年齢による乾燥で毛穴が目立つ時、シンプルスキンケアで解決したい

広告

毛穴が開く、詰まる、垂れるの3拍子に良いのは、ビタミンC

皮脂やメイクが詰まって押し広げる毛穴と違い、肌乾燥による毛穴の対策は、意外と厄介です。

乾燥肌が毛穴を詰まらせる理由

皮膚が乾燥して毛穴が広がるばかりではなく、代謝も衰えがちになり、なかなか剥がれ落ちなかった角質が毛穴に詰まります。得てして、乾燥した肌は、毛穴に詰まった不要物を排出させる力もありません。乾燥していて肌に弾力がないので、押し出すことができないのです。

慌てて洗浄力の強い洗顔料を使おうとしても、脱脂力が強すぎて、ただでさえ乾燥気味の肌の水分を奪います。

毛穴に良いとされているオイルクレンジングも油分が毛穴に残り、その油分を除去する為に脱脂力が強い洗顔料を使用して、逆に肌を乾燥させてしまうのです。

毛穴洗浄の美顔器や、炭素ガスといったグッズが人気なのは、こうした負のスパイラルに陥ってしまったためですね。効果のあるものが多く、品質も高いのですが、コスパねぇ~。 屋外のテーブルと椅子

排出できな毛穴の不要物が黒ずむ

長時間、毛穴に詰まった不要物は、紫外線の影響を受けて黒ずみます。”酸化”っていうのだそうです。

肌代謝を上げるために慌てて、栄養たっぷりのクリームをつけますが、乾燥していてカチンコチンに表面が固まった皮膚に、クリームが素直に浸透してくれるわけがありません。乾いた地面に肥料を上げる時は、水分をたっぷり与えないと、地面の根に届かないのと同じです。浸透しきれなかったクリームは、行き場を失って、毛穴に入り込みます。油分が多ければ、ますます黒ずんでしまうのです。

肌自らが潤っていれば、毛穴に詰まった不要物は自然と排出されると言います。カサカサの肌で、毛穴の黒ずみが目立つなら、保湿ケアに重点を置いた方が良さそうです。

スポンサードリンク
皮膚のたるみが毛穴を下に引っ張る

年齢肌でたるみやシワが気になり始めると、重力に従って毛穴も下に引っ張られます。たるみケアのはじまりです。

こうなってくると、たるむ原因である真皮層が関わってきています。真皮層は、肌を支え、頬の等の弾力をつくっているところです。

主成分はコラーゲンで、コラーゲンを補うことで、いくらか改善することができるといいます。コラーゲンは、肌全体の保湿にも大きく影響していて、コラーゲンが充分あれば、保湿力を上げ、肌代謝を上げることもできるのです。

逆に乾燥肌を放置することで、外部刺激に守りきれない弱い肌になり、コラーゲンの減少に繋がります。

毛穴ケアで良いのはビタミンC

年齢肌の毛穴ケアで使いたいアイテムは、やはりビタミンCです。 オレンジしぼり

ビタミンCは皮脂抑制力があるために、私はあまり使いませんでした。ただ、保湿ケアを行いながら使えば、多くの肌トラブルに働いてくれるのです。

しかも、浸透力のあるビタミンCを使えば、肌の奥でコラーゲン生成を助ける働きをします。毛穴の黒ずみも、酸化を抑えるビタミンCを塗っておけば、防止することができるのです。また、毛穴を引き締める作用があるのもビタミンCです。

そんなことから、ビタミンCを、化粧水で水分をたっぷり入れ込んだ後に使うために、美容液で利用する方が多いはずです。洗顔後、直ぐに毛穴を引き締めてしまうと、水分がはいりませんからね。

ところが、化粧水なのに、浸透力の高い浸透型ビタミンC(APPS)だからでしょうか? 思いのほかぷるぷる感を実感できたものがあります。このビタミンCローションを使った後は、ジェルなどで蓋をするだけの簡単ケア。

スキンケアに時間を掛けたくない、簡単に毛穴ケアをしたいと言う方は、おすすめのローションとなります。

スポンサードリンク