広告 

ピーリングで美白は不可能だけど、美白ケア促進は期待できる

角質がガンガン溜まって、なんだか分厚くなった気がする時にピーリングを行うと、柔らかい透明な肌になります。
それは、怪我をしてカサブタと作った後の皮膚と同じで、未熟でやわらかい肌です。

ピンク色で、ふっくらと赤ちゃんのような肌ですが、成長しきっていないので、カサブタを無理に剥がしてはいけません。
ピーリング後の肌も、カサブタに変わるものを、スキンケアで補う必要があります。
透明な球体ペールに包まれた二葉

 

ピーリング後の肌は保湿領域が少ない

ピーリング後の透明感に味を閉めて、ピーリングは黒ずみ対策であると、決めつけてしまう方がいます。

角質が剥がれて薄くなった状態で、水分を溜め込む領域も少なくなっています。
むしろ黒ずみの危険因子を、抱えた状態です。

紫外線などの外部刺激から弱くなっているので、シミができやすい肌となります。
危険なのは、こんなに綺麗な透明肌になるのだからと、さらに、ピーリング頻度を上げてしまうことです。

 

ピーリング後の肌を外部刺激から守る

保湿力のない、角質が薄い状況は、外部刺激にも弱くなっています。
セラミドなどの角質層成分は無論、皮脂膜の代わりをしてくれるオリーブオイルやスクワランなどで、肌に蓋をします。

スポンサードリンク

個人的な意見ですが、ピーリング後はフェイスマスクは避けるべきです。薄い角質が、フェイスマスクに含まれる水分で緩み、肌水分を蒸発させてしまいます。
マッサージも、指が肌を摩擦させて角質を緩めます。
マッサージはほどほどにして、ツボ押しぐらいに留めひたすら安静にします。

曇りの日でも、日焼け止めを忘れてはいけません。

 

ピーリング後に行うべきスキンケアは、栄養!栄養!栄養!

ピーリング後の行うべき事は、肌再生力を上げるアミノ酸、ペプチド、ビタミンE、ビタミンCを浸透させることです。
栄養なくして、丈夫で保湿力のある肌を作ることはできません。
ピーリング後の肌は、何と言っても、美肌成分の吸収力が違っています。

折角だからと、新しい化粧品を奮発して購入するなんて、いけません!
新しい化粧品をこの時期につけてしまうと、もし反応する成分が入っていれば、炎症を起こして真っ赤な肌になりますよ。

皮膚科の美白ケアに、ピーリング後にハイドロキノンを使う方法があるそうですが、使った事のないハイドロキノンをパッチテストもしないで行うのは無謀です。

 

意識して使うのならエイジングスキンケア

日頃から使いなれた化粧品で、線維芽細胞増殖因子といった成長因子成分に重点を置いているものがあれば、ベストです。
塗っておくと、翌朝は普段と違うハリ感に気づくはずです。

シミが気になる方は、良質なビタミンCも加えておくと、シミの色を薄くする事が可能です。
ピーリングで、美白は叶いませんが、美白ケアを促進させる事は可能です。

ピーリングを行う時期、ピーリング後の保湿ケア、ピーリングを行う周期に最新の注意を払えば、従来のスキンケアの効果を倍にすることが可能です。

スポンサードリンク