スポンサードリンク

ソンバーユがニキビに効くかどうかは使い方次第

ソンバーユのニキビ効果は賛否両論だけど

炎症を起こしたニキビ肌はクタクタの状態。バリア機能が弱り、外部の刺激にさらされています。ソンバーユの不純物を含まない馬油は、弱ったバリア機能を補ってくれます。ソンバーユはニキビそのものを直すというより、ニキビと戦える肌環境を整えると考えた方が良さそうです。

ニキビができる原因は多種多様ですが、ソンバーユの持つパワーの活用方法を説明します。

ソンバーユの効能とにきび

ソンバーユつまり馬油の効能は、その浸透力です。その昔、中国が明の時代に発行した薬物学書『本草綱目』によれば、顔のシミ、手足のひび、あかぎれ、顔面マヒを治すとあります。

これは、馬の油が肌を覆い保湿を行うことに加えて、皮下組織に浸透した馬の油が血行を促す働きがあるためです。

当然、ソンバーユは油ですので、毛穴は塞がれます。ニキビ菌は空気のないところで繁殖する、嫌気性の性質を持っています。油で外気を遮断するために、毛穴の中のニキビ菌にとって、居心地の良い環境をつくってしまうのです。

ここで、ニキビ菌の餌である古い角質や皮脂を、毛穴から取り除いていれば、ニキビ菌の繁殖を抑えることが可能です。毛穴の汚れをキレイに取り除ける洗顔料は必要です。洗顔方法も、弱った肌に負担をかけないように行います。

正しい洗顔の後にソンバーユをつければ、ソンバーユの殺菌作用や消炎作用で、ニキビ菌や炎症を静めてくれます。同時に血行も上がりますので、やがて、健康な肌でニキビで弱った肌を押し上げてくれるはずです。ソンバーユ

ソンバーユを塗る前に大切なこと

ニキビができる原因は、皮脂が毛穴を詰まらせることから始まります。皮脂が毛穴に詰まる原因は、いくつかあります。

偏った食生活、過剰なストレス、ホルモンバランスの崩れ、胃腸の不調が、顔に皮脂を過剰に分泌させます。ソンバーユをぬり、殺菌や消炎、ターンオーバーを促しても、体の中から皮脂が止まらなければニキビの悩みは消えません。生活習慣の見直しは、洗顔やソンバーユ以前に行うべきことになります。

毛穴洗顔は、細心の心遣いで

洗顔料の合う合わないは、年齢や肌質や肌環境によって異なります。洗浄力が強すぎれば、つっぱりや肌荒れの原因です。逆に弱すぎれば、毛穴の汚れを残したり、不要な角質が残って角質肥満になったりしてしまいます。

もし、洗顔が十分に行われず、毛穴に汚れを残していたらどうでしょう。洗顔が十分でないままソンバーユを使用すれば、毛穴に詰まった汚れをソンバーユの浸透力で、肌内部へ引き込んでしまいます。ニキビはきっと悪化するはずです。

ソンバーユがニキビに効くか効かないかは、使う洗顔料にも原因があります。

メイクの汚れはきちんと落とす

毛穴の汚れは、落としきれなかったメイクも加わります。メイクに含まれる油も、ニキビ菌の餌になります。

メイクには、発色を良くさせるためと、なめらかなテスクチャーのために、石油由来化合物も配合されています。毛穴に詰まったメイクが落としきれないまま、ソンバーユをぬれば、石油系化合物を肌内部に浸透させてしまうのです。肌への負担は増すばかりでしょう。

また、ソンバーユは、体温で液体になり伸びも良いので、クレンジング代わりにされる方もいますが、これはNGであることは、上記に述べた通りの理由です。

スポンサードリンク
洗いすぎもニキビの原因になる

逆に、こうした毛穴の汚れを完璧に取り去ろうとして、洗浄力の強い洗顔料を使ってしまう方もいます。洗い上がりがさっぱりするからと、ゴシゴシこすったり、1日に何回も洗顔を行ってしまうかもしれません。こうした熱心な洗顔は、肌を乾燥させて、またニキビの原因をつくっています。

毛穴の汚れはとり、肌自身の潤いは残す、自分にあった洗顔料を探します。

ソンバーユには皮脂抑制力がない

ニキビは、皮脂が出やすい方がなりやすいと言われています。ソンバーユには、皮脂を抑制させる作用はありません。しかし、皮脂が過剰に分泌される原因を改善させることはできます。

乾燥肌ニキビとソンバーユは相性が良い

乾燥肌の場合、肌乾燥や外部のホコリ、紫外線から守るために、皮脂分泌を増やします。外部刺激から守るバリア機能が弱いので、皮脂を大量に分泌させて肌全体をおおい、守ろうとしています。肌にとっては緊急事態です。緊急事態の皮脂は、かなりの量です。

ソンバーユはバリア機能の代わりを務め、保湿機能を高めます。肌は、緊急事態を解除し皮脂分泌を通常に戻せるのです。肌荒れも改善していくはずです。

ストレスニキビとソンバーユは相性が悪い

ストレスで、ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが皮脂分泌を必要以上に増やします。腸内環境が悪化しても、皮脂は増えていきます。

こうした体の中から皮脂を増やしてしまう場合は、顔の一部分だけにソンバーユを塗ったとしても、改善は追いつきません。体内部のことだからです。

ソンバーユを塗れば、自身の肌の脂と馬の油の両方で、肌はべたつく一方となります。ますます毛穴を詰まらせるはずです。

思春期ニキビとソンバーユの相性は悪い

思春期ニキビや生まれながら脂性肌の人は、新陳代謝が活発であるために皮脂が出すぎているだけです。これ以上、新陳代謝を上げる必要もないし、馬の油を加える必要もありません。

出過ぎた皮脂を、洗顔でとることがニキビケアの中心です。

炎症ニキビとソンバーユの相性は良い

毛穴の汚れがとれないまま放置すると、ニキビ菌は繁殖するばかりでしょう。

ニキビ菌は、皮脂をグリセリンと脂肪酸に分解していきます。脂肪酸が増えすぎると、悪玉菌になり炎症を引き起こします。

炎症が、肌にダメージを与え続けます。最悪の場合は、ニキビ跡やクレーターを作ってしまいます。

ソンバーユは、抗炎症作用を持っているために、炎症を沈め、血行を上げて新陳代謝を助けてくれます。保湿効果で外気から守り、炎症を起こしたニキビを静めます。健康な肌が押し上げて、回復することを期待できるのです。

ソンバーユのつけ方

ニキビを悪化させる原因の一つは、紫外線です。ソンバーユは、不飽和脂肪酸を多く含みますので、紫外線で劣化します。

紫外線が降り注ぐ日中使用は、逆にニキビを悪化させてしまいます。使用する時は、メイクも毛穴の汚れも完全に落とした、夜のスキンケアにしましょう。

また、量をつけ過ぎると浸透しきれず毛穴を詰まらせます。少量を薄く延ばす程度にとどめます。

ソンバーユと一緒に他のスキンケアを使うなら、無添加のものを選びます。浸透力が高く、スキンケアに含まれる、石油系化合物が肌奥に引き込まれ、黒ずみの原因になるのを避けます。

スポンサードリンク