複合機能の美顔器がお試し気分で購入できる | これは見逃せない

広告

美顔器の機能を正しく知ってお財布にやさしいケアを

美顔器の認知度は、まだまだ始まったばかり。一部の美容への関心度が、高い女性の間で盛り上がっています。

そのせいでしょうか?単機能の美顔器でさえ高価格です。ましてや複合機能の美顔器も尻込みをしたくなるほどの価格です。

そんな折、見つけちゃいました!!安全性についても確かに頭をかすめましたが、とりあえず購入して自分の肌で試しちゃっても、それほど惜しくない価格で提供されています。現在、特別企画で、いずれ価格は上がる可能性がありますので、今がチャンスです。

その仕様を記載してみます。 複合機能の美顔器

1台で4つのエステ機能を、組み込んだ美顔器とスチーマー

『ビートップスでお買い物』は、読売テレビとベルメゾンがお届けするテレビショッピング番組です。提供される美顔器のセットが、目の玉が出るほどお得。なんと、72%オフです。

  • サロン・ド・リフト プロ4つのエステ機能の入った最新美顔器
  • モイストソニックジェルサロン・ド・リフト プロ用のジェル
  • オゾンフェイススチーマースチーマー

この価格帯は、ノーブランドでしかも、発売元が大手2社だからできると判断しました。ノーブランドだけでは、この機能でこの価格は出せません。

サロン・ド・リフト プロ

サロン・ド・リフト プロの4つのエステ機能も、最近の高機能を盛り込んで妥協していないところが、私はぶっ飛びました。

  • RF(ラジオ波)
  • 筋肉を刺激するEMS
  • EP(エレクトロポレーション)
  • 発光ダイオードLED(全灯 、青色、だいだい色、赤色

複合機能の美顔器

モイストソニックジェル

EMSの電磁波を深部へ送るためと、エレクトロポーレーションで高分子ヒアルロン酸を角質の隅々に押し込むために使われるジェルです。

手に取ってみるとさらっとしていますが、スキンケア効果は高く、ジェルとすり込んだ手の甲はぷるんとしていました。複合機能美顔器

全成分を記述しておきますね。

成分名 BG、アラントイン、グリチルリリン酸2K、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸Na、PEG-40水添ヒマシ油、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、オタネニンジン根エキス、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、ワレモコウエキス、ノイバラ果実エキス、アロエフェロックス葉エキス、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキス、ローズマリー葉エキス、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、カルボマー、水酸化K、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

複合機能の美顔器

オゾンフェイススチーマー

スチームが霧のように細かく、肌に当てるとかなり気持ちがいい-。一気にこれだけの水蒸気がでてくるのも、朝のメイクノリが期待できそうです。 複合機能の美顔器

スポンサードリンク

かなり明るい部屋でしたが、水蒸気がはっきり見えるのが分かりますか? 複合機能の美顔器

つけるスキンケアから複合機能の美顔器へ

先日、 美顔器の機能の違いと得られる効果の違いを色々で書きましたが、美顔器は効果から違いを判断するとわかりにくくなります。肌のどこの部分にどんな働きをするのかを、理解すれば、美顔器選びが楽です。

美顔器の出現は、きっと女性を幸せにすることを、以下に説明してみます。

肌はミルフィーユのように、何層にも階層をなしていて、層ごとに役割が異なります。一時的な肌がかさつく程度なら、保湿クリームを塗れば十分ですが、ニキビや毛穴の開きとなれば、さらに手厚いケアを行います。肌奥へのケアが必要です。

肌トラブルの深刻度が増すに従って、ケアは手厚くなっていくものです。 女性どうしの会話

バリア機能が化粧品の成分を浸透させない

ただ、スキンケアでケアを行うにも限界があります。

肌表面は、角質細胞が規則正しく敷き詰められ、外から化粧品を塗っても、トラブルの原因である肌奥まで届きません。スキンケアの浸透力を上げる工夫もされていますが、角質層までが限界です。

スキンケアの限界は、サプリメントや食事などで補うというのが、つい最近までの美容の常識でした。

美容クリニックで使用している美顔器を家庭で使う

美容クリニックやエステテックサロンで、美顔器を使用したケアが主流になった今、より身近に家庭でも同等な機能の美顔器を、使える流れに変わってきています。

肌の専門医など専門知識がない、一般の人が使うわけですから、安全性を確保するために、美容クリニックやエステテックサロンより、機能を下げています。

家庭で施術をする場合は、長期間のゆっくりと美顔器の副作用があるかどうかを、確認しながらが鉄則です。なかなか効果の実感が得られないデメリットはあるものの、美容クリニックへ通う必要がない、すき間時間を活用できる、お財布にやさしいといったメリットをとる方もいるはずです。

肌トラブルを包括的に解決するには複合美顔器よ

スキンケアでもお手上げと感じたときの、肌のトラブルは深刻なはずです。何年来にもわたる濃いシミや、深いしわ、顔の輪郭が変えてしまうほどのたるみなどは、ビタミンCをイオン導入したところで、追いつきません。

ミルフィーユのような層に合わせた、お手入れをし続けてこそのものです。美顔器の機能ごとに、どの層へケアできるのかが決まっています。役割も異なります。

当初、レーザーのみ、光のみ、ラジオ波のみと単機能であった美顔器でした。今は、複数の機能を組み合わせたタイプが増えていきます。

美容は、身だしなみの領域から、女性がどこまで自分を磨くことが出来るかの挑戦の領域に入ってきたのと実感しませんか?存分に女性であることを、楽しみましょうよ。

スポンサードリンク