リフトアップクリームの品質は、他のスキンケアバランスが決める

広告

エイジングケアも食事同様、総合バランスよ

サプリメントは単一成分から、機能性にあわせた複合成分のタイプになりました。食事もバランスが第一で、1週間単位で献立を考えるのが良いそうです。

リフトアップクリームは続々と質を高め、ほうれい線やたるみに効くクリームも現れてきています。とはいえ、リフトアップクリームと、同時につけるスキンケアのバランスによって、実感は随分違ってきています。最近、美容に詳しい方ならご存知のはず、コラーゲンの生成のためにはビタミンCのサポートは無くてはならないものです。アミノ酸ペプチド配合のクリームを使うなら、ビタミンC美容液を加えればグーンとふっくら感は違ってきます。

リフトアップクリームの良いものを探しているなら、トータルバランスが優れたスキンケアを選ぶのが近道となります。 女性の口元とデコルテ

美容皮膚科の技術の進歩がリフトアップクリームを生んだ

顔のたるみやほうれい線ケアの場合、本来リフトアップはクリームでは、不可能とされていました。顔の皮膚の下には、脂肪があり、皮膚と脂肪を支えている筋肉があります。肌がたるんでしまう理由は、皮膚のたるみ、脂肪の増加とたるみ、筋肉(表情筋)の衰えが絡んでいるために、一つの方法では無理とされていたのです。 皮膚の構造

しかし、美容皮膚科ではメスを使い、外側の皮膚を引き上げることで、リフトアップを実現させていました。今でこそ、メスを使う手術は少なくなったとはいえ、外側の皮膚をハリ感をもたせて、たるみやほうれい線の施術を行っています。つまり、『肌をピーンと張らすことができれば、顔のたるみやほうれい線を目立たなくさせることができる』って、今までの美容皮膚科の流れが語っているのです。

そんなことから、化粧品でリフトアップなんてできないと思われていたけど、思考錯誤が実を結んでいます。美容皮膚科でシワに使われているレチノールや、ボトックスに使われている成分を取り入れたり、肌細胞に働きかけるグロスファクターを使いながら、肌を伸ばそうという試みのようです。さらに、たっぷりの保湿ケアを行いながら、適切な複合成分のリフトアップクリームを使います。

『たるみ・ほうれい線ケア』の各アイテムのミッションを解明

化粧品だって、挑戦すべきです。特に、浸透技術に自信のあるビーグレンの『たるみ・ほうれい線ケア』プログラムは、各々の使用するアイテムに明確な役割を与えて、バランスよく働きかけるしくみです。

単に浸透させるために化粧水から、クリームまで揃えたといった漫然としたアイテム構成ではなく、各々のアイテムにミッションを与えています。使ってみればどれ一つ欠けても、望む肌を得られなかったと思えるほど、働きものであることに気づかされるはずです。 たるみほうれい線ケア

化粧水

EGFやFGFなどのグロスファクター成分や保湿成分を、小さな1カプセルに、バランスよく入れ込んでいます。肌に届いた時に、カプセル単位で各々の働きを遂行することができるようになっています。

スポンサードリンク

ご存知でしたか?化粧水の中に配合されている成分は、バラバラで偏っていたり、ただの薄い水だったりして、均一に肌に届けられていないのが普通です。

食事と同じ、化粧品の成分もバランスよく配分してこそ、大切なミッションを果たすことが可能となるのです。形状が水なので、QuSomeローションと名前は付いているものの、これはグロスファクタークリームって、呼びたくなります。 QuSomeローション

リフトアップ美容液

美容皮膚科で使われてきたリフトアップ成分をふんだんに入れ込んだ、美容液です。10-YBローションで、ひたひたになった肌の中を自由自在に浸透してくれます。

毛穴があり、細かい起伏があった凸凹の肌が滑らかになり、次第にほうれい線までも目立たなくさせます。私は、即効で、変化を感じました。

従来のエイジング化粧品に加えて、ワンランク上の艶やかな大人の肌を作る事を可能にしたのは、このリフトアップ美容液です。QuSomeと同じ、美容液というより内容は、リフトアップクリームと呼びたいです。 リフトアップクリーム

ビタミンC美容液

どんなにケチって少量をつけても、確実に届いてくれると信頼しているピュアビタミンCとなります。浸透力と、少量でも確実に働いてくれることを知っているからです。

想像していたより低刺激になっています。肌が弱くて敬遠していた方も、今回からは使えるんじゃないかと思える内容に仕上がっていました。

肌を引き締め、コラーゲン生成をサポートさせ、肌環境全般に気配りをしてくれる働きものです。 ビタミンC美容液

モイスチャーリッチクリーム

油膜感ゼロ、ジェルのような膜感もゼロ、たっぷり入れ込んだ水分のクッションが、外部刺激をはねのける感覚です。翌朝もほとんど変わらず、潤ったままの目ざめにびっくり。 モイスチャーリッチクリーム

洗顔料

スキンケアの最初に使う洗顔料ですが、この洗顔料こそクリームのようです。洗い上がりに感じる薄い膜感が、ささくれ立った肌やゆらいでいる肌を、すっーとなだめてくれます。まるで、栄養クリームのようです。

ビーグレンの全てのアイテム共通で使われています。ニキビ肌、乾燥肌、脂性肌の本来の肌質に深く干渉することなく、不要な汚れをとる仕事だけを忠実にこなす、融通の利かない執事のような洗顔料なのです。 クレイウォッシュ

ビーグレンエイジングケアが再分割されて、リニューアルしています。まずは、トライアルよりお試しください。

スポンサードリンク