広告 

色を白くする方法に加えるべきは、エイジングケア

はじけそうな弾力肌、若々しいハツラツとした艶肌を横目に、年々黒ずむ肌の色ばかりに気をとられていませんか?

日焼けしやすい人や、黒ずみやすい人は、肌を白くする方法ばかりに夢中です。紫外線により作られる、メラニン抑制力のある美白化粧品は、クスミ対策にはなれども、根本的な肌質を改善してくれるわけではありません。 木漏れ日

ホワイトニングケアは、肌の基礎体力が肝心

紫外線などの外部刺激ばかりではなく、生活習慣の変わり目の時期さえ、赤くなるその肌を、まずはしっかりとさせたいところです。

日焼けでシミができやすい(シミ体質)の私は、知っています。ホワイトニング効果を実感して、”やったー”と思ったら、またすぐに別の場所にできてしまいます。シミができやすい肌質そのものは、変わっていないからです。

根本的な解決をしなくちゃ、って実感しますよ。

外部刺激にすぐに反応してしまのは、外部の異物侵入を防ぐ働きが弱い証拠。ちょっとの生活習慣で肌が揺らぐのは、肌再生のパワーが弱まってしまっている為です。肌の土台がしっかりしていれば、たとえ睡眠不足が続いて肌再生力が減少しても、リカバリーもしやすいのです。

ということで、最近の美白ケアは、従来のメラニン抑制と保湿ケアからさらに一歩進んできています。年齢と共に衰えがちな肌機能を、ちょっぴり助けてあげて、しっかりメラニンを抑制するといった方法です。 水に浮かぶ花

若い肌も、日に当たればメラニンを作り続けている

考えてもみればわかることです。弾力肌、艶肌で生き生きした少女に、シミ一つ見ることが無いのは、メラニン生成能力が低いのでしょうか?メラニンを生成するのは、同じですよ、きっと。

では、その訳は何でしょう?外部刺激の侵入を防止する機能が、高性能であるためです。それは、たっぷり溜めこんだ水分であったり、肌のバリア機能と呼ばれているセラミドやNMFがたっぷり持っている事であったりします。

紫外線や強い刺激を受ければ、誰の肌でもメラニンは作られます。これは、肌細胞の遺伝子を、紫外線から守るためです。人間の防衛本能なんです。

肌再生が正常周期で行われていれば、作られたメラニンなんて、そっくりそのまま垢となって排出することができますよね。エイジングケアは必要なのです。

従来の美白化粧品にも保湿効果の高いものや、肌力アップを狙ったものもありましたが、エイジングケアと同等ではありません。美白ケアを助ける、補助的なイメージが強かったのです。

スポンサードリンク

色白になる為の方法としては、美白化粧品を使いながら、エイジング効果のあるクリーム等を使用することが望ましい時代に入ってきています。 麦わら帽子

エイジングケアに重点を置いた美白プログラムとは

ビーグレンのリニューアルしたホワイトニング・プログラム

そんなことに気が付かせてくれたのは、ビーグレンのこの春リニューアルした、ホワイトニングプログラムです。

ビーグレンは、従来のホワイトニングラインは、より肌を白くするためのケアと、肌トラブルを事前にチェックして守るケアでした。

ここに、肌を支える力をサポートする、つまり、土台の部分を充実させるケアを加えています。肌力を支える力をサポートするケアには、クリームが使われています。 モイスチャリッチゲルクリーム

ビーグレンならではの国際特許、QuSomeの浸透力で真皮層まで送り込み、肌の土台の働きを補ってくれるはずです。

アンプルール・美容乳液ゲル

アンプルールの美容乳液ゲルも、この春リニューアルしています。あっ正式名前は、エマルジョンゲルEXです。

私はリニューアルする前のものしか使用していませんが、美白ケアよりもエイジングケアに重点を置いた、ゲルです。まるで、牧場で食べるソフトクリームのように、濃密でコクのあるクリームであることが実感できます。(笑)ずっしりと肌に留まる、水分と美容成分が、栄養不足でスカスカな肌にずしりと響いて心地よかったりしました。 美容乳液ゲル

さらに、この春リニューアルすると聞いて、ホワイトニング効果に重点を置くのかと思いきや、やはりエイジングケアに焦点を当てています。衰えがちな肌力に、美白作用の強いものより、肌環境を整えながらじんわりといったところなのでしょうか?

美白ケアは、アンプルールのお家芸でもあると考えていただけに、コスメの流れは変わってきていると言えます。

エマルジョンゲルEXのリニューアルの要点は、保水力、肌再生促進、弾力アップのサポートの3点です。詳しくは、ホームページでチェックしてみてください。

スポンサードリンク