石鹸で落とせるリキッドファンデは普段着用とお出かけ用を

広告

肌に優しいだけじゃないのね

密着度が高く伸びが良いリキッドファンデーションは、油分が多いと言われています。そのため、油を落としが苦手な石けんではなく、クレンジングを使用します。女子ならば誰もが知る常識ですが、石鹸で落とせるリキッドファンデがあります。

私が普段使い、お出かけ用として使用しているファンデを、2つ紹介します。普段使いは、京のすっぴんさんのナチュラル素肌クリームBB。お出かけ用は、ヴァーチェのミネラルリキッドファンデーション。

京のすっぴんさんは、休日のUV対策用に、ヴァーチェの方は他のファンデと同じ用途で、おしゃれ用としています。石鹸で落とせるファンデでありながら、私の用途にこたえてくれています。妥協することなく、満足感が高いのが驚きです。 石鹸で落とせるリキッドファンデ

何故クレンジングが嫌なの

クレンジングが苦手なのは、ヌルつきがなかなかとれないことです。以前は、ファンデとクレンジングが混ざる乳化時間が、長いことがストレスと言われていました。今は、乳化時間を、問題にする人はいません。

乳化時間を速くなった理由の一つは、クレンジングの油分を増えたこと。 油分が増えた分、水との親和性が下がってしまいます。こうした油分とも水分とも溶けあうことができる物質を、界面活性剤と呼ばれています。界面活性剤が、油との馴染み強くなれば、ヌルつきがとれにくくなります。

ところが、すすぎ時間が速いクレンジングも現れました。文字通りそうであるかと言えば、やはり肌に何か残っている感覚は歪めません。

更に、メイクとの乳化時間も早い、すすぎ時間もストレスを感じないクレンジングも、にわかに現れます。しかし、こうした優秀と思われるクレンジングほど、使い続けると得てして肌が乾燥してしまうのです。

ヌルつきが残ると、割り切って作られたクレンジングもあります。固形の油脂、バームクレンジングが人気ですが、ファンデを落とした後に残った界面活性剤が、他のクレンジングのように不愉快ではありません。肌に残っている界面活性剤は、洗浄力がないことから、肌負担が小さいと言われています。

クレンジング技術は、進化して一概には言えませんね。嫌な理由を一言でいってしまえば、不自然な感覚が残ることです。多くの女性は、ファンデを使う限りは、この不自然感とも永遠に付き合い続ける覚悟をしています。 石鹸で落とせるリキッドファンデ

肌に優しいファンデーションの比重をどこに置くか

肌に優しいファンデーションは増えました。美容成分がたっぷり入っていて、つけていても楽、大げさでなく就寝前につけてスキンケア代わりになるのではと、思われるものもあります。やっぱり、大げさかな?

ただ、ファンデーションだけが優しくても、肌負担をゼロにはできません。使用しているクレンジングに満足していないなら、石鹸で落とせるファンデーションも検討してみては?

京のすっぴんさんのナチュラル素肌クリームBB

すっぴんという名前どおり、ファンデをぬっていることを忘れてしまいます。具体的に良いと感じた点をまとめてみます。

スポンサードリンク
  • 透明感とハリ感はアップするけど、シミは隠れない
  • 毛穴は光乱射のせいで自然に目立たない
  • つっぱりや乾燥がなく、すっぴん感覚
  • べたつかず、ハンカチで拭いても色が移らない
  • 数時間後、重ね塗りをしてもファンデがくずれない
  • 時間がたってもテカリや粉吹きがない
  • 塗っている感覚がない

石鹸で落とせるリキッドファンデ気になる点は、カバー力がいまいちなことと、ツヤ感が強いために上からパウダーをはたいています。おなじ京のすっぴんさんからでている、『絹肌べっぴんフェイスパウダー』も、石鹸でおとせますので一緒に使っています。 石鹸で落とせるリキッドファンデ

すっぴんで過ごしたい休日ですが、買い物や洗濯干しなどで紫外線が気になるなら、ナチュラル素肌クリームです。通常の日焼け止めクリームと比べると粘性がなく、伸びが良いので、乾燥肌の方でも使いやすいはずです。逆にクリームファンデでありながら、油っぽさがないので、脂性肌の方でも使えそうです。

ヴァーチェのミネラルリキッドファンデーション

私より20歳以上年下の女子が、私を見て、ファンデーションの銘柄を真剣に聞いてきたのが、ミネラルリキッドです。(信じられないかもしれないけど、本当なの。)優しいファンデは、すなわち、見た目に弱点があるというのは、もはや通用しない時代です。

ミネラルリキッドファンデは、つける時は水っぽくべたつき感が気になりますが、伸ばした後は予想に反してサラッとしています。

保湿を重視した美容液ファンデで、メイクオフした後にしっとり感が残ります。せっかく美容液ファンデを使っても、クレンジングと洗顔で肌が乾燥するようでは、元も子もありません。美容液ファンデに、石鹸で洗い流せる機能を組み合わせたのは、理にかなっていると納得。

ヴァーチェは、姉妹ブランドであるエトヴォスの得意とする、セラミドを配合しています。エトヴォスのセラミドは、サラッとしているのにしっかり保湿が私の印象。

配合している保湿成分は、セラミド1,3,6II、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、マルラオイル、アロエベラ、クロレラ、クズ根など。

私がミネラルリキッドファンデを使用して、良いと感じた点をまとめてみます。

  • つける時伸びが良く、薄づけができる
  • しみやくすみのカバー力は強いが、ツヤ感も強い
  • 乾燥しない肌が自然体でいられる
  • ふっくらした肌を作り、年齢不相応を心配する
  • メイクオフの後にしっとり感がある

石鹸で落とせるリキッドファンデ

気になる点は、ツヤ感が強いので上からルースパウダーなどで、抑えています。肌質が若くなるために、年齢不相応なのではとか、『いかにも頑張っています』と思われないかと不安になることです。

スポンサードリンク