広告 

色白になるには、毛穴ケアを正しく行う

色白のはずなのに、何故か黒ずんで見える原因に、毛穴の詰まり、ニキビ跡、繰り返されるニキビなどがあります。ニキビも元々は、毛穴の詰まりから起きる肌トラブルで、毛穴ケアの失敗から起きています。 ニキビのイラスト

年齢肌の毛穴は、食い止めないと進行する

青春ニキビは、元気なプチプチの肌が、勢い余って沢山出す皮脂ニキビです。ですが、大人ニキビの場合は原因が複雑です。

ストレス、ホルモンバランス、肌老化、生活環境と、様々。しかも、毛穴が詰まっていると気がつかないことも多かったりします。

実は私、もともと、年だから毛穴が開きがちなのよって、そう思って暮らしていましたが、ある日、化粧品を変えてみたら毛穴の底が見えるほど、ごっそり不要な角質が落ち、背筋が寒くなった覚えがあります。

肌内部に水分をたっぷり抱え込み、弾力のある若い肌は、毛穴の角栓を取り除いても、毛穴を小さくすることも可能ですが、年齢肌だとなかなかうまくいきません。肌内部の水分も少なく硬くなっていますので、収れん化粧水をちょっとぐらい使用してみたところで、言うことを聞いてくれないのです。

ここにたるみも加わったら、もっと大変です。重力が加わった毛穴が下に引っ張られて、さらに広がってしまいます。たるみが起きる原因は、表情筋の衰えや、肌弾力部分の減少、脂肪の増加です。

毛穴が大きくなればなるほど、陥没した部分に落とす暗い影が、黒ずんで見せます。ファンデを使えば、毛穴にファンデが詰まり、肌に与えるダメージも増える一方です。 毛穴ケアをしている女性

年齢肌の毛穴ケアは、洗顔料だけではない

毛穴に不要な角栓や、メイクなどの汚れが詰まりやすいのは、肌に潤いが足りなくなっている証拠。汚れを履き出させるだけの、肌力も低下しているに違いありません。

無理やり洗浄力の強い洗顔料で、取り除けたとしても、乾燥が進むばかりです。潤った肌が、自然に不要な角質を、排出させるようにしたいものです。

スポンサードリンク

収れん化粧品や引き締め効果のあるビタミンCが、効きにくくなっているのは、肌弾力が低下していて、硬くなっている為です。

実は私は、良く太陽を浴び続けて硬くなった洗濯ばさみが、自分の肌のようだって思えてなりません。洗濯バサミは、代わりはあるけど、自分の肌に代わるものはないはずです。

常に潤って弾力を保ち続けるには、潤い続けることができる肌環境です。弾力感は、弾力成分であるコラーゲンやエラスチンがたっぷりあることが大切です。

角質層の水分量が、肌の潤いを決める

もうひとつ潤い続ける肌環境を作るには、肌の外側を覆う角質層です。角質層にたっぷり水分を溜めこめるようにするものや、角質層の水分が外部に蒸散するのを防ぐものといった化粧品が開発されています。

個人個人の肌環境のどこが悪くて、潤いが低下しているのかは、誰も知ることができません。きっと、使ってみて、潤い続けることができると感じる化粧品がきっと、肌環境の弱点を補ってくれているものなのでしょう。

角質層の水分蒸散の防止は、本来人が持つバリア機能を真似たものや、バリア機能に含まれる成分を配合したものなどあります。これも、バリア機能の成分そのものが不足しているのか、バリア機能を生成する力が弱いのかは、各個人差があるはずです。

一般に、敏感肌で絶えず外部刺激でダメージを受けつづけている場合は、バリア機能を生成する力も弱いはずです。独自の肌バリア技術が特許成分として、注目を浴びているのも、敏感肌の方が増えた証拠ですね。 湖に落ちる夕日

ニキビや美白の悩みも、年齢肌が原因だったら

色白になりたい、ニキビ跡を直したいと強い気持ちで、美白化粧品やニキビ専用コスメを購入します。

もし、もしも、そこに潜んでいる原因が肌の衰えと感じることがあるなら、信頼できるエイジングケア化粧品を利用することが大切と、この頃思うのです。ビーグレンが提案する年齢毛穴ケアを使ってみた記事です。


スポンサードリンク