冷え性で、肌くすみやくま、シミに悩みは、血の巡り対策を!

広告

青っぽい肌くすみとくまは、冷えが原因の場合が多い

温かいバスタブに使って良い気分になるのは、血管が広がり体中の巡りが良くなるせいです。巡りが良くなれば、肌に運ばれる栄養も豊富になり、デドックス効果も高まります。

フレッシュな血液の巡りと、正常な肌再生の周期を目指せば、肌くすみやくま、シミ対策になります。 ジンジャーティと生姜

冷えとくすみとくまの関係

顔のくすみやくまは、冷え性になり巡りが悪くなることも原因となります。肌に必要な栄養が運ばれにくくなるために、代謝が衰えためです。

冷え性を放置したままにしておくと、肌再生つまり、ターンオーバーも衰えてしまいます。くすみだけでなく、しみやカサツキにも、繋がっていくのです。

確かに、今ある顔のくすみやくまが、冷え性のものなのかどうかは断定できません。顔のトラブルの原因は、複合的です。

しかし、青っぽいくすみやくまであれば、冷えが原因であるとされています。

このくすみは、冷えが原因かどうかの判定

顔のくすみやくま、シミが冷えによるものなのかどうかの判断は、体調や生活習慣で見極めます。冷え性は美肌以外にも、肩こりや内臓の不調等にも繋がりますので、是非対策を講じてください。

冷え性は、下記の項目に該当すれば冷えるタイプの女性と言えます。

  • 手足の末端が冷たい
  • 運動不足である
  • 入浴はバスタブにつからない
  • 冷たい飲料水を毎日飲む
  • 炭水化物を極端に減らしたダイエット中
  • 寒くても下半身は薄着
  • いつも睡眠不足
  • 便秘がち
  • 疲労感がとれない
  • 青っぽいくすみがある
  • 青くまがある
女性は冷え性になりやすい

女性は元々男性に比べると、冷え性になりやすい体質です。筋肉が少ないために熱量を、作り出しにくいので身体を温められません。血液を循環させる力も弱いので、代謝も良くないのです。

生理によって血量が減ってしまうことで、代謝が衰え熱を作り出すことができないことも原因です。

ただ、冷え性解消のためにターゲットを絞ったグッズも増え、対策が打ちやすくなっています。冷えを招いている生活習慣も明らかになりました。

冷えないための対策以前に、冷え性になっている原因も見直してみてください。上記のようなこと、つまり、冷たい飲み物の飲みすぎ、過剰なダイエット、睡眠不足、ストレスが、冷えやすい身体を作ります。

スポンサードリンク
冷え性対策の食事

ダイエットの食事制限で炭水化物を、極端に制限していませんか?炭水化物は、熱量を作り出す材料ですので、減らしすぎても良くありません。ダイエット中であっても、1日、炭水化物は90~150gはとるべきです。

他、脂質やタンパク質も、熱量を作り出すのに必要な物質ですので、ダイエット中は栄養のバランスにも配慮します。

身体を温めるのに効果的と言われているのは、黒い食べ物です。黒ゴマは、血行を促進し冷え性を軽減させ、抗酸化物質が含まれ若々しい肌にしてくれます。黒砂糖も、血行を促進し、淤血(おけつ)を解消させ、ミネラルとビタミンを豊富に含んでいます。他、黒豆、黒酢も冷えに良い働きをしてくれます。

野菜も黒い根野菜が身体を温めます。山芋、ごぼう、しょうが、ニンジン、レンコンなどを意識してください。

冷え性と言えば、身体を温める生姜が直ぐ思いつきます。生姜に含まれる二つの成分の働きで、即効の温め効果も取り入れたいところです。ショウガオールは熱を作り出し、ジンゲロールは、手足に熱を運び温めてくれます。

入浴にも一工夫を

帰宅時間が遅い方や一人暮らしの方に多いのが、シャワーでお風呂を済ませることです。バスタブに一定の時間つかるのと、熱湯をかけるだけでは、言うまでも無く温まる効果は違います。

39度~40度ぐらいのぬる目のお湯で、肩までしっかりとつかり、20分位つかるのが最適と言われています。時間がなくても、バスタブにつかる事で、熱は身体に溜まります。また、バスタブの水圧で血行を促してくれます。

入浴剤を入れておくと、湯上りの保温効果が長くなります。湯ざめ対策のためにも、入浴剤の利用をするべきです。

運動は下半身を中心に行う

血の巡りが悪いのは、心臓へ戻る血液がスムーズに戻らないこともあります。足の筋肉は、血液を流すポンプの役割をしていますので、運動は下半身を主に行います。

通勤途中ではエスカレーターに乗らすに、全て階段を使う。1日スクワットを、10回行うといったことだけでも、続けると、違ってきます。

肌のくすみとくまのスキンケア対策

冷えで血行が悪くなったところで、目の使いすぎ等で、顔の筋肉や肩の筋肉を硬くしてしまうと、ますます血流は悪くなっていきます。顔の血流をアップさせるツボ押し、顔に溜まった老廃物をスムーズに流すリンパマッサージを行います。
クリームを塗る際に、ひと手間かけて、巡りを改善させます。

クマ予防に良いと言われる食材は、鉄分をビタミンEを豊富に含んだもの。顔のくすみが酷い場合は、ピーリングなどを使って、皮膚の表面を剥がすことでターンオーバが促進されますので、気になる方は取り入れてみてください。

スポンサードリンク