夏は特にニキビがかゆいのは、その理由と解消法

広告

顔に溜まる皮脂と汗が、ニキビを悪化させかゆみを増幅

ニキビ肌の人が最も恐れているのは、夏でしょう。皮脂と汗で緩んだ皮膚は、ニキビも柔らかくして、洗顔に更に気を配る時期となります。下手に洗顔に力と入れてしまって、ニキビがつぶれてしまったら、ニキビ跡と後悔が残ります。 新緑

大量に分泌される汗と皮脂が、かゆみを増殖する

かといって、夏の皮脂と汗の量は半端ではありません。広がってしまった毛穴に、存分にそそがれる時期です。

バリア機能が弱り、外部刺激が入り込みかゆい

汗が角質層を緩ませ、何層にも重なった角質層は他の季節と比べ物にならないくらい、剥がれていくと言います。強いピーリング洗顔で、毎日肌を剥がしているのと同じ状態です。

ちょっとくらい皮脂が詰まっても、健康な肌が下から押し上げれば、炎症は起きません。でも、剥がれ落ちる層が多いと、新しく作る肌が間に合いません。

弱い肌が炎症に負けてしまうのです。しかも、バリア機能も弱っているので、外部刺激も侵入しやすくなります。いつも使っていて平気だったはずの化粧品が、かゆみを招いているのかもしれません。外部の細菌やホコリが、侵入しているかもしれません。或いは、自身の汗でも、アレルギーを招き、かゆみとなる場合もあります。

毛穴の汚れをとる、洗顔料の刺激でかゆい

洗顔時の刺激と、これ以上生皮を剥がさない為に、ファンデも夏だけでも粉タイプにするべきです。粉タイプのファンデは、洗浄力の弱いクレンジングでも落とすことができますので、肌ダメージが小さいのです。ミネラルファンデが一番良いのですが、カバー力が気になるなら パウダリ―でカバー力があるものを選びます。

腫れ物に触るようにという言葉どおりに、ニキビの洗顔で気を配る時期は、洗浄力が高いだけで洗顔料を選んではいけませんよ。洗顔料選びは、毛穴に強いものを選びます。角質層を守りながら、毛穴の汚れを掻き出してくれる洗顔料は、そうありません。得てして角質層を必要以上に剥がしているものが多いからです。 洗面所

皮脂が大好物な、黄色ブドウ球菌の繁殖でかゆい

皮脂が毛穴に溜まると、それを餌にするアクネ菌と黄色ブドウ球菌が増えていきます。ニキビの炎症を起こす原因の細菌で、特に黄色ブドウ球菌がかゆみの原因なのです。

皮脂を抑えることで、アクネ菌と黄色ブドウ球菌を増やさないことです。また、炎症を起こした肌を沈めるために、「グリチルリチン酸ジカリウム」などの消炎作用のあるものを使用します。

スポンサードリンク

カバー力があり、肌に密着するリキッドファンデは、毛穴を塞ぐために、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が喜ぶ環境にしてしまいます。毛穴を塞がない粉タイプのファンデが、望ましいのです。

ファンデ以外にも髪の毛などで、風が当たらない状態になっていると、やはり2つの菌は喜んで増えていきます。

皮脂を抑える

必要以上に分泌される皮脂を抑えるには、やはりビタミンCが効果的です。ビタミンCは、毛穴を引き締める作用もありますので、引き締まった毛穴で皮脂が入り込むのを防ぎ、皮脂自身も抑えることができます。

保湿する

ニキビの原因は、角質層の状態もあります。

先に書きましたように、健康な肌が正常な周期で再生され続ければ、毛穴に皮脂が詰まっても、新しい肌が押しのけてしまいます。肌の新陳代謝を上げることが、重要です。

新陳代謝の妨げになっているのは、乾いた肌です。乾いているために、肌を守るために皮脂を分泌させたり、肌のハリ、潤いを保つために真皮層にも負担かかっています。

潤った肌を保つことは、肌再生を行う真皮層に活力を与えることになります。

また、真皮層自身が年齢により衰えていることもあります。中学生や20代以下であれば、このようなことは気にしなくても良いのですが、20代以降はそうはいきません。若い世代は、皮脂分泌と炎症を抑えるだけで、ニキビが収まることも多いのですけれどね。

肌に必要な栄養を与える

肌代謝を上げる最も有効な手段は、肌の真皮層を健康にさせることと言われています。

肌を作っている成分の元、アミノ酸を取り入れたいところです。真皮層の大部分を、占めるコラーゲンもアミノ酸が集まったものです。コラーゲンの合成を、助けるビタミンCも同時につけるとより良い状態になります。 ドレッサー

以上、大人ニキビのケアを行う時に重要なことを、下記の5にまとめます。

  • 毛穴を塞ぎ、洗顔に負担がかかるリキッドファンデを控える
  • 毛穴洗顔を中心としたもので、余計な角質を除去しない
  • 常に潤った状態にする
  • 炎症を抑える
  • 代謝を促す栄養を、肌に与える

上記のこと考慮されたニキビケアがあります。こちらから 、サイトの中を覗いてみてください。上記に記載した、にきびのかゆみを止めるための対策が、ほとんど書かれています。


スポンサードリンク