家庭用レーザー美顔器への関心が高まる、今日このごろ

広告

家庭用美顔器に新しい風が入ってきた

美容皮膚科で取り扱っているレーザー治療は様々で、同じシミのレーザーでもシミの種類毎に使い分けているそうです。同じたるみやシワであっても、顔の部位毎にレーザーを使い分けています。

美容皮膚科(クリニック)で、レーザー治療を受けようとする方って、どんな方でしょうか?化粧品のケアだけでは、心もとないのでレーザー治療をと考える方ではなく、本当は大胆に、美容外科でメスで切り取ってしまいたいほど嫌なシミだけど、それほど勇気が無いので、じゃレーザーでという方がレーザー治療を検討するんですよね。

レーザー治療は、比較的リスクが少なく、レーザーマシーンの認知度が高くなったことから、とりたててセレブと言われる方でなくても、普通の女性も行うようになっています。引き出し付きタンス

レーザー治療は本当に手頃なのか?

でも、勘違いされている方もまだいます。レーザーでのシミ治療は、1回で取れると言うものではなく、半年から1年はかかると言われています。また、レーザー照射後の1週間はカサブタができて、マスクをしたり、外出を控えなくてはなりません。紫外線への影響も大きく、肌の調子を、定期的に美容皮膚科で確認してもらう必要があります。

レーザー治療って聞くと、どうしても手頃で簡単というイメージがありますが、美容外科で手術を行うよりは、同じような効果を実感できるのに手頃であるという意味合いのようです。

しかもお高い、シミ一層スペシャルコースなどで、お得なセット価格で申し込もうとしても20万近くかかるのが現状です。

特に、美容皮膚科は、通常の皮膚科と比べて保険の適用がされませんし、アフターケア用として、ハイドロキノンやレチノイン酸などの美白クリームなどの購入を促されたりして、治療費だけで完了という訳でもなさそうです。

スポンサードリンク

美容外科まで望んでいない通常の人は、美容皮膚科のレーザー治療は、何だかよさそうだけど、敷居が高くて『とても、とても』っていう、段階ではないでしょうか?

美容皮膚科のレーザー技術は上がっている

レーザー治療技術は、年々上がってきていますし、レーザー専門医の数が増えるに従って、正しい知識が浸透してきています。かつては、メスでしか解決し得なかった、たるみやシワに関しても、肌の奥深いところまでレーザーを届けることで、まったく出血をともなくことなく若返りが可能な時代にまで来ています。

そんな時代の流れを受けて、毎回、美容皮膚科に足を運ぶことなく、レーザーケアを行うための美顔器が次々と、個人でも購入することができるようになりました。

医療レーザーよりは、パワーを落とし即効効果は得られないと言う問題はあるものの、毎日ケアを継続し続けることが可能になり、家庭用のレーザーの方が魅力は大きくなっていると感じます。

家庭用レーザー美顔器への期待

2013年4月に発売された、トリア・スキンエイジングケアレーザーは、美容皮膚科で行われているフラクショナルレーザー技術を応用した美容機器です。従来家庭用美顔器で、難題であった、直接的な肌の奥に働きかけて、ターンオーバーを促進させます。

家庭用美顔器の中で、実際医療現場で使われているレーザーの種類との関係を明確にしているものがなかっただけに、画期的なことだと言えます。しかも、従来美顔器のほとんどは、光を使う“フォトフェイシャル美容法”であって、トリアのクリニックと同じ、ダイオードレーザーとは異なったものだったんですよ。

実際、トリアの具体的な仕様は、『家庭用のフラクショナルレーザーは、かなり斬新なことらしい』にまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク