ビタミンCを美肌用にぬる化粧品のランキング

広告

ビタミンC化粧品選びに役立つ、美肌用ビタミンCの詳細

美容成分の中でも万能と言われているビタミンCだからといって、品質だけにとらわれると高額で、苦しい思いをしなくてはなりません。何のためにビタミンCを使用するのか意識すれば、必要以上に高い買い物をしなくても良くなります。 かんきつ類の果物

時として、悩みを解決するどころか合わなくて、肌荒れを起こすトラブルもあるそうです。下記に、ビタミンCを使う目的を、5つあげてみました。

今回ランキング形式にしてみましたが、ビタミンCの場合は順位はさほど関係ありません。肌質と肌悩みが、ビタミンCで解消できるのか否かを先に考えるべきだからです。

  • 毛穴の開きや黒ずみ
  • ニキビ対策
  • 美白効果
  • しみをできにくくさせる
  • 肌弾力アップを期待

ビタミンCの種類によって、肌悩み毎に使い分けるのが良い

ビタミンCは、4種類に分けられます。ピュアビタミンC、水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体といったところです。

ピュアビタミンC

ピュアビタミンCは水溶性であるために、皮脂膜から入り角質層から奥へ浸透しません。脂性である角質層が、水をはじくためです。逆に即効性は、期待できます。

そのため、洗顔後の毛穴の引き締め、毛穴の黒ずみ除去、皮脂抑制などを期待します。紫外線の肌老化も防げます。

水溶性の強みは、毛穴に入っても詰まらせにくいことです。皮脂分泌を抑制させ、抗炎症作用もありますので、にきび予防になります。

乾燥肌や敏感肌の方は、注意が必要です。ピュアビタミンCが刺激になることがありますので、濃度が選べるビタミンCであれば、低濃度を選びます。

水溶性ビタミンC誘導体

ピュアビタミンCとほぼ同じです。

ただ、即効性に関しては、ビタミンC誘導体の種類にもよります。ビタミンCに結合させた糖やリン酸が、肌の中で分解してビタミンCに戻りますが、この還元されるまでの時間が長いものがあります。

結合前のビタミンCが、分解後、全てビタミンCになるとも限りません。水溶性ビタミンC誘導体の中で、もっとも効果があるといわれていうのは、リン酸アスコルビルマグネシウムです。クリームをつける

脂溶性ビタミンC誘導体

 

脂溶性ビタミンCは、水溶性と比較すると浸透力があり、低刺激です。しかし、即効性は低いといわれています。

シミの素であるメラニン色素の生成抑制、色素沈着を防ぎ、すえにできているシミも薄くする働きがあります。また、肌弾力の素とされるコラーゲンの産生を促します。

脂ですので、皮脂過剰な方やニキビ肌の方には、不向きです。逆に、乾燥肌の方は使いやすいはずです。

良く耳にするのは、パルチミン酸アスコルビル(エステルC)ですが、最近の研究で皮膚の酸化を促進するといわれています。

浸透型ビタミンC誘導体

水溶性と脂溶性のいいとこどりをした、ビタミンC誘導体です。即効性も浸透力もありますし、肌乾燥もあまりおこしません。

最近人気なのは、APPSとよばれるパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naで、ドクターシーラボなどで使われています。

ランキング

私は、年齢肌の悩みがありますので、どうしても浸透力の高いビタミンCを、意識してしまいます。私のビタミンC化粧品のランキングは、こちら。

スポンサードリンク
  • 1位:ビーグレンのCセラム
  • 2位:リソウのリペアジェル
  • 3位:プリモディーネのVCローション
  • 4位:ドクターシーラボのVCエッセンス
  • 5位:ナリスコスメティックのエンリッチローション

1位~3位まで、商品の特徴、期待できる肌悩み、私のレビュー記事へのリンクの順で、説明します。

ビーグレンのCセラム

ビーグレン国際特許に基づいたピュアビタミンCです。ピュアビタミンC

酸化しやすく壊れやすいビタミンCを、超微小カプセルの中に封じ込めて、肌奥まで届けます。カプセルが、ビタミンCの酸化とダメージから守ります。つけたビタミンCがそのまま肌奥へ届くので、少ない量でも実感ができます。

期待できる肌悩み

水溶性で、ニキビ肌、脂性肌、毛穴に悩みがある方には適しています。皮脂を抑制させて、即効で毛穴の引き締め感が得られます。

また、ピュアビタミンCでありながら、独自の浸透技術で浸透力を上げているので、シミ予防やエイジング作用にも期待できます。

私のレビュー記事

残念ながらCセラムには、お試し品がありません。肌悩みごとにラインで試せるトライアルがありますので、低価格で試すならこちらをおすすめします。8種類の肌悩みのいずれを選んでも、Cセラムは入っています。私が使用したレビュー記事はこちらにあります。

リソウリペアジェル

リソウが独自に開発したビタミンC生命体を、同じく独自技術のアミノ酸生命体と、一緒にに配合しています。ビタミンC生命体は、化学物質が一切含まれていませんので、ピュアビタミンCの分類に入ります。1滴の水さえ含まない100%植物由来美容液というから、驚きですね。リペアジェル

リペアジェルは、医学誌にも掲載されたり、ハリ・ツヤ感が確実に実感できる美容液として、美容専門家からも紹介されています。

期待できる肌悩み

肌のハリ、たるみ、弾力のもとであるコラーゲンの産生促進が期待できます。

原材料の米は、契約農家で無農薬栽培を行ったものを使用しています。肌に負担をかけないビタミンC美容液で、低刺激です。

私のレビュー記事へのリンク

正規品は高額ですが、15~20日分のトライアルセットがあります。リペアジェルとリペアウォーター(ブースター化粧水)が、セットで1,980円。正規品の価格に換算すれば、75%オフで、初回のみ送料無料です。私が使用したレビュー記事は、こちらにあります。

プリモディーネのVCローション

VCローションは、浸透型ビタミンC誘導体のひとつである、APPSを配合しています。上述の通り、APPSは角質層への浸透性に優れ、しかも低刺激です。プリモディーネ

使用してみると、メイク前の毛穴の引き締めに役立ってくれました。使い続けることで、肌環境も滑らかになっていきます。深刻な肌悩みはないけど、日常使いには重宝する、ビタミンCローションと判断しています。

期待できる肌悩み

毛穴の角栓、脂っぽい肌の解消、ニキビ予防などに、活用できそうです。毛穴を引き締め肌環境を整えてくれましたので、メイクノリの改善にもよいと判断します。

ただ、肌弾力を期待するエイジングケアや、乾燥肌の方には向いていません。

私のレビュー記事へリンク

お試しセットが2種類用意されています。5mlのVCローション3本入りが、1000円。初回限定で送料無料です。私が使用したレビュー記事はこちらです。

スポンサードリンク