広告 

大人ニキビは、皮脂を抑えるだけでなく、保湿も大切

ニキビとは全く無縁の方でも、ある日ポツンとニキビができることがあるようです。
食べ物が悪かったのか、内臓が弱っていたのか、ホルモンのバランスやストレスなど原因は様々、ただ、思春期のニキビと違って大人ニキビで一番厄介なのは、ニキビ跡です。
メディプル薬用VCローション

 

新しい肌では、ニキビを消せない大人ニキビ

思春期のニキビは、成長ホルモンが活発で肌再生力も違います。
肌を作り上げる美肌成分もたっぷりあるので、例えニキビができても、ニキビ跡の心配はそれほどないじゃないかしら。

何度も何度も繰り返したニキビや、膿ニキビなら別だけど、多くの場合は綺麗な肌に戻せます。

でも、大人ニキビになるとだめね。ニキビ跡の色素沈着には、気をつけたいものです。
ニキビにも効いて、ニキビ跡の色素沈着に良さそうなビタミンCローションを見つけました。

 

誘導体の種類に技ありのサイエンスコスメ

メディプル薬用VCローションという、サイエンスコスメブランドから出ています。
このVCローションを使用して嬉しい事は、とにかくたっぷり使用できると言うこと。

つけるビタミンCって、高濃度だとか成分の安定性だとかで、小さな小瓶に入って大切に大切に使うでしょう。使う量とか気にしないで、パシャパシャと振りかけて使えるVCローションを初めて見ました。

 

ビタミンC誘導体は医療機関でも使われているもの

パシャパシャ使えて、配合されているビタミンC誘導体も魅力があります。
通常ビタミンCは、皮脂の油を通過させることができないために、油や浸透性の良い物質と結合させて化粧品にします。結合させる物質によって、ビタミンC誘導体は、多くの種類を持っているのです。

無論、働きやパワーも違ってきます。

メディプル薬用VCローションで採用されているビタミンC誘導体は何でしょうか?
リン酸エステル型誘導体を採用しています。
リン酸エステル型誘導体は、皮脂分泌抑制、活性酸素除去等の作用があり、ニキビ対策の有効成分として医療機関でも使用されているのです。

 

ニキビ専用に作られたVCローション

メディプル薬用VCローションは、配合されている成分がにきび用に効くように作られています。

スポンサードリンク

炎症ニキビを優しく抑えてくれる、グリチルリチン酸ジカリウムを加え、ニキビで弱った肌にたっぷりの潤いで覆い尽くしてくれる、マリンコラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチンなどの保湿成分を配合しています。

しかも、皮膚科でのにきび治療薬には必ず配合されるといわれている、ビタミンB2とビタミンB6で、肌の水分と油分のバランスを整えてくれるのです。

下記の微妙に黄色い色は、ビタミンB2とビタミンB6の色です。
メディプル薬用VCローション

 

試してみました

実は、すっごく気に入って買ってみました。
超シンプル、紙袋に包まれてやってきました。宛名が手書きだったことが、愛を感じちゃいます。

中を開けてみたらビックリ。私が頼んだのは、左側のメディプル薬用VCローションなのですが、沢山のサンプルが入れられていたんです。
しかも、パウチでなく小さなボトルに入れて、商品名がシールで貼られています。パウチでないので、開けるのに力がいらないし、使用分量も自分の好みで使えます。

デザインや色に凝ったりしていない分、使う側にとっては、これって相当使いやすいですね。
メディプル薬用VCローション

 

おいしそうなボトル

さて、本命のVCローションは、ちょっぴり、美味しそうなボトルです。(表現が変ですみません。)
手の中にすっぽり入る大きさで、軽くて、想像していたどおりに、すんなり中身が出てくれます。
メディプル薬用VCローション

 

つっぱらない、かさつかないVCローション

洗顔後、ぱしゃぱしゃってやってみたら、覚悟していたカサツキがありません。
通常ビタミンCはカサつくので、洗顔後たっぷりローションを含ませてからつけるのですが、さすがにこれはないです。

皮脂抑制力ほんとうにあるのかな?と疑ってしまいます。

何処にも書かれていませんけど、水溶性なのでしょう。ビタミンC独特のべたつきを感じることもなく、お腹一杯になるほどの潤い感で、気持ちがいいーというのが感想です。

さすがにVCローションだけあって、つけた後は毛穴が引き締まります。でも、つっぱらない?! かなりソフトなVCローションです。

大人ニキビのケアに必要な保湿成分がたっぷり配合しているということが、魅力です。

スポンサードリンク