日焼けの肌荒れ対策が、紫外線の第一セキュリティとなる

広告

角層や真皮層に浸透する紫外線の害は、化粧品の害より大

日焼けとて、一種の低温やけどの状態です。

低温やけどを甘く見てはいけません。ゆっくりと熱が肌細胞に伝わり、じわっじわっと、ダメージを与えていきます。

低温やけどをした時、その時は何ともないのに、時間の経過と共に傷みが増す時があります。日焼けによるダメージも同様で、症状が出なくても肌老化は確実に進行しています。 マーガレットと便箋

日焼けで肌荒れを起こしたら、後が大変

太陽の熱で、肌水分は奪われ乾燥すると、日焼け以外の外部の刺激も受けやすくなります。赤くなったり、かゆみが出はじめたら、炎症が起きている証拠ですね。冷たいタオルで冷やした後は、たっぷりと保湿をさせましょう。

そんな時は、肌のバリア機能も弱っています。洗顔石鹸は、アルカリ性のものを避け、弱アルカリ性か、酸性の洗顔フォーム、もっと心配ならアミノ酸洗顔で優しく洗って、バリア機能のある角質層を育ててください。

熱すぎるお湯での洗顔や、洗浄力の強いクレンジングもできるだけ控えた方が良いですね。

日焼けの場合、熱によるダメージだけが心配なのではありません。太陽光線に含まれる紫外線の害の方が、問題になってきます。

ただ、日焼けをして防御力の弱った肌だと、そうでない場合より深刻なダメージになりやすくなります。たっぷり潤った健康な肌が、紫外線から守る第一の条件です。そうすることで、自由なメイクを楽しみ、洗顔料に神経質にならずにすむのです。 蝶のネックレス

スポンサードリンク

紫外線は、肌内部に浸透する

肌のバリア機能は、0.01~0.03mmの角質層によって守られています。たっぷり水分を含ませることで、低温やけどのダメージを低減させることができますが、紫外線UVBは角層を浸透してしまいます。紫外線UVAは、角層を浸透し、さらに肌内部の真皮層まで入り込んでいくのです。

角層に入り込んだUVBは、炎症を起こし、メラニン色素を生成して色素沈着を起こします。角層の水分は減少し、角質細胞が剥がれ落ちて、肌がところどころめくれ上がっていきます。肌のバリア機能は、さらに弱まるばかりです。

真皮層に入り込んだUVAは、生成したメラニンを酸化させて黒ずませたり、真皮層の弾力繊維に損傷を与えていきます。真皮層は肌全体で、多くの水分を抱え込んでいる組織です。真皮層のダメージでさらに、肌は乾燥を進行させていきます。

次第に、真皮層の変形した弾力繊維が、たるみやシワを作ってしまうのです。

紫外線のダメージと日焼け止めのダメージ

角質層を浸透してしまう紫外線から守るためには、角質層の外側で、遮断することが一番です。紫外線を1本たりとも入り込ませない強力なバリアであればあるほど、肌内部のダメージを防ぐことができます。 錠前

よく、日焼け止めクリームの効果が高いものは、肌負担が大きいと聞きます。使っている日焼け止めクリームの悪い成分が、果たして肌内部に浸透するかどうかも分からないのに、そういう意見が主流です。多くの化粧品は、角層のバリア機能に遮られて浸透できないというのが、昨今の常識です。

そうであるならば、角質層がうるおっていて常に健康な状態に保っていれば、日焼け止めの肌負担への不安はなくなります。逆に、角質層を健康な状態に保つには、紫外線対策が必須です。

確実に入り込んでしまう紫外線を遮断するには、常に、日焼け対策をするということになるのですよ。

ラ ロッシュ ポゼ化粧品一覧をまとめてみました。

スポンサードリンク