タナカミネラルソープなら、塩洗顔効果でくすみと毛穴小さく!

広告

適度なミネラルとスクラブ効果を狙う洗顔

できるだけ優しく毛穴の汚れを取り除き、肌のキメを損ないたくない場合、塩の力も魅力の一つです。食用で使う天然塩のようなザラザラのものは、さすがに肌を痛め、毛穴どころではありませんが、微粒子化した塩を使えば肌荒れの心配もありません。

塩には、毛穴に詰まった皮脂や老廃物を排出させて、新しい皮脂の分泌を促す働きがあります。自らの皮脂で肌にベールを作り、肌バリアを強化させ、保湿力を高めます。

取り除いた後の毛穴をキュッと引き締める塩の働き

洗顔後はいつもぽっかり開いた毛穴が、気になります。毛穴の引き締めの収斂化粧水を使用してみますが、その時はキュッとなるのですが続きません。

問題は、洗顔時です。

洗顔時に必要以上に皮脂や肌水分を取り除いてしまうと、肌のバリア機能が働かなくなります。肌のバリア機能は、肌細胞に含まれる水分量によって作られているためだからです。とり過ぎた物を、後から補うのもなかなか・・・

洗顔時に『毛穴の汚れは取ってほしいけど、肌細胞の水分を失わない!』というのが、毛穴洗顔のポイントとなります。 洗顔石鹸の塩入り保湿成分入り

塩は毛穴の詰まりをとり引き締める

毛穴に期待できるのは天然の塩です。塩が毛穴の中に入り込み、塩に含まれるマグネシウムが毛穴の汚れを取り除き、カリウムには引き締め効果があります。
そのために、塩洗顔後の肌はツルツルになるのを実感できます。

塩が肌の余分な汚れを落とし、毛穴にも良い効果を見せているからです。その他、肌のターンオーバーを促進させたり、血行を良くしたりする効果がります。

最初にも書きましたが、塩に含まれる成分は魅力的ですが、食用の塩の形状では逆効果です。塩にはスクラブ作用もあるので、余計に皮脂や肌水分を奪う恐れもあります。塩の良い成分を取り込みながら、肌を守ってくれるものとなるものが良いのです。

タナカミネラルソープを使ってみて

今回使ってみたタナカミネラルソープには、多くの美肌効果があるのですが、私が一番使ってみて嬉しかったのは、洗った瞬間くすみが取れて、毛穴が小さくなっていた事です。

特に、塩に含まれるマグネシウムとカリウムの量にこだわり、天然ミネラルが豊富に含まれている、九州玄海灘の「またいちの塩」を使用しています。下記のまたいちの塩と一般の塩の成分の違いの表を参考にして下さい。 洗顔石鹸の塩入り保湿成分入り

毛穴に期待できそうと、ワクワクしながら、タナカミネラルソープを注文します。

スポンサードリンク

箱に高温注意ありますが、石鹸はとっても柔ら~いです。 洗顔石鹸の塩入り保湿成分入り

タナカミネラルソープの石鹸と他4点セットなのに、1点キッチンなどで使う除菌剤も入っておりました。(?)今だけのプレゼントでしょうか? 洗顔石鹸の塩入り保湿成分入り

箱の中から取り出された石鹸は、何の模様もなくとっても地味です。タナカミネラルソープって、今はTVで、『泡でしあわせ』なんてCMやっていますが、ちょっと前までは、地味で硬いイメージだったんですよね。

クレンジング

タナカクレンジングSPは、ゆるいテスクチャで、メイクにも直ぐ馴染みます。すすいだ後にしっとり感が残り、潤いが感じられますが、ポイントメイクはあらかじめ落としたからの方がよさそうです。 クレンジング

洗顔石鹸

泡立てネットを使用せずに泡立ててみましたら、かなり重いずっしりした泡ができました。顔に泡をのせて馴染ませますと、泡の摩擦を感じます。

でも、塩のザラザラ感はまったくありません。良かった!

すすいでいる時に、自然なツルツル感を感じて、『塩洗顔の効果ってこんなかなぁ~』と実感。 洗顔石鹸の塩入り保湿成分入り

リフレッシュローション

タナカリフレッシュローションは、ミストで、プレ化粧水のような働きをしてくれます。洗顔直後は気になりませんでしたが、予想以上に浸透が早い!

顔全体に振りかけた後は、少しハンドプレスをすると、すぐにサラッとします。 タナカリフレッシュローション

栄養クリーム

タナカモイスチャークリームEXは、オレンジの透明なジェルです。微かなヒノキのような香りがします。つけた後は、しっとりと肌を落ち付かせてくれます。 栄養クリーム

大きな石鹸で3カ月位持ちました。保湿効果ありです。皮脂の量が少なくなり、朝起きた時の油田が気にならなくなりました。

でも、やはり何と言っても毛穴が小さくなりたことが嬉しいですね。塩洗顔と保湿効果で、すっかりだれていた毛穴シャッキリしたせいでしょうか?

塩洗顔、賛否両論がありますが、洗顔石鹸を作り続けた自然派化粧品のものを使えば、それほど怖くはありません。塩の良いところだけが体感できるはずです。

スポンサードリンク