30代スキンケアは肌の油分と水分のバランス力のあるものを

広告

肌の油分不足と水分不足を補うのは、実は簡単ではない

シミ一つない、きゅっと引き締まった肌が『ゆるゆるになる』のを実感するのは、30代となります。確かにハリや、20代の頃のスベスベ感は無くなっているのです。

だからと言って、雑誌広告やCMの言葉に踊らされて、シミ、たるみ、シワとおどおどしていら駄目ですよ。 新緑

肌老化は急には来ない、今やるべきこと見定めなくちゃ

最初に発見したシミは、世の終わりが来たかと思うほど真っ暗になりませんでしたか?目尻のシワとて、たまたま肌のコンディションが悪いだけなのに、コラーゲンサプリを買わなくちゃと焦ります。

チェッチェッチェッと人差し指を振って、否定したいのが、叔母さんの本音です。昨今の女子は、肌に良い食材を知っています。豊富なサプリも、いくつか飲んでいるはずです。繰り返し特集が組まれる雑誌で、美肌に良い生活習慣や、腸内環境を良くする方法だって試しているかもしれません。

UVカットだって、グッと精度が上がって、私と同年齢の方とて、驚くほどシミが少ないことに気が付きます。何と言っても母親を真近に見ていますので、はっきり言えます。昔と比べて、肌年齢の進行はゆっくりですので、メディアに踊らされては駄目なのです。

養分たっぷりのスキンケアは、30代の肌を逆に弱らせる

心配なのは、不安な気持から、お手入れ過多になってしまうことです。肌は正直で不必要な栄養を与えても、浸透することなく拒絶してしまうからです。行き場を失った、栄養分は毛穴に入り込み、毛穴を詰まらせるだけとなります。

逆に、肌の油分不足、水分不足の極限に達してしまった肌は、勢いよく吸収していくはずです。

30代のスキンケアは、肌の油分と水分バランス力を整えるだけで上手くいきます。

シミはシミの部分だけをスポット的にケアを

できはじめたシミには、プラセンタ原液やハイドロキノン等でスポット的にケアをします。これ以上、シミを作らないように、保湿力はつけるべきです。

ところで、水分を貯め込むには、外側の角質層の状態を良好にすることです。それは、バケツに水を汲むように簡単なものではありません。

角質層は何層にも重なりあって、水分を層の間に挟み込み、外部から入りこんでくる異物を侵入させないようにしています。外部の異物は、細菌や埃と言った固体ばかりではありません、紫外線などの光や温度もあります。これらの刺激から、守っている角質層の仕組みって、とっても精巧で良くできているものなのですよね。

逆に体内のコンディションを整える働きもあります。毛穴を開かせて汗を出すことで、体温を一定に保ったり、有害物質を肌から排出させたりもしているんです。角質層の健康を保つことは、保湿力に繋がり大切なことです。30代の肌に見合った方法で、保湿力を上げたいものですね。 海の水

目尻の小ジワは、乾燥です

シワは、肌の土台が変形したり縮小することで、皮膚がよれてできるものです。

でも、若いうちのシワは、たっぷり保湿を行うことで解消できるものばかりです。たまたま、水分が少なくなった皮膚が縮んで、シワになっているだけのこと、多いのですから。

一日に何度も瞬きをするために、乾燥していれば、折ジワとなります。たっぷり水分を補って、折ジワを伸ばせば、(そうアイロンをかける時に水蒸気が必要なように)元に戻りますよ。

目の周りの薄い皮膚に、しっかり浸透する保湿ケアを選びたいものです。

たるみ毛穴は、毛穴を引き締める力が弱くなったから

顔の筋肉が衰えてたるんできたなんて、まだ、早い早い。沢山友達とおしゃべりをして、一杯笑って表情筋を鍛えれば、顔の筋肉なんてそうそう衰えることはありません。

昼休みも会話をせずに、スマホとにらめっこなんてことありませんか?下を向いて同じ表情ばかりしていたら、顔の緊張感はなくなり、垂れてくるはずです。

筋肉より大切なことは、開いた毛穴を、引き締める肌の柔軟力の方が心配です。ビタミンCのような収れん作用のある、化粧水を使って、引き締める力を衰えさせないようにしたいものですね。

そんなまだまだ、エイジングスキンケアにどっぷりつかるには惜しい、30代のスキンケアを見つけました。程良い緊張感を顔に与え、酵母発酵された成分が、ちょっぴり疲れはじめた肌にジワリと浸透してくれます。

オーガニック化粧品のオラクルと同じ化粧品メーカーから、発売されたアルケミーと言います。 アルケミートライアル

スポンサードリンク
アルケミーを使ってみました。

アルケミーの魅力は、独自の技術を使った、酵母発酵エキスVEGALを使用しているところです。

VEGAL(ベガル)とは、保湿成分となる糖質、製肌作用を持つミネラル、ハリや弾力を作るタンパク質、引き締め効果を持つ有機酸を、酵母・醗酵させたエキスです。ベガルの浸透力は、肌に負担をかけることなく浸透し、濃密な潤いをあふれるほど与えてくれます。このベガルの開発に、3年の歳月をかけたそうです。

角質層の材料であるタンパク質や糖質を補い、収れん作用をサポートさせます。たっぷりの潤いでみたすことで、20代のツヤやハリのある肌を呼び戻すことが目指すところです。

5アイテムの1週間のトライアルを使用して、アルケミーの魅力を実感することができました。

  • メイク落とし(ハイドロ リフレックス クレンジングゲル)
  • 洗顔料(ハイドロ リフレックス ウォッシングフォーム)
  • 化粧水(ハイドロ リフレックス ローション)
  • 美容液(ハイドロ リフレックス セラム)
  • クリーム(ハイドロ リフレックス インテンシブ クリーム)

アルケミートライアル

メイク落とし

クリーム以上に摩擦がなく伸ばすことができ、オイルクレンジングよりも素早くメイクと馴染みました。それでいて洗い上がりにしっとり感を残し、油膜もありません。 アルケミークレンジングゲル

不思議なジェル状のクレンジングとなります。 アルケミークレンジングゲル

洗顔料

そのまま肌に馴染ませても、優しい洗い上がりなので、肌をカサつかせる悪い成分が入っていないのだと知りました。洗顔後も洗顔前と同じ、肌感覚でした。 アルケミー洗顔料

朝洗顔が苦手な私の年齢でも安心して使える洗顔料です。 アルケミー洗顔料

化粧水

ほんのり香るローズのにおいに、幸せな気分になります。浸透は素早く、潤いで満たされると言うより肌密度を上げるように、きゅっと引き締まるのを感じました。 アルケミー化粧水

使い続けることで、ハリがわかりました。角質層の水分と油分のバランスを整えれば、ハリは取り戻せると言う私の持論を、裏づけてくれたかのようです。 アルケミー化粧水

美容液

美容液というより、クリーム形状でつけ心地もクリームです。つける終わると、油膜感もなく美容液であることに気づきます。 アルケミー美容液

バニラとバラの香りが鼻をくすぐりながら、引き締まった肌を更に密度を高めていくようです。年齢肌の毛穴もキュッと持ち上がるかもと、鏡を見ましたが、駄目で大きな毛穴のままでした。 アルケミー美容液

クリーム

角質層の主成分であるセラミドⅡを配合して、バリア機能を助けます。ダマスクローズオイル、センチフォリアアブソリュートといった、希少性の高いローズオイルをを配合していて、上質な潤い感に浸ることができました。 アルケミークリーム

量が少なくて、もう少しサービスしてと、お願いしたいところです(笑)。 アルケミークリーム

スポンサードリンク