのまにか色が白くなっていた』という口コミをよく読みます。私も、豆乳石鹸を使用したら、明らかに肌のワントーンが、明るくなったことがあります。豆乳は色白にするということが、何となく知っていたけど、そのメカニズムが明らかになったのは、この発表です。

レーザーや光(IPL)脱毛後の黒ずみは、肌が泣いている証拠です。
肌荒れを治す作用のビタミンBと、血行を良くして肌再生を促すビタミンEと、ふっくらとみずみずしい環境をつくるコラーゲン合成に役立つ働きと、美白効果によるケアは、納得のいくものがあります。

 

生命力のある胚芽を使ったイソフラボンは、ちょっと違うと思う

大地を突き抜け、上へ上へと延びていく胚芽の生命力の中のイソフラボンなら、なおさら、うまくいきそうですね。
豆乳ローションの老舗は、

スポンサードリンク