広告 

スキンケアだけでは間に合わないなら、コラゲネイドよ!

顔のハリ感なんて言葉こそ聞いていたにしろ、ハリ不足の実感が湧かなかったころと比べ、しっかりと感じる今日この頃。毎日、繰り返される儀式のようなケアは減ることは無く、むしろ増えているぐらいです。時間をかけているという自信があるものの、効果を実感できなってきています。 ブルーのドアと白い壁に椅子とテーブル

顔のコラーゲン不足を注射で補うしかないのか?

スキンケアだけでは限界って思った時に、体の中から栄養を補いたいのは自然な流れです。エステサロンに通うようにお金や時間がかかるわけではないし、毎日決まった量を継続して食べ続けば効果がでるならば、最高ですよね。

ハリを戻すのに、肌の主要成分を食べるのが最も効率が良いでしょう。今や知らない人はいないコラーゲンは、皮膚の水分を除いた70%も占めていると言います。

口から食べたコラーゲンが、直行で顔の皮膚に届いて皮膚の一部となってしまえば、いいのにって思いますよね。注射器でコラーゲンを注入できるクリニックがありますが、顔に注射針を刺すなんて、私には恐ろしくてできそうにありません。

なんと、コラーゲンペプチドの中には組織に直行するものが

今のところコラーゲンの中でも一番体の吸収率が高いのが、コラーゲンペプチドと呼ばれるものです。コラーゲン < ゼラチン < コラーゲンペプチドとなります。今回ご紹介したい、機能性コラーゲン(BMペプチド)を加えると、以下のようなイメージとなります。コラーゲン < ゼラチン < コラーゲンペプチド < 機能性コラーゲン

コラーゲンペプチドで、アミノ酸まで分解されないものがある

コラーゲンペプチドは、動物の体から抽出したコラーゲンを、精製してゼラチンを作った後、さらに酵素で細かく分解したものです。さらにコラーゲンペプチドを調べてみると、プロリン―ヒドロキシプロリン(p-o)とヒドロキシプロリン―グリシン(O-G)のふたつのペプチドが、細胞を活性させることが判明しました。(※二つのペプチドを、文中では、以後ヒドロキシプロリンと呼ぶ)

なかでもプロリン―ヒドロキシプロリン(P-O)は、バラバラに分解されることなく、血中の中に入り込み、骨、関節、皮膚に運ばれることが分かってきています。

コラーゲンを食べても、コラーゲンになるベプチドがある

コラーゲンを食べても、効果なしの異を唱える理由は、コラーゲンが最小の分子アミノ酸に分解されてしまい、コラーゲン以外のものを生成してしまえば、体の中のコラーゲンだけを増やせないからです。体の中のタンパク質のうち30%はコラーゲンですが、残りの70%に分解されたアミノ酸が使われる可能性もあるわけです。

ところが、ヒドロキシプロリンは、体内でコラーゲンだけを作られる為のペプチドであることがわかったのです。アミノ酸に分解されることなく、組織に届きます。つまりヒドロキシプロリンを、一定に食べ続けることで、コラーゲンを体内で効率よく増やすことができます。

これは、注射器で顔に注入するほどではないにしても、顔のコラーゲンを増やす確率が高まったわけです。

コラーゲンをつくる細胞に働きかけて、コラーゲンを生成

しかも、ただ単にコラーゲンを供給するだけではありません。

現在、コラーゲンペプチドは、何らかのシグナル(命令)を細胞に送り、その細胞を活性化させる役割があるという考え方が主流になっています。シグナルの実態はなんであるのかは、明らかではありません。このシグナルによって、コラーゲンやエラスチンなどの保湿組織を、生み出して成長させているのではないかと考えられています。上記二つのペプチドは、BMペプチド、或いは機能性ペプチドと言われているものです。

スポンサードリンク

BMペプチドは、新田ゼラチン株式会社と城西大学薬学部 真野 博教授との共同研究によるもので、特許取得成分となっています。

コラーゲンは、美容以上に人間の体を健康にするために多くの働きを持っていますが、次からは、顔の美容面に関してのみ記載してみました。 すのこの上の小石

BMペプチドに期待できる美容効果とは

コラーゲンを食べて、保湿、美白、エイジングに期待できる理由は、肌の本体と呼ばれている真皮層の70%をコラーゲンが占めていることから理解できます。真皮層にあるコラーゲンが若く、瑞々しい状態であればあるほど、多くの肌トラブルを回避します。

弾力成分を増やす

BMペプチドを販売するニッタバイオによると、コラーゲンペプチドを1日5g、4週間以上続けると、肌水分量の増加と肌の弾力性が向上することを確認したそうです。

そのしくみは、BMペプチドが血液の中で運ばれ、真皮層の線維芽細胞にまでとどけられ『弾力を保つための組織を作れ』という命令をだします。コラーゲンやエラスチン等の弾力成分が沢山作られることで、ふっくらとした肌が実感できるのです。

保湿成分を増やす

肌の水分量を保持し続けるヒアルロン酸も、合成していることが分かってきています。真皮層の水分量が高くなる事で、新しく作られる肌は潤い、肌内部の湿度も高くなり、ぷるんとした肌環境が実感できるようになるのです。

紫外線シミを改善させる

紫外線からダメージを受けた際につくられる隠れしみも、コラーゲンペプチドを摂取することで改善が見られた研究結果もでました。これは、コラーゲンペプチドが、細胞レベルで肌に働き掛けて、肌の損傷を修復するためであることが予測できます。

つまり、エイジングへの期待は満杯よ!

真皮層が膨れ上がり、肌のシワやたるみを伸ばし保湿力を高めることでハリをもたらします。さらに、紫外線シミにも働きかけがあるとなれば、エイジング作用が充分に実感できるに違いありません。

コラゲネイド食べてみました

ニッタバイオから、関節などの節々のケアのためにゼラチンは定期的に購入しています。今回、吸収率が高いと言われる高機能性ペプチドを配合した、コラゲネイドも購入してみました。 コラゲネイド

正直、ゼラチンは毎日食べても量を増やしても、体の中から実感できる事象はありません。3ヵ月、半年と年月をかけて採り続けることで、ある日膝の痛みが軽減していたと気づくレベルです。

コラゲネイドは、多くの口コミで書かれているように、撮り始めて2週間強で顔がパンパンになり、中身が硬くなるのを実感しました。込み上げるような保湿感も確かにあります。

『これなら、女性が夢中になるわけですよね。』と、大きく感心します。コラーゲン飲料は、ちっとも珍しくない現代です。でも、高機能コラーゲンペプチドの実力を知れば、まだまだ奥が深いことに気づくはずです。

WEBで購入すれば半額以下の『はじめてセット』があります。スキンケアだけでは、もう間に合わないという女子におすすめですよ。

スポンサードリンク