広告 

豆腐の中に、肌をキレイにする成分が含まれているよ

宮崎県稲葉村にあるお豆腐屋さんが、お豆腐を作っているおばあゃんの手がきれいだったことから、豆乳を使った石鹸を作ったという盛田屋の石けん。

肌に悪いものは一切含まれていないというのが、信念としているのだとか。豆乳に含まれる成分を、最大限に生かすようにつくられているので、使ってみて思わぬ効果にビックリ。

下記の写真は、ちょっと古いです。 あしからず。。。 盛田屋 豆乳石鹸

泡がたっぷりできる

実は、盛田屋さんに実際電話で聞いてみたのですが、『そんなんです。何故か泡立ちが良くて、発泡剤とか使用していませんのにねぇ~』と不思議がられていました。少し粗めの泡なのですが、しっかり毛穴に入り込み、黒ずみがちな角栓がスッキリとれました。

その時はすっごく詰まっていたのか、豆乳石鹸を使用して以来、何故か毛穴の黒ずみは洗顔するだけで、とれるような肌質に変わっておりました。

たっぷりの泡を使用していたのに、ヌルつきもなく、すすぎが早いのも特徴。折角泡洗顔で優しく洗っていても、すすぎが長くて元の木阿弥かなって思う石鹸もありますでしょう?毎日の洗顔の肌摩擦は、しみやくすみ、色ムラの原因になりますよ。

汚れはしっかり落とす

盛田屋さんの洗顔石鹸は、弱アルカリ性なので、洗い上がりはほんのちょっぴりつっぱり感があります。でも、天然成分にこだわり、ケミカルな成分を全く含んでいませんので、石鹸本来の洗浄力です。

洗顔石鹸の使用後につっぱるのは、必要な皮脂まで洗い流される為と考えて敬遠する方もおりますが、酸性の肌に弱アルカリ性の石鹸を使用するためおこる、自然な現象です。盛田屋さんいわく、まさにそれで、弱アルカリ性の石鹸を使うことで、肌がアルカリ性に傾き、洗い上がりに酸性に戻ろうとするためにつっぱり感があるのだそうです。

アルカリの時は、毛穴を開き、角質を柔らかくしますので、毛穴に詰まったメイクなどの汚れや皮脂が落ちやすいのです。

毛穴の隅々まで、汚れが落ちた後の肌は、ローションの吸収力が違います。ものすごいスピードで入り込んで、しっかり取り込んでくれます。 盛田屋豆乳石鹸の包装紙

ハリができた

弱酸性の肌を、弱アルカリ性の洗顔料で洗うことで、ほんのちょっと肌は無理をします。人間が、筋力を鍛えるように、酸性に戻す時の肌は、常駐菌を使用して活性化しようとしますので、肌力を少しづつ鍛えることになるのだそうです。

スポンサードリンク

電話で、盛田屋さんは『汚れはきっぱり落として、肌の働きを引き出す』と言われていましたが、毎日洗顔を続けるうちに、弾力とハリの強さを感じられるようになりました。

この頃では珍しいコンセプトの洗顔石鹸、時流でないからかあまりサイトでは強調していませんが、ロングランの人気を誇り、@コスメの評判も上々であることから、私が感じたハリ感を、他の人も満足しているのだわって思います。

ワントーン明るくなった

何よりもビックリしたのは、洗った直後にワントーン明るくなったことです。これも、電話で聞いてみましたが、『みなさんそうおっしゃられます。』と言われていました。

豆乳に含まれる、イソフラボンは女性のホルモンに似ていて、女性が美しい肌を持っている理由の一つです。恋をすると綺麗になるのは、女性ホルモンが増えるからなのですね。

イソフラボンは、メラニン色素の生成を抑える美白効果や、ムダ毛を減退抑制する効果があります。洗った直後にワントーン明るくなったのは、何故だかわかりませんが、ずっと使い続けることで、無理なく肌の色ムラを改善し、産毛を薄くしてくれることが期待できます。あ!、私の場合、産毛が濃いのも黒ずみの悩みの一つであります。

他にレシチンと言って、新陳代謝を活発にしたり血行にいいものや、紫外線から守るサポニンなども含まれています。肌を育てるビタミン類も含まれているんです。

石鹸の製法が保湿成分

豆乳石鹸を持ってみると直ぐに感じることは、ずっしりと重い事です。これは、石鹸を作る時に釜から枠に流しいれた時に、ゆっくりと時間をかけて自然乾燥させているために、水分が残っているためです。石鹸の中に水分が20%も含まれているのです。

石鹸の製造は、時間のかかる釜炊き・枠練り製法で、石鹸の中に含まれる天然由来の成分を大切に封じ込めています。石鹸独自の保湿成分であるグリセリンも、成分表示のところで見つけました。良い石鹸には必ず、入っていますよね。

ゆっくり時間をかけて水分を蒸発させた石鹸は、すぐに溶けてしまったり、割れたりすることがなく最後まで使用することが可能なのだそうです。

天然成分を大切にして、体によいお豆腐を作り続けたお店だけに、肌のことをしっかりと考えられて作られた豆乳石鹸には、何年たっても惹かれるものがあります。

この記事は、 レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサードリンク