広告 

乳酸菌が肌環境を整えて、外部刺激から守る

ヨーグルトパックが美白にいいとか、肌がつるつるになるとかで、女性なら誰もがやったことがあるはず。世の中に数多く存在する乳酸菌は、悪いものもあればそうでないものもあります。。

肌にも悪玉菌と善玉菌がいる

人の肌に存在する常在菌は、腸と同じに悪玉菌と善玉菌が住んでいて、バランスよく存在していることが美肌の条件です。

ニキビの元であるアクネ菌も、日常的に肌に存在していて、余分な皮脂を食べてくれる役立つ菌なのです。でも、毛穴に皮脂がたまって増えすぎると、アクネ菌もどんどん増殖してニキビになるというわけなのです。

肌を健やかに保つために働いている常在菌を増やす乳酸菌を、配合した化粧品があります。 ヤクルトリベシィ―ホワイト

乳酸菌が外部刺激からしっかり守る

乳酸菌がいいって言う訳は、こうした肌の常在菌のバランスを保つ働きをしてくれることと、肌を弱酸性に保つという働きがあるからです。悪玉菌は弱酸性に弱いので、肌トラブルを防ぐ役割があるそうですよ。

ヤクルト化粧品はこうした乳酸菌を操りながら、肌環境を整えて、トラブルを防いだりケアする働きをします。

特に、美白シリーズであるリベシィホワイトは、乳酸菌発酵エキスでしっかりと保湿をして肌を守ることに重点を置いています。

スポンサードリンク

結局、顔にできているシミは、外部の刺激から守るためにつくられた防波堤のようなものです。直接肌に刺激が伝わらなければ、外部の刺激が加わっても大丈夫な健康な肌ならば、防波堤を強固に作る必要がありません。防波堤がメラニン色素なのです。

リベシィホワイトの配合成分

リベシィホワイトでは、「乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)」と「乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)」といった、ヤクルトのオリジナルな乳酸菌が含まれているんですよね。

既にできたしまったメラニンには、ビタミンC誘導体を配合して、ビタミンCの働きでメラニンを薄くさせる効果を狙っています。ビタミンCには、『これは、危ない』と、防波堤を作ろうして分泌されたメラニンを抑制する働きもあります。

肌内部に残ったメラニンを、押し出させるために、ターンオーバーを促進させる「肌活性サポート成分(グリコール酸と乳酸を最適な比率で配合した保湿成分)」を配合しています。ヤクルトオリジナルの成分となっています。

ヤクルトの乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)は、保湿・抗酸化・pHコントロール・肌ストレス保護など、お肌をまもるはたらきを持っています。肌本来が持っている天然保湿因子によく似ているためお肌によくなじむそうです。

ちょっと気になる、ヤクルトの『リベシィホワイト透明実感キット』は、1週間お試しができます。

スポンサードリンク