広告 

コラーゲンサプリならⅢ型コラーゲン配合のもの

残業が続いたり、睡眠不足の時のクマはやむを得ないし、たっぷり休養をとれば回復します。ただ、何の原因も思い当たらないけど、疲れ顔で冴えないのは、どうしてなんでしょうね?

忙しい毎日、ちょっぴりコラーゲンサプリで、肌トーンを明るくする方法で解決してみませんか?コラーゲンは身体にとって大切な成分、美肌のためと思って摂ってみたら体調にも良い影響がでるかもしれません。 疲れ顔

疲れ顔の原因は、顔の血行不良

どんよりと暗くて、ハツラツ感がないというか、他の人に与える印象も悪くなりはしないかと不安ですね。慢性的な疲れ顔だからと、諦めないで対応を打ちたいものです。

メイクを明るめに仕上げても、真っ白な画用紙に塗られる場合と、くすみがちな色紙に塗られた場合とでは、色味が明らかに違います。メイクでも、ごまかせないのですよ。

疲れた時にできてしまう目の下のクマは、顔の中に巡らされている毛細血管の血液の色です。疲労が溜まると、血行が悪くなるために、次々と酸素を含んだ新しい血液が運ばれなくなってきます。二酸化酸素と老廃物を含んだ血液が溜まりがちになり、そうした血液の色が黒ずんで顔を暗くさせているのです。

マッサージしたり、エクササイズをしたり、努力はされているかと思います。

ただ、疲労が溜まっていなくても、血流環境が悪化することがあります。年齢によるものです。(笑)これは、皮膚や血管の弾性が失われ硬くなることで、疲れ顔を作っているのです。

Ⅲ型コラーゲンの減少が、固い血管や硬い皮膚を作る

年を取るにつれて皮膚が硬くなるのと同じように、体の中の血管や肺も徐々に固くなっていきます。

弾力のない固い血管は、血液を押しだしす力も弱くなっていきます。これは、血管を作っているⅢ型コラーゲンが、体内で作られなくなるためです。

Ⅲ型コラーゲンは、細網繊維(さいもうせんい)と呼ばれる細い繊維が絡まって作られているもので、弾力に富みとても柔らかいものです。ベビーコラーゲンとも呼ばれていて、母親のお腹の中にいる胎児の時、最も多く含まれていて、年齢を重ねるごとに減少していきます。

代わりにⅠ型コラーゲンという硬いコラーゲンが、多くの組織を占めていきます。

Ⅲ型コラーゲンが減少していくに従って、血管の弾力は失われてしまうために、毛細血管の隅々まで血液がいきわたらなくなります。結果、酸素も運ばれにくくなるのです。

酸素をたっぷり含んだ血液は、鮮やかな色をしていて、肌の色も明るく見せてくれます。ほら、ここにくすみの原因があった!

また、酸素を血管に送りこんでくれるのは肺です。肺も年齢を重ねることで、固くなっていきます。何故なら、肺の弾性もⅢ型コラーゲンに頼っているからです。

特筆したいⅢ型コラーゲンの美肌効果

Ⅲ型コラーゲンは、こうした血管だけでなく、肌の自身にも、良い働きをしています。

年齢を重ねるごとに、皮膚が硬くなるのは、皮膚の外側の角質層が、剥がれにくくなるためでもあります。コラーゲンは化粧品で保湿成分として使われていることから、分かるように、肌のうるおい成分の一つです。潤いが失われた角質は、剥がれないのです。

肌の瑞々しさを保つ役割を、Ⅲ型コラーゲンが大きく担っています。Ⅲ型コラーゲンは、コラーゲンの大部分を占めるⅠ型と比較すると、瑞々しさを保っていて、紫外線などの侵入から肌を守ります。Ⅲ型コラーゲンが増えれば、しわやシミができにくいとも、言われているのです。

Ⅲ型コラーゲンは、Ⅰ型コラーゲンに比べると肌再生を促すパワーも強いです。Ⅰ型コラーゲンばかりの肌だと、見た目がゴワゴワしたりテカッたりするだけでなく、年齢と共に低下するターンオーバーを止めることはできません。

スポンサードリンク

Ⅲ型コラーゲン(ベビーコラーゲン)で、ターンオーバーを促進させることで、肌年齢の増加を食い止めたいものです。 赤ちゃんと母親の手

Ⅲ型コラーゲンは、年と共に作られなくなるので、外から摂取を

慢性的な疲れ顔にしてしまうのは、Ⅲ型コラーゲンが体の中で作られなくなっていることが、影響しています。人間は年と共に、生命維持に必要性が高いⅠ型コラーゲンの方を、生成促進させていくからです。

Ⅲ型コラーゲンを増やすためには、コラーゲンの生成元である繊維芽細胞を、働かせます。繊維芽細胞に、Ⅲ型コラーゲン生成の方に、指令を出す働きがあるのが、卵殻膜です。

卵からヒナがかえる時、細胞に指令を出し生命を生み出す力があるのは、実は卵の殻に貼りついている薄い膜です。『卵殻膜』と呼ばれています。

何らかの指令を出すことができる、卵殻膜に着目し東京大学等で研究が行われてきました。

Ⅲ型コラーゲンを増やす卵殻膜とは

卵殻膜があるのとないのとで、細胞の活性化の変化を調べたところ、卵殻膜があると約3.5倍、Ⅲ型コラーゲンが増えた実験結果が得られています。

しかも、卵殻膜には、Ⅲ型コラーゲンのもとになるスレオニン、グリシン、プロリンという3つのアミノ酸を多く含んでいます。人間に必要でありながら体内で合成できない必須アミノ酸を9種類含み、体内で合成できるアミノ酸も11種類含んでいます。アミノ酸は、人間の体を構成しているので、栄養素として有効であることは、言うまでもありません。 卵殻膜

卵殻膜を体内に取り込めるように加工したサプリメントは、種類も増えて来ました。しかし、多くの雑誌や専門誌に評価され(注※)、その効果が明らかにされているアルマードのものは、信頼できます。

※掲載誌は、以下のとおり。

  • アメリカの権威ある専門ジャーナル「Cell & Tissue Research」
  • 産経新聞:経済面『卵殻膜の効用一部解明』
  • 日経産業新聞:先端技術面で掲載
  • 朝日新聞:科学面にて掲載
アルマードの卵殻膜サプリ

卵殻膜のパイオニアとも言えるアルマードには、卵殻膜を配合したサプリメントが沢山あります。中でも、人気なのは、Ⅲ型(ビューティードリンク)です。 Ⅲ型ビューティードリンク

卵殻膜と13種類の美容成分を配合して、薄いヨーグルト味のドリンク剤です。

  • 卵殻膜
  • トマト粉末
  • コンドロイチン
  • プロテオグリカン
  • イミダゾールジペプチド
  • 鉄分
  • セラミド
  • 希少糖
  • グルコサミン
  • コラーゲン
  • フラクトオリゴ糖
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE

Ⅲ型(ビューティードリンク)

卵殻膜の消化吸収がし易いようにこだわった、10年間の連続ベストセラー受賞した信頼のものです。


スポンサードリンク