スポンサードリンク

開いた毛穴が閉じない原因を探る!毛穴ケアは個別に違う

毛穴の状態は、肌質、年齢、間違ったケアによって異なる

毛穴の開きの理由は、千差万別。皮脂が詰まって角栓ができた毛穴と、ハリを失ってたるんだ毛穴、肌荒れでキメを壊した毛穴と、作られ方が違ってきます。

毛穴のお手入れは、原因毎に行うのが本筋ですが、雑誌や友達の話をうのみにして、同じスキンケアを行う人がいます。結果、失敗だったなんて話は、良く聞く話です。

毛穴ケアのスキンケアは、かつては漠然としていたけど、ピンポイントで機能を明らかなってきました。全ての毛穴に効くというのは、毛穴が開いていない予防の段階。或いは、乾燥毛穴をターゲットにしている場合が多いようです。

既に毛穴が開いて閉じない場合は、毛穴に対してどうアプローチしてくれるのか、機能を明確にしているスキンケアが現れ始めました。まさに、サイエンスコスメの時代です。closeのドア

なるほど、私も意識を変えて、より積極的な毛穴ケアをアプローチします。まずは、自分の毛穴が閉じない原因を、探ることが先決です。

肌質毎の開いた毛穴の原因

肌質で毛穴が目立ちやすいのは、乾燥肌よりオイリー肌の方です。しかし、乾燥肌の方でも、肌バリア機能を低下させるとキメが乱れて、毛穴は目立ちます。

機能を明確にした有効成分も開発され、自分の肌質に合うのか否かの判断がしやすくなりました。個人差があるので、肌質だけでは一概には言えませんが、情報収集は大切です。

オイリー肌

皮脂は、角質にダメージを与えて毛穴をつくりますし、放置すれば深くなってしまいます。毛穴詰まりを放置すると白い角栓となり、さらに毛穴を広げていきます。角栓をそのままにすれば、にきびになり、ニキビ菌が炎症を起こし、さらに毛穴の壁にダメージを与えて深く広がってしまいます。

従来は、毛穴の汚れを洗顔で取り除くケアが中心でしたが、より早期の予防が課題です。皮脂分泌が気になるオイリー肌用に、ライスパワーNo6という皮脂分泌抑制の有効成分が生まれました。しかし、皮脂量も心もとない乾燥肌の方には向かないかもしれません。

乾燥肌

角質層にある角質細胞は水分によって太り、キメと透明な肌を作り出します。水分が少ない乾燥肌の場合、角質層は痩せてしぼみ、毛穴を開かせる原因になるのです。

乾燥肌の人は、皮脂も少ないので、脂で光の反射率が弱くなります。窪んだ毛穴が目立つ理由です。

乾燥肌を放置すれば、毛穴の奥の保湿力も低下して、開いた毛穴が落ちくぼむ一方となります。

毛穴は大きく深くなるもので、一度開かせると元に戻すのが大変です。 弱った角質層を補い保湿力を高めるスキンケアを中心にします。肌内部の潤いを保てるように、低分子コラーゲンや低分子ヒアルロン酸などのサプリメントで、徹底的な保湿ケアを行うのがおすすめです。 乾いた水田

年齢毎の開いた毛穴の原因

年齢による毛穴の種類は、若い世代で皮脂過剰な肌と、ハリが気になる肌によって分けられます。若い世代に過剰なエイジングケアは肌を甘やかせますし、ハリが気になる世代にスクラブ洗顔や毛穴パックは逆効果です。

皮脂過剰な若い世代

皮脂分泌が盛んであると同時に、肌のターンオーバーも勢いがある年代の時は、角栓をつくるスピードも速くなります。デートやショッピングと屋外での過ごすことが多いのも、若い世代です。白い角栓も、紫外線を浴びで黒ずみやすくなります。

毛穴を広げるのは、詰まった皮脂だけでなく皮脂と書きました。皮脂に含まれる不飽和脂肪酸が、毛穴の壁にダメージを与え、すり鉢状に広げるからです。

角栓を取り除くために、2週間に一回の周期で、毛穴パックやスクラブ洗顔をお勧めします。角栓ができる前の予防には、温感ケア用のクレンジングや、角栓専用のオイルクレンジングなどの使用で皮脂を溜めないようにします。

皮脂が気になるようでしたら、ノンオイル専用のスキンケアもありますので、チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク
肌のハリが気になる世代

古いターンオーバーが遅れがちになる年齢になると、本来はがれ落ちるべきの角質がそのまま残ることがあります。はがれ落ちなかった角質の奥に、角栓が埋もれてしまうこともあるそうです。埋もれ毛穴といわれています。肌ゴワゴワして硬くなったと感じたら、定期的なピーリング洗顔を行うことで、埋もれた角栓の解消ができます。

ハリが失われると毛穴も重力に従い、下や横に引っ張られたるみ毛穴を作ります。たるみ毛穴を放置していると、たるんだ毛穴がつながりシワのように見えます。

毎日のスキンケアで気をつけることは、下から上にと手を動かすことです。化粧水や乳液などを塗る時はもちろん、クレンジングや洗顔時も引き上げながら洗うのを習慣にしたいものです。

肌のハリを戻すことで、毛穴にかかる下への重力を取り除きます。ハリの元である真皮層のコラーゲンやエラスチンを、活性化させるものスキンケアを使ってください。コラーゲンやエラスチンの産生を助けるサプリメントや食事にも、本気で取り組みます。

たるみ毛穴は、血流やリンパの流れ、表情筋など顔の筋肉も関係しています。マッサージやカッサなどで、巡りのお手入れを加えてもいいでしょう。筋肉に微電流を流して、刺激してくれる美顔器の利用もありですし、表情筋のエクササイズも効果的です。

やらなければならないことが沢山あると、ゲンナリするのではなく、美容器具を楽しみながらお手入れをする気持ちでチャレンジしましょう。 女子の部屋

肌トラブルや間違ったケアで開いた毛穴の原因

毛穴ケアの失敗で引き合いに出されるのが、『毛穴をパックを何度もやって余計毛穴が大きくなった』という話です。鼻の毛穴パックは、詰まった角栓をとるのに便利なグッズです。毛穴パックを使うべき状況の人が、正しい方法で行っていれば問題になりません。

毛穴パックが必要でない人が使い、効果の実感ができないために、何度もパックをしてしまう。そのために逆に、毛穴を広げてしまうのが正確なところです。

閉じない毛穴の場合は、ワイシャツのように形状記憶されて、元に戻すのは難しくなります。ビタミンCやグリシルグリシンで毛穴の表面を引き締めた後は、たっぷり保湿を行い毛穴の奥の肌を太らせます。これは、いずれの閉じない毛穴にも共通して言えることです。

角栓ケアの失敗

角栓を取り除いた後、新たな角栓が作られる期間は、6日後といわれています。肌のターンオーバーは28日ですので、無理な角栓ケアで角質に負担をかければ、肌バリアを傷めて新たに毛穴を作ります。角栓ケアの失敗は、毛穴を開かせる1番の原因です。 失敗を後悔している犬

毛穴パックやスクラブ洗顔は、即効性は高いけれどリスクも高い。肌のターンオーバーに合わせて、28日に1回が良いと考えます。

通常の角栓ケアは、1週間周期(角栓が硬くならないうち)で行います。肌が十分にほぐれて柔らかくなった入浴後などを利用して、バームやオイルをつけたコットンで、優しく押し出すのが理想です。

毎日の角栓予防も大切です。角栓専用の洗顔料、洗顔ブラシ。次に角栓にも対応したクレンジングと、小さな積み重ねが大きな角栓を防ぎます。 洗顔の泡

角栓ケアを行った後は、毛穴引き締めを行います。毛穴引き締めに効果的なのは、ビタミンCですが、最近、毛穴を小さくすると言われているグリシルグリシンなども話題です。

こうした引き締め効果のある成分は、即効性はあるけど、継続性はイマイチです。 毛穴の奥から引き締めるには、やはり保湿力のある肌、弾力のある肌です。毎日のスキンケアは、気が抜けない理由がここにもあります。

肌荒れが毛穴開きをつくる

肌荒れを起こし、角質にもダメージが加わっている状態の時は、キメも整っていません。潤いもなく一つ一つのキメが痩せているために、角質が毛穴を押しつぶせずに目立たせています。

肌荒れが起きている時は、毛穴パックやスクラブ洗顔はもってのほか。万が一、毛穴パックをすれば、毛穴の壁は乾燥で縮まり、新たな毛穴を作ります。 肌バリアを補うスキンケアを使い、高保湿なクリームで潤いを溜めこませます。

スポンサードリンク